荻野学説

出典: meddic

Ogino theory
荻野久作
  • 排卵は次回月経の前日より逆算して第12-16日日の間に起こるとする説。

和文文献

  • 荻野学説に関するイタリア放送協会との質疑応答腹案

関連リンク

デジタル大辞泉 - 荻野学説の用語解説 - 産婦人科医の荻野久作が大正13年(1924)に発表した、排卵期と受胎期についての学説。月経周期の長短にかかわらず、次回予定月経前12~16日の5日間が排卵期、12~19日の8日間が受胎期で ...
荻野久作先生について 日本医史学会理事長 蒲原 宏 排卵荻野学説の提唱者、産婦人科医。 1882年(明治15)3月25日、愛知県八名郡 下川村大字東下条中村彦作の次男として生まれる。 1901年同県西尾町荻野忍の養子 となる。
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 荻野=クナウス学説の用語解説 - 産婦人科医荻野久作とドイツの H.クナウスが別々に発表した学説で,排卵は,月経周期の長短に関係なく,次回予定月経開始日の前から 14±2日目に最も ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事学説

学説」

  [★]

doctrinedoctrinal




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡