蛋白質リン酸化酵素

出典: meddic

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • cGMP依存性蛋白質リン酸化酵素(PKG)による漏洩K^+チャネルの制御機構
  • 豊田 博紀
  • 大阪大學齒學雜誌 = The Journal of Osaka University Dental Society 56(1), 1-4, 2011-10-20
  • NAID 10029797844
  • Fpk1p Fpk2p蛋白質リン酸化酵素によるリン脂質二重層非対称性の制御
  • 中野 賢司
  • 北海道醫學雜誌 = Acta medica Hokkaidonensia 83(4), 225-236, 2008-07-01
  • NAID 10029922969
  • 蛋白質リン酸化酵素阻害薬 fasudil の神経障害性疼痛に対する改善作用
  • 塩川 満,山口 貴典,成田 年,奥津 大樹,南雲 康行,三好 歓,鈴木 雅美,井上 忠夫,鈴木 勉
  • 日本神経精神薬理学雑誌 = Japanese journal of psychopharmacology 27(4), 153-159, 2007-08-25
  • NAID 10023964482

関連リンク

ドイツ語のウィキペディアja.wikipedia.orgで、タンパク質リン酸化酵素に関する記事が直近の30日間に閲覧された回数は44回でした。 (更新日: 2014年1月18日)
抗がん薬としてのタンパク質リン酸化酵素阻害 神戸大学大学院医学研究科 構造生物学分野 間瀬省吾 はじめに 細胞自身、その機能を維持するために、細胞内のタンパク質をリン酸化、脱リン酸化する反応を繰り返している。

関連画像

 PKA: タンパク質リン酸化酵素リン酸化酵素によるタウ蛋白の 北海道大学大学院理学研究院 リン酸化:タンパク質のリン  pka タンパク質 リン 酸化酵素LS-EDI 生命科学教育画像集


★リンクテーブル★
先読みprotein kinase
リンク元蛋白質キナーゼ」「タンパク質リン酸化酵素」「タンパク質キナーゼ」「プロテインキナーゼ
関連記事蛋白質」「酵素」「リン」「白質」「

protein kinase」

  [★] プロテインキナーゼ

protein kinases


蛋白質キナーゼ」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素

タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinasePK
プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素

タンパク質キナーゼ」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素蛋白質リン酸化酵素

プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ


蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html







酵素」

  [★]

enzyme, ferment
酵素反応

酵素の分類

  • (a)酸化還元酵素(oxydoreductase) EC1:ある物質を酸化したり、還元したりします。脱水素酵素、ペルオキシダーゼなどを含みます。
  • (b)転移酵素(transferase) EC2: アミノ基やリン酸基などをある物質から別の物質に転移する酵素です。アミノ基を転移する酵素はアミノトランスフェラーゼと呼ばれます。
  • (c)加水分解酵素(hydrolase) EC3:ある物質(基質)に水(H2OのうちHとOH)を加えることにより、2つに分解します。多くの蛋白分解酵素が含まれます。
  • (d)リアーゼ(lyase) EC4:ある物質を2つに分解します。
  • (e)イソメラーゼ(isomerase) EC5:ある基質を異性体に変換します。
  • (f)リガーゼ(ligase) EC6;ATPのエネルギーを使って2つの物質を結合します。





リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3





白質」

  [★]

white matter
substantia alba


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡