萎縮脾

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Tegafur uracil(UFT)によるトランスアミナーゼ正常の肝予備能低下を認めた1例
  • 長崎醫學會雜誌 : Nagasaki Igakkai zasshi 79(1), 1-6, 2004-03
  • NAID 110000936198
  • 皮膚紅斑,筋萎縮,脾〔ツイ〕,γ-グロブリンの上昇,IgAの減少がみられた31才の女性 (臨床免疫カンファレンス)

関連リンク

長さは10センチ、幅6.5センチの楕円形で、厚さは3センチ前後(老人では萎縮してもっと小さくなっていることが多い)。手で軽く握ったこぶしを作った形をイメージすればいい。重さは120グラムぐらいである。だが、この容積 ...
20歳から40歳までがもっとも大きく,年をとるとともに萎縮してゆきます。大きくなって触れる脾臓を 脾腫 といいます (→脾腫をきたす疾患) 脾臓の肉眼像(横隔膜面(左)臓側面(右)両側から見たところ)。成人の平均サイズは10cm×7cm ...

関連画像

 成人以降は萎縮していきます000kcal脾臓血管肉腫萎縮斑 -病因病機


★リンクテーブル★
関連記事萎縮」「

萎縮」

  [★]

atrophy
atrophia
退縮肥大過形成

概念

  • 正常の大きさに発育・分化した臓器・組織・細胞が二次的に縮小し、体積を減ずること。 ⇔aplasia hypoplasia


脾」

  [★]

spleen
脾臓




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡