薬物依存

出典: meddic

drug dependence
慢性薬物中毒 chronic drug intoxication
依存、依存症症候群




Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/18 00:04:20」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 新潟県における薬物乱用問題の現状把握と今後の支援介入の方向性
  • 近藤 あゆみ,伊東 正裕,長谷川 利夫,松本 京介,相田 陽子,三澤 寿美,河内 学,桐生 敏行,金谷 光子,渡邊 良弘,Kondo Ayumi,Ito Masahiro,Hasegawa Toshio,Matsumoto Kyosuke,Aida Yoko,Misawa Sumi,Kawauchi Manabu,Kiryu Toshiyuki,Kanaya Mitsuko,Watanabe Yoshihiro
  • 新潟医療福祉学会誌 10(2), 10-17, 2011-03
  • … 今後充実すべき対策としては、「青少年に対する薬物乱用予防教育」(78.6%)、「薬物乱用者をもつ家族に対する相談支援」(78.6%)、「薬物乱用者の社会復帰支援」(76.2%)、「薬物乱用者に対する医療」(71.4%)などが多く、関係者の多くが、青少年に対する予防教育の充実に加え、薬物依存症者及びその家族に対する医療・支援を充実させることの重要性を強く感じていることがうかがえた。 …
  • NAID 120003042250
  • 現場からのレポート 薬物依存(ドラッグアディクション)からの離脱--この困難な課題にNAミーティングを活用して (更生保護施設)

関連リンク

薬物依存症(Substance Dependence、やくぶついそんしょう、やくぶついぞんしょう)と は精神疾患の1つで、脳内の神経伝達物質として報酬系などに作用する薬物である「脳 に直接作用する物質」に対する依存が多い。ほかの依存症には、脳内麻薬が多量に ...

関連画像

薬物依存は、恐ろしいものです まとめ】Twitterで薬物依存の 薬物依存 症 の 後遺症 薬物 薬物依存の悪循環薬物依存の悪循環薬物依存を表す3DCGイラスト


★リンクテーブル★
国試過去問103F029」「096H075」「097H068」「100G002
リンク元薬物濫用」「精神依存」「接着剤吸引」「離脱症候群」「物質依存
関連記事依存」「薬物

103F029」

  [★]

  • 次の文を読み、28、29の問いに答えよ。
  • 53歳の男性。1か月以上続く咳と37℃台の微熱とを主訴に来院した。
  • 既往歴 : 23歳時に肺結核で1年間入院治療した。
  • 家族歴 : 母(76歳、降圧薬服用中)、妻(51歳、高脂血症薬服用中)、長男(29歳、交通事故後遺症で義肢装着中)、長男の妻(27歳、気管支喘息で気管支拡張薬服用中)、孫(生後1か月)、
  • 現 症 : 身長165cm、体重55kg。体温37.2℃。呼吸数18/分。脈拍84/分、整。血圧116/72mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は平坦、軟で、圧痛や抵抗を認めない。
  • 検査所見 : 胸部エックス線写真で右上肺野に石灰化陰影とその周囲に軟らかい浸潤影とを認める。結核菌の喀痰塗抹検査は陰性であった。
  • 経 過 : 担当医は結核症の可能性が極めて高いと判断し、治療を開始することとした。患者は外来治療を希望していたが、担当医は同居家族の状況から入院治療が必要と判断した。入院後、抗結核薬の4剤併用投与を開始した。治療開始前に行った喀痰培養で結核菌が陽性で、薬剤感受性菌であることが後日判明した。治療開始3か月の時点でも自覚症状と胸部エックス線陰影とが改善せず、喀痰塗抹検査が陽性となり、結核菌が証明された。抗結核薬の服用が不規則で飲み残しの多いことが判明し、担当医は規則的な服薬を再度強く指導した。
  • 抗結核薬の不規則な服薬で起こるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 103F028]←[国試_103]→[103F030

096H075」

  [★]

  • 薬物依存について誤っているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 096H074]←[国試_096]→[096H076

097H068」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 097H067]←[国試_097]→[097H069

100G002」

  [★]

  • 保健所における精神保健福祉の専門相談で対象とならないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G001]←[国試_100]→[100G003

薬物濫用」

  [★]

drug abuse, substance abuse
薬物乱用
薬物依存、薬物嗜癖、物質乱用物質依存症薬物使用接着剤吸引


薬物使用が身体に及ぼす効果

  • 濫用 substance abuse:a pattern of abnormal substance use that leads to impairment of occupational, physical, or social functioning(BBS.73)
  • 依存 substance dependence:ub stance abuse puls withdrawal symptoms, tolerance, or a pattern of repetitive use(BBS.73)
  • 離脱 withdrawal:the development of physical or pschological symptoms after the reduction or cessation of intake of a substance(BBS.73)
  • 耐性 tolerance:the need for increased amounts of the substance to achieve the same positive psychological effect(BBS.73)
  • 交差耐性 cross-tolerance:the development of tolerance to one substance as the result of using another substance(BBS.73)

薬物

  • コカイン cocaine crack freebase 精神依存有り。身体依存無し 精神依存生じやすい。耐性発現殆ど無し コカ

精神依存、身体依存

  精神依存 身体依存
コカイン、アンフェタミン類(アンフェタミン、メチルフェタミン)、大麻  
麻薬(モルヒネヘロインコデイン)、バルビツール酸系(フェノバルビタールチオペンタール)、アルコール



精神依存」

  [★]

psychological dependence, psychic dependence, mental dependence
薬物依存身体依存依存


  • 精神系 090428II
  • 精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求(PSY.395)
  • ある物質あるいはある種の物質使用が、その人にとって以前にはより大きな価値を持っていた他の行動より、はるかに優先するようになる一群の行動、行動的認知的現象(PSY.395)


接着剤吸引」

  [★]

glue sniffing
薬物依存、薬物嗜癖、薬物乱用物質乱用、薬物障害、物質使用障害、物質依存症、化学物質関連障害、薬物使用シンナー遊び


離脱症候群」

  [★]

withdrawal syndrome
退薬症候群禁断症候群退薬症候覚醒剤中毒薬物依存離脱精神病


物質依存」

  [★]

substance dependence
物質関連障害薬物依存



依存」

  [★]

dependence
薬物依存麻薬中毒


依存の3要素

  • 1. 身体依存:精神作用物質が長時間体内にあり、効果を発現し続ける結果、生体がその物質に適応して正常に近い機能を営むようになった状態。身体依存が生じる薬物は抑制性の薬物で、離脱症状は興奮性となる
  • 2. 精神依存:精神作用物質を使用したいというしばしば強く、時には抵抗できない欲求
  • 3. 耐性  :精神作用物質の効果が長期の摂取のために減弱し、初期の効果を得るためにより大量の摂取が必要となった状態


薬物」

  [★]

drug, medication, medicament
薬物中毒薬物依存薬物濫用
処方ドラッグ麻薬薬剤薬剤負荷薬物療法薬物適用薬品




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡