色盲検査表

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 石原式色盲検査表における使用色と異常者検出能力-2-1979・1980年度国際版の異常者検出能力と判定基準
  • 石原式色盲検査表における使用色と異常者検出能力-1-1959年度国際版と1978年度国際版の異常者検出能力の比較
  • 岡島 修
  • 日本眼科学会雑誌 85(10), p1784-1790, 1981-10
  • NAID 40002852074

関連リンク

臨床的に行われている色覚検査には次のようなものがあります。 1.仮性同色表(Pseudoisochromatic Plates) いわゆる色盲表です。色盲ということばがよくないとして、最近では「色覚検査表」と呼ばれることが多いようです。
ドルトニズムの定義も検査の基準も明確でないのであれば、従来の検査表も言ってしまえばテキトーに作られたものだとすれば、私が新たな定義を作っても構わないでしょう。ラハシイ式色盲検査表です。この表の個々の数字を3秒以内 ...

関連画像

石原式色覚検査について質問  式色覚異常検査表』の検索結果石原式色覚異常検査表石原式色覚異常検査表


★リンクテーブル★
関連記事検査」「色盲」「盲検

検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察


色盲」

  [★]

achromatopsiacolor blindness
色覚異常赤緑色盲全色盲第2色覚異常緑色盲二色覚一色覚1色覚



盲検」

  [★]

blindedblank
ブランク




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡