蛋白質キナーゼ

出典: meddic

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 植物病原菌の防御反応の誘導機構 : CDPKエリシター受容蛋白質遺伝子の解析
  • (28)宿主Ca^<2+>依存型蛋白質キナーゼによる疫病菌サプレッサーおよび夏疫病菌アルタナル酸の過敏感防御反応の抑制シグナル伝達(関東部会講演要旨,平成19年度地域部会講演要旨)
  • オーロラ阻害剤--染色体分配制御因子を標的とした新しい抗癌剤 (第1土曜特集 がん分子標的治療の最先端) -- (低分子阻害剤)

関連リンク

栄養・生化学辞典 - タンパク質キナーゼの用語解説 - →プロテインキナーゼ ... サントリー‘黒酢にんにく’ 必須アミノ酸などの栄養素を一粒にギュッと凝縮!黒酢とニンニクの力を手軽に摂取 www.suntory-kenko.com/ 受容体型 ...
プロテインキナーゼ【protein kinase】 タンパク質キナーゼともいう。タンパク質のリン酸化反応を触媒する一群の酵素。生体の代謝制御,細胞増殖制御にかかわる重要な酵素。おもにATPのリン酸基を,タンパク質(プロテイン)の特定 ...

関連画像

Cushing症候群における PI3キナーゼ リコンビナント Ca 2+ /CaM依存性 SS-2015-07-14-7.49.28.pngプロテインキナーゼが ATP から キナーゼタンパク質

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読みprotein kinase
リンク元タンパク質リン酸化酵素」「タンパク質キナーゼ」「蛋白質リン酸化酵素」「プロテインキナーゼ
関連記事蛋白質」「白質」「キナーゼ」「

protein kinase」

  [★] プロテインキナーゼ

protein kinases


タンパク質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinasePK
プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素


タンパク質キナーゼ」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素蛋白質リン酸化酵素


蛋白質リン酸化酵素」

  [★]

protein kinase
タンパク質リン酸化酵素プロテインキナーゼ蛋白質キナーゼタンパクキナーゼタンパクリン酸化酵素タンパク質キナーゼ


プロテインキナーゼ」

  [★]

protein kinase
蛋白質キナーゼ蛋白質リン酸化酵素
キナーゼ



蛋白質」

  [★]

protein
タンパク質タンパク蛋白プロテイン
アミノ酸ポリペプチド
  • L-アミノ酸が重合してできた高分子化合物であり、生物の重要な構成成分のひとつである。

食事摂取基準

年齢 男性 女性
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
推定平均
必要量
推奨量 目安量 耐容
上限量
0~5(月) 10 10
6~8(月) 15 15
6~11(月)
9~11(月) 25 25
1~2(歳) 15 20 15 20
3~5(歳) 20 25 20 25
6~7(歳) 25 30 25 30
8~9(歳) 30 40 30 40
10~11(歳) 40 45 35 45
12~14(歳) 45 60 45 55
15~17(歳) 50 60 45 55
18~29(歳) 50 60 40 50
30~49(歳) 50 60 40 50
50~69(歳) 50 60 40 50
70以上(歳) 50 60 40 50
妊婦(付加量) 初期   + 0 + 0
中期 + 5 + 5
末期 + 20 + 25
授乳婦(付加量) + 15 + 20

QB

  • 蛋白質の1日の摂取量は体重1kgあたり約1g。腎不全の食事療法(低蛋白食)では0.6-0.8g/体重kgである。
  • PFC比率=蛋白:脂肪:炭水化物=10-20%:20-30%:50-70%

臨床関連

  • 血清タンパク:
  • 臨床検査では血清を用いる

参考

  • 1. 「日本人の食事摂取基準」(2010年版)
[display]http://www.mhlw.go.jp/shingi/2009/05/s0529-4.html








白質」

  [★]

white matter
substantia alba
灰白質


  • 脳と脊髄の断面で、肉眼的に白色を呈する部分。
  • 髄鞘をもった有髄神経線維が密に集合している。
  • 画像:
  • CTでは低吸収にみえる → やはり脂質にとむ髄鞘が多いからでしょう
  • MRIでは高吸収にみえる。見え方としてはCTの逆と覚えればよい。


キナーゼ」

  [★]

kinase
カイネースリン酸化酵素 phosphoenzyme phosphotransferase



質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡