薬剤性パーキンソニズム

出典: meddic

薬剤性パーキンソン症候群

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 代表的な薬剤性中枢神経障害 (第5土曜特集 くすりの副作用のすべて) -- (病態からみたくすりの副作用)
  • 薬剤による神経症状 : 日常診療で使用する薬剤を中心に (特集 これだけは知っておきたい! 内科医のための神経疾患診療) -- (各分野における神経症状)
  • Sertralineにより薬剤性パーキンソニズムを呈したうつ病の1症例

関連リンク

6 1.薬剤性 やくざいせい パーキンソニズムとは? パーキンソン病※と同じような症状を示す病態をパーキンソニズ ム(パーキンソン症候群)と呼び、そのうち、医薬品の副作用とし てパーキンソン症状が現れるものを薬剤性 ...
薬剤性パーキンソニズム (厚生労働省) 英語名:Drug-induced Parkinsonism 同義語:錐体外路障害、錐体外路症状 体内のドーパミンが不足して起きるパーキンソン病と同じ症状を示す「パーキンソニズム」は ...

関連画像

薬剤性パーキンソニズムってや  剤の遅発性ジスキネジア発現率名古屋フォレストクリニック 武立 米国では、そのCOMTの阻害 薬剤性パーキンソニズム表 パーキンソニズムの主な


★リンクテーブル★
リンク元薬剤性パーキンソン症候群
関連記事薬剤」「パーキン」「薬剤性」「パーキンソニズム」「

薬剤性パーキンソン症候群」

  [★]

drug-induced parkinsonism
薬剤誘発性パーキンソン症候群
パーキンソン症候群
[show details]

概念

  • D2受容体拮抗作用のある薬剤の服用により出現するパーキンソン症候群

原因物質

  • 抗精神病薬:ブチロフェノン系、フェノチアジン系、ベンザミド系
  • 抗うつ薬
  • 鎮吐薬
  • 胃腸運動調整薬
  • ヒスタミンH2受容体拮抗薬  ←  胃酸分泌抑制などに利用される

症候

特徴:左右対称に起こる。薬物投与がきっかけとなる。



薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品



パーキン」

  [★]

  • 1. →プロフェナミン(パーキンソン症候群の治療薬であり、抗コリン薬に分類される)
  • 2. 若年性パーキンソン病の原因遺伝子として単離された遺伝子


薬剤性」

  [★]

drug-induced
薬物性薬剤誘発薬物誘発


パーキンソニズム」

  [★] パーキンソン症候群


性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡