薬動学

出典: meddic

pharmacokinetics
ファーマコキネティクス
トキシコキネティクス薬物速度論薬物動態薬物動態学


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 神経障害性疼痛下における薬物トランスポーターの発現とモルヒネの鎮痛効果の変動
  • 28-O1PM-06 薬物の消化管吸収に及ぼす水輪送タンパクアクアポリンの影響(薬物動態,一般演題(口頭),新時代を拓く医療薬学フロンティア)
  • 27-O4PM-08 糖尿病性乾皮症時における皮膚のアクアポリン3の発現変化(薬効・副作用メカニズム,優秀演題候補セッション8,新時代を拓く医療薬学フロンティア)

関連リンク

薬剤・薬物動態学 薬剤学 薬剤学の基礎 油水分配係数・pH-分配仮説 薬物の吸収 薬物の分布、代謝、排泄 薬物動態の基本 薬物動態のADME(吸収・分布・代謝・排泄)とは 生体膜と脂質二重膜:薬物の吸収 受動拡散(単純 ...
薬動学教室(教室・研究室案内) スタッフ 教授 髙山 幸三(兼務) 准教授 落合 和 助教 五十嵐 信智 大学と臨床現場をつなぐ立場 ~薬の体内動態を研究し、適切な用量、用法を決定~ 薬はいつ、どれだけ飲めばいいのだろうか。薬は ...

関連画像

ショーケースには、薬学部の 上記の式は薬動学の計算を解く 山本洋介、栂安雅満(つがやす  清(星薬科大学薬動学教室

添付文書

定時保守中です。 It is a scheduled maintenance now.


★リンクテーブル★
先読み薬物動態」「pharmacokinetics
リンク元薬物動態学」「薬物速度論」「トキシコキネティクス

薬物動態」

  [★]

pharmacokinetics
A D M E
吸収 分布 代謝 排出
血流量 組織血流量 肝血流量 腎血流量
消化管運動 アルブミン濃度 酵素活性 尿pH
消化管pH
  • 投与経路
血中濃度のピークの投与からの早さ:静注(i.v.)>筋注(i.m.)>皮下(s.c.)>経口(p.o.)
血中濃度のピークの高さ     :静注(i.v.)>筋注(i.m.)>皮下(s.c.)>経口(p.o.)
  • 年齢と薬物代謝
高齢者ほど血中濃度が高くなる。経口投与において顕著。
  • 年齢と血中濃度
高齢者ほど血中薬物濃度の半減期が長くなる
  • 薬物の脂溶性
脂溶性が高いものほどよく吸収される→組織移行性がよい
  • 消化管運動
消化管運動があると薬物の吸収が良くなる
  • 薬物の解離度とpH (GOO. 2)
an acidic drug will accumulate on the more basic side of the membrane and a basic drug on the more acidic side
  • 血液のpH




pharmacokinetics」

  [★] 薬物動態

WordNet   license wordnet

「the study of the action of drugs in the body: method and rate of excretion; duration of effect; etc.」


薬物動態学」

  [★]

pharmacokinetics
薬動学薬物速度論薬物動態


薬物速度論」

  [★]

pharmacokinetics
薬動学薬物動態薬物動態学


トキシコキネティクス」

  [★]

toxicokinetics
薬動学毒物動態学




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡