薄束核

出典: meddic

gracile nucleus (KH)
nucleus gracilis
Goll核,ゴル核
薄束楔状束楔状束核後索-内側毛帯系


  • 延髄背面の正中寄りに存在
  • 灰白質の塊
  • 下肢の感覚を伝導する


-gracile nucleus


-nucleus gracilis


和文文献

  • パピオン犬およびパピオン関連犬種における神経軸索ジストロフィーと小脳皮質アビオトロフィーの臨床・病理所見(病理学)
  • 二瓶 和美,来田 千晶,諸角 元二,粟村 雄一,田村 慎司,奥野 征一,小林 孝之,内田 和幸
  • The journal of veterinary medical science 69(10), 1047-1052, 2007-10-25
  • … 症状は急速に進行した.検索例中3例は安楽殺され,他の1例は誤嚥性肺炎により死亡した.MRI検査および剖検ではNADおよびCCAともに中程度から重度の小脳萎縮が観察された.組織学的検索では脊髄背角,延髄楔状核,薄束核,オリーブ核およびその周囲に重度の病変が認められ,多数のスフェロイド形成を伴う軸索変性が特徴的であった.スフェロイドは大型好酸性または顆粒状物として観察され,一部で小膠細胞あるいはMφの反応を …
  • NAID 110006418724
  • Clinicopathological features of canine neuroaxonal dystrophy and cerebellar cortical abiotrophy in papillon and papillon-related dogs
  • NIBE Kazumi,KITA Chiaki,MOROZUMI Motoji,AWAMURA Yuichi,TAMURA Shinji,OKUNO Seiichi,KOBAYASHI Takayuki,UCHIDA Kazuyuki
  • Journal of Veterinary Medical Science 69(10), 1047-1052, 2007
  • … 症状は急速に進行した.検索例中3例は安楽殺され,他の1例は誤嚥性肺炎により死亡した.MRI検査および剖検ではNADおよびCCAともに中程度から重度の小脳萎縮が観察された.組織学的検索では脊髄背角,延髄楔状核,薄束核,オリーブ核およびその周囲に重度の病変が認められ,多数のスフェロイド形成を伴う軸索変性が特徴的であった.スフェロイドは大型好酸性または顆粒状物として観察され,一部で小膠細胞あるいはMφの反応を …
  • NAID 130000447587

関連リンク

延髄の後索核(上肢からの線維は楔状束核,下肢からの線維は薄束核)に終わる.二次ニューロンは内側毛帯となり交叉したのち,視床の後外腹側核に至る.三次ニューロンは大脳皮質へ投射する. 0 ...
世界大百科事典 第2版 - 薄束結節の用語解説 - 延髄後索は内側と外側の二つの高まりからできている。内側は脊髄の薄束(はくそく)の続きとそれが終わる薄束核により生じた薄束結節で,外側は楔状束(けつじようそく)とそれの ...

関連画像

延髓横切面2.jpg延髓横切面4.jpg延髓横切面(经内侧丘系交叉)anatomy16a-11.jpg (38712 バイト)延髓横切面(经下橄榄核中部)延髓经内侧丘系交叉切面.png


★リンクテーブル★
リンク元後索-内側毛帯系」「内側毛帯」「楔状束核」「後索核
関連記事薄束」「

後索-内側毛帯系」

  [★]

dorsal column-lemniscal system
後索-毛帯路後索路毛帯路後索-内側毛帯路、後索-内側路系
上行性伝導路


  • 皮膚、特に四肢遠位端無毛部の触圧覚受容器や筋、関節受容器からの太い有髄線維は、脊髄に入り同側後索を上行する(SP.231)。
  • 延髄レベルで、上下肢からの線維はそれぞれ楔状束核薄束核ニューロンに終わる(SP.231)。
  • これら後索核ニューロンの軸索は交差して内側毛帯となり、その大部分が視床外側部の腹側基底核に、一部は後核群にも終わっている(SP.231)。
  • 深部感覚+繊細な触圧覚、振動覚(B.P-2)


内側毛帯」

  [★]

medial lemniscus (KH)
lemniscus medialis
内側係蹄
延髄外側毛帯上行性伝導路


  • 延髄にある構造
  • 後索-内側毛帯系(延髄視床路は延髄の薄束核や楔状束核から視床までの経路で後索-内側毛帯系の一部)が通る。
  • 薄束核楔状束核のニューロンは軸索を交差し(毛帯交差)、内側毛帯を経由して視床に至る。
  • 延髄のレベル。正中部付近の前後方向を貫くように両側性に分布。


Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


楔状束核」

  [★]

cuneate nucleus (KH)
nucleus cuneatus
ブルダッハ楔状束核 Burdach cuneate nucleusBurdach核 ブルダッハ核
薄束薄束核楔状束楔状束核後索-内側毛帯系


  • 延髄薄束核の外側に存在
  • 灰白質の塊
  • 上肢の感覚を伝導する


-cuneate nucleus
-nucleus cuneatus


後索核」

  [★]

dorsal column nuclei
後索


薄束」

  [★]

gracile fasciculus (N,KL,B)
fasciculus gracilis
ゴル束 Goll束 fasciculus of Goll
楔状束



核」

  [★]

nucleus, nuclei
細胞核
細胞




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡