薬剤性ジスキネジー

出典: meddic

drug-induced dyskinesia


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 薬剤性ジスキネジア (中毒症とその治療(第185回国際治療談話会)) -- (中毒症とその治療)

関連リンク

非定型抗精神病薬 あえて加える事もある。 ドパミンを枯渇する薬剤 レセルピンなどが試されている。 ドパミン作動薬 受容体を休ませるため効果があると考えられている。 抗コリン薬 効果があることもあるが、むしろ悪化 ...
ジスキネジア (dyskinesia) ジスキネジアとは ジスキネジー(異常運動症) 抗パーキンソン病薬の服用に伴って起きる不随意運動の総称で、自分の意志に関わりなく身体が動いてしまう症状をいう。 ケイレン性斜頸 顔面攣縮

関連画像

むしろ、黄色のマウスピース 遅発性ジスキネジア』の画像 清澤眼科医院通信:801 清澤眼科  斜視?むしろ薬剤性眼瞼痙攣ピラミスチン トリフェジノン さらに 薬剤 性 パーキンソン


★リンクテーブル★
先読みdrug-induced dyskinesia
関連記事薬剤」「薬剤性」「ネジ」「

drug-induced dyskinesia」

  [★]

medication-induced dyskinesia

薬剤」

  [★]

drugagentpharmaceutical preparationmedicine
薬物作用薬ドラッグ媒介物病原体麻薬薬物代理人医薬品薬品



薬剤性」

  [★]

drug-induced
薬物性薬剤誘発薬物誘発


ネジ」

  [★]

screw
スクリュー

性」

  [★]

sex, gender





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡