虚血性腸炎

出典: meddic

ischemic enteritis
腸管虚血虚血性大腸炎

概念

  • 腸における動脈血の流入障害や静脈血の灌流不全による炎症。
  • 炎症にとどまる限り緊急手術の適応ではなく、保存的治療で治癒する
  • 急性腸間膜動脈閉鎖との鑑別が重要。see YN.A-92

疫学

  • 50歳以上。動脈硬化あり。

症状

  • 下血、下痢

診断

  • 大腸内視鏡、注腸検査


治療

  • 保存療法

予後

  • 良好


文献

  • 1. Nakase H., [Ischemic enteritis]., Nippon Rinsho. 2008 Jul;66(7):1330-4.
Abstract
Ischemic enteritis is a rare disease, but its mortality is high, whether it is caused by anatomic occlusion of the mesenteric macrovasculature or pathophysiologic vasospasm at the microvascular level. Despite advances in the management of the critical ill patient, a large proportion of the patients recognized with this diagnosis succumb acutely to their condition. Lesser degrees of mesenteric ischemia (particularly, in small intestine), even when not manifest overtly as the classic clinical syndrome, may contribute to the development of systemic sepsis and the multiple organ failure syndrome, which leads to death. Therefore, the understanding, recognition, and proper management of mesenteric vascular insufficiency has become very important.
PMID 18616124
  • 2. 虚血性小腸炎の1例
  • 本吉 宏行,西野 光一,青木 豊明,川田 普亮,曽和 融生,梅山 馨
  • 日本消化器外科学会雑誌 20(8), 1984-1987, 1987-08-01
  • LINKOUT CiNii Article
free PDFあり

国試


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 5.先天性心疾患合併小児外科疾患の治療戦略 : 小児外科医の立場から(<特集>先天性心疾患合併小児外科疾患の最新の治療戦略)
  • PS-189-2 ステントグラフト内挿術後に虚血性腸炎を発症した腹部大動脈手術症例の検討(PS-189 ポスターセッション(189)大血管:その他,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 久良木 亮一,岡崎 仁,郡谷 篤史,本間 健一,川久保 英介,前原 喜彦
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 834, 2011-05-25
  • NAID 110008685629
  • PS-017-5 虚血性腸炎の検討 : 手術症例と保存的加療症例の比較(PS-017 ポスターセッション(17)大腸:良性-2,第111回日本外科学会定期学術集会)
  • 志田 誠一郎,原 雅雄,横山 忠弘,西村 一宜,福田 顕三,石原 健次,島田 昇二郎
  • 日本外科学会雑誌 112(臨時増刊号_1・2), 536, 2011-05-25
  • NAID 110008684437
  • 大腸内視鏡の手技に伴うまれな偶発症にはどのようなものがあるか? : 英文報告のレビューから
  • 日山 亨,田中 信治,茶山 一彰,吉原 正治
  • 日本消化器内視鏡学会雑誌 = Gastroenterological endoscopy 53(2), 233-247, 2011-02-20
  • … 間膜動脈閉塞症や一過性型虚血性大腸炎,(3)気腫・気胸・緊張性気腹:皮下気腫,陰嚢気腫等,(4)小腸穿孔,(5)ヘルニア関連:横隔膜ヘルニア,イレウス等,(6)感染症関連:虫垂炎,敗血症等が報告されていた.報告の中には死亡例もあった(虚血性腸炎や虫垂炎等).大腸内視鏡に伴うまれな偶発症の中には迅速な対応が必要なものもあり,内視鏡医はこれらについても,十分な知識を持っておく必要があると思われた. …
  • NAID 10028052702

関連リンク

虚血性大腸炎。虚血性大腸炎とはどんな病気か 大腸への血液の循環が悪くなり、必要な酸素や栄養分が供給されなくなるために、大腸粘膜が虚血となり炎症や潰瘍を生じる疾患です。症状として突然の腹痛、下血がみられます。
虚血性大腸炎の治療 治療は、一過性型や狭窄型は原則として保存的治療を選択します。腸管の安静のため絶食にして補液や抗生物質の投与を行います。 一過性型は、約1週間程度の治療にて軽快します。 壊疽〔えそ〕型では症状が ...
虚血性腸炎を疑ったら、緊急で大腸内視鏡検査を行います ... ・大腸に向かう血液の流れが突然ストップして、大腸の粘膜に炎症が起こる。 ・急激な腹痛(特におなかの左側)の後、下痢と血便が出現する。

関連画像

虚血性腸炎虚血性腸炎虚血性腸炎虚血性腸炎1(一過性型)右虚血性腸炎虚血性腸炎に関連する消化器NOW  虚血 性 大腸炎 を 発症 し 手術ここでは、「虚血性腸炎」と


★リンクテーブル★
先読み虚血性大腸炎
国試過去問104D021」「102D012」「096H035
リンク元下血」「腸管虚血
関連記事腸炎」「虚血」「」「虚血性

虚血性大腸炎」

  [★]

ischemic colitis
虚血性腸症候群 ischemic colon syndrome阻血性大腸炎


概念

  • 基礎疾患を有する高齢者に好発し、突然の腹痛、下痢、下血を主徴とし、粘膜への血行障害に伴う粘膜の変性による虚血性の炎症である。
  • 本疾患は粘膜への血流障害に基づく疾患であり、血管造影で血流途絶像が認められるような腸間膜動脈閉塞症とは区別される。

疫学

  • 基礎疾患を有する動脈硬化症、心疾患で高齢者に多い。
  • 便秘を有する10歳代の若年者(女性に多い)

病型

臨床経過による分類

マーストン分類
  • 一過性型:粘膜に限局:瘢痕無く治癒:症状は1-2週間以内に消失
  • 狭窄型:粘膜下層以下:腸管の狭窄を生じる:一過性型より持続。数ヵ月後に腸管狭窄。
  • 壊死型:全層の障害:腸管の壊死・穿孔をきたす:強い持続性、進行性の腹痛で、数日の経過で腹膜炎の症状をきたす(特に高齢者に多く、死亡率が高い)
  • 一過性型、狭窄型を狭義の虚血性大腸炎としている(SSUR.539)
  • 一過性(65%)>狭窄型(25%)>壊死型(10%) (出典不明)

病因

  • 血流障害に基づく。
  • 誘発因子:
  • 動脈硬化、左心不全、血管炎、凝固亢進状態、避妊薬の使用、血管収縮性薬剤の使用、便秘などの腸管内圧上昇など
  • 高血圧、脂質異常症、糖尿病 → 腸間膜動脈の狭窄
  • 好発部位:左側結腸に好発。 脾弯曲部、下行結腸、S状結腸に多い(QB.A-229)
  • 大腸脾彎曲部:Griffith点:上腸間膜動脈-下腸間膜動脈
  • 直腸S状結腸接合部:Sudeck点:下腸間膜動脈-中下直腸動脈


出典不明
  • 血管側の因子と腸管側の因子の両方により腸管粘膜や腸管壁の血流低下・虚血を惹起する
  • 血管側の因子:血圧低下、動脈硬化、微小血管のスパズムなど
  • 腸管側の因子:腸管内圧亢進、腸蠕動など

症状

  • 3主徴:腹痛・下痢・下血
  • 突然性の腹痛と血性下痢に引き続いて発熱が生じることがある。下血の量は比較的少量。

身体診察

  • 病変部の圧痛、緊張亢進、筋性防御

検査

  • 血液検査:(炎症所見)白血球増加、赤沈亢進、CRP上昇
  • 注腸造影検査:母指圧痕像(thumb printing)、縦走潰瘍
  • 粘膜下の浮腫や出血による
  • 一過性型:数日で消失。狭窄型:瘢痕による狭窄や嚢形成
  • 大腸内視鏡検査:
  • (急性期)病変部の粘膜浮腫、発赤、出血、びらん、縦走潰瘍。(壊疽型)血流途絶による暗黒色粘膜、蠕動の停止。粘膜の生検でヘモジデリン沈着細胞が見られ、これにより確定診断される。
  • (急性期)結腸ヒモに沿って縦走するびらん・発赤
[show details] [show details]

診断

  • 病歴+身体診察+検査所見(血液検査・内視鏡・注腸検査)

鑑別疾患

IMD
  • 薬物性腸炎、憩室炎、感染性腸炎、潰瘍性大腸炎、クローン病、アメーバ赤痢

治療

  • 多くの場合は保存的に軽快
  • 一過性型:保存的療法(絶食、輸液、抗生物質投与)
  • 壊死型・狭窄型:手術((狭窄型)潰瘍治癒が遷延した場合、狭窄の程度を考慮して腸管部分切除。(壊疽型)麻痺性イレウス、腹膜炎(腸管の壊死・穿孔(稀))が見られた場合、緊急手術の適応。

予後

(出典不明)
  • 一過性型・狭窄型:良好、再発少ない。
  • 壊死型:死亡率50%

参考

  • 1. [charged] Colonic ischemia - uptodate [1]

国試


104D021」

  [★]

  • 65歳の女性。下腹部痛下血とを主訴に来院した。今朝、突然の強い左下腹部痛があり、その後、4回の下血を認めた。体温37.2℃。血圧150/84mmHg。左下腹部に圧痛を認める。筋性防御を認めない。下行結腸の内視鏡写真(別冊No.3)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D020]←[国試_104]→[104D022

102D012」

  [★]

  • 組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。
[正答]


※国試ナビ4※ 102D011]←[国試_102]→[102D013

096H035」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 096H034]←[国試_096]→[096H036

下血」

  [★]

melena
melaena
タール便 tarry stool
消化管出血(上部消化管出血下部消化管出血)、黒色便、赤色便。吐血


定義

  • 肉眼的に便に血液が混入する病態  ⇔  潜血便 潜出血 occult bleeding(肉眼的に血液混入がはっきりしない)
  • 肛門からの血性排泄物を排泄すること
  • 古典的:タール便(黒色を意味する)
  • 臨床的:
  • (広義)便の中に血液が含まれている状態:黒色便、タール便、粘血便、鮮血便   (ただし潜血便は含まれない)
  • (狭義)タール便     

狭義

症候名 便性状
下血 タール便 黒色便
血便 鮮血便 赤色便

下血

分類

頻度

IMD.566
疾患 頻度(%)
虚血性腸炎 26.4
抗菌薬起因性腸炎 16.4
大腸癌大腸ポリープ 11.2
憩室炎 10
小腸より口側の出血 7.6
感染性腸炎 7.2
裂肛 6.4
宿便性潰瘍 5.2
その他の腸炎 4
その他の出血 1.2
不明 4.4

出血部位と便の性状

IMD.567
暗褐色~赤褐色便 十二指腸 消化性潰瘍乳頭部癌
肝臓 肝癌
胆道 胆道腫瘍胆道炎
膵臓 膵炎膵癌
小腸 クローン病メッケル憩室、腸管動静脈血栓症、腸重積感染性腸炎結核、良悪性腫瘍
鮮紅色便 結腸 結腸癌潰瘍性大腸炎虚血性腸炎ポリープ憩室炎悪性リンパ腫薬物性腸炎腸結核S状結腸軸捻転放射線腸炎
直腸肛門 直腸癌裂肛痔核ポリープ潰瘍性大腸炎放射線腸炎子宮内膜症




腸管虚血」

  [★]

intestinal ischemiabowel ischemia
虚血性腸炎

腸管虚血の分類

SUR.414

  • 1. acute mesenteric ischemia
  • major arterial occlusion
  • minor arterial occlusion
  • major embolism
  • mesenteric venous thrombosis
  • splanchnic vasoconstriction (NOMI)
  • 2. chronic mesenteric ischemia
  • 3. colonic ischemia

腸炎」

  [★]

enteritis
小腸結腸炎 enterocolitis腸カタル intestinal catarrh
gastroenteritis



虚血」

  [★]

ischemia, hypoemia
ischaemia
イスケミア阻血



炎」

  [★]

  • n.
  • comb form.
  • (炎症の接尾辞)itis
炎光炎症

虚血性」

  [★]

ischemicischaemic
虚血虚血下乏血




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡