良性卵巣腫瘍

出典: meddic

benign ovarian tumor
卵巣良性腫瘍良性卵巣腫

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 症例報告 良性卵巣腫瘍に腹腔鏡下手術を施行した高度肥満の1例
  • 萩原 佐江子,久須美 真紀,松葉 悠子 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 61(1), 62-65, 2012-04
  • NAID 40019361510
  • 高齢者良性卵巣腫瘍患者に対する腹腔鏡下手術の有用性の検討
  • 雨宮 京夏,宮本 梓,佐々本 尚子,林 正美,山本 善光,足立 和繁
  • 産婦人科の進歩 64(1), 1-8, 2012
  • … 近年,婦人科領域において高齢者に対する腹腔鏡下手術は多くなってきているが,開腹手術と比較して安全性,有用性を検討した症例は少ない.画像診断で良性卵巣腫瘍と術前診断された70歳以上の23症例に対して,10症例に腹腔鏡下,13症例に開腹で両側付属器摘出術を行い,両者の患者背景,手術内容,術後経過について後方視的比較検討を行った.年齢は腹腔鏡群と開腹群とでそれぞれ75.2歳,78.6歳で差がなかった …
  • NAID 130001890085
  • 腫瘍マーカー高値を伴う良性卵巣腫瘍(内膜症性胞)破裂の2例
  • 木村 直樹,大西 賢人,田口 歩 [他]
  • 東京産科婦人科学会会誌 60(3), 393-396, 2011-09
  • NAID 40019362320

関連リンク

良性卵巣腫瘍. 卵巣の腫れとは・・・. ここでは卵巣にできる腫瘍性病変(できもの) について説明します。 似たような漢字がたくさん出てきますので注意してじっくり読んで くださいね。 産婦人科の診察の後に「卵巣が腫れてますね」告げられたとき、考えられる 状態は ...
卵巣腫瘍は、ほかの臓器に発症する腫瘍に比べて非常にたくさんの種類がありますが、 臨床経過からは、良性、悪性、境界悪性(良性と悪性の中間的なもの)の3 ... 卵巣嚢腫 (良性卵巣腫瘍)にはいくつかの種類があり、以下、代表的なものについて概説します。

関連画像

1215_2.jpg卵巣腫瘍(良性) オープン 卵巣腫瘍卵巣腫瘍pict_contents03子宮・卵巣腫瘍 診断


★リンクテーブル★
リンク元CA125」「卵巣良性腫瘍」「benign ovarian tumor
関連記事卵巣腫瘍」「腫瘍」「卵巣」「卵巣腫」「良性卵巣腫

CA125」

  [★]

糖鎖抗原125 carbohydrateantigen 125, CA-125
肺癌腫瘍マーカー


概念

  • 肺の腺癌で陽性率が約50%。CA125は漿膜細胞からも産生されるので、漿水診断で良性・悪性を判断できない (SPU.327)
  • 子宮内膜症で陽性となることがある。Re-AFS分類による陽性率は1-2期:30%, 3期:50%, 4期:約75%。(NGY.196)
  • CA125:卵巣癌(漿液性嚢胞腺癌、粘液性嚢胞腺癌)、子宮頚癌、子宮体癌
  • ヒト培養卵巣癌細胞に見いだされた抗原
  • 卵巣癌の腫瘍マーカーとして用いられる(陽性率60-80%)
  • 組織型によって陽性率が異なる(漿液性嚢胞腺癌 > 粘液性嚢胞腺癌)
  • 診断、治療効果の評価、再発のモニターなどに有用

CA125が陽性となりうる疾患

基準値

HIM.A-4

  • 0-35 U/ml

基準値の本

  • 男性、閉経後女性:<25 U/ml
  • 閉経前女性:<40 U/ml



卵巣良性腫瘍」

  [★]

benign ovarian tumor
良性卵巣腫瘍良性卵巣腫


benign ovarian tumor」

  [★]


卵巣腫瘍」

  [★]

ovarian tumor
産婦人科学腫瘍卵巣奇形腫、卵巣腫瘍の腫瘍マーカー、卵巣癌

概念

  • 卵巣に発生する腫瘍であり、80%が良性といわれる。良性のものは嚢胞性腫瘍が多く、悪性の腫瘍は充実性のものが大半である。

分類

  • 原発による分類
  • 組織による分類

疫学

  • 悪性の卵巣腫瘍は漿液性腫瘍、類内膜癌、粘液性腫瘍が多い。
  • 若いころの卵巣腫瘍は奇形腫、腺腫が多い
  • 50-69歳の女性で多発
  • 顆粒膜細胞腫は卵巣腫瘍中4.6%でホルモン産生腫瘍のなかで最多(QB.Q-302)

好発年齢

  • 若年者に多い:

卵巣腫瘍の組織分類

  • 1)表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 粘液性腫瘍
  • 粘液性腫瘍
  • 類内膜腫瘍
  • 明細胞腫瘍
  • 2)性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 顆粒膜・間質細胞腫瘍
  • セルトリ・間質細胞腫瘍
  • 3)幹細胞腫癌 Germ cell tumors
  • 未分化幹細胞腫瘍
  • 卵黄嚢腫瘍
  • 胎芽性癌
  • 絨毛癌
  • 奇形腫(成熟型、未熟型)
  良性腫瘍 境界悪性腫瘍 悪性腫瘍
表層上皮性

間質性腫瘍
漿液性嚢胞腺腫 漿液性嚢胞性腫瘍,境界悪性[低悪性度腫瘍] 漿液性腺癌[漿液性嚢胞腺癌]
粘液性嚢胞腺腫 粘液性嚢胞性腫瘍(同上) 粘液性腺癌[粘液性嚢胞腺癌]
明細胞腺腫 類内膜腫瘍(同上) 類内膜腺癌
類内膜腺腫 明細胞腫瘍(同上) 明細胞腺癌
腺線維腫(上記の各型) 腺線維腫(上記の各型) 腺癌線維腫(上記の各型)
表在性乳頭腫 表在性乳頭状腫瘍,境界悪性[低悪性度腫瘍] 腺肉腫
    中胚芽性混合腫瘍 [Muller管混合腫瘍] [癌肉腫]
Brenner腫瘍 Brenner腫瘍,境界悪性[増殖性] 悪性Brenner腫瘍
    移行上皮癌
未分化癌
性索間質性腫瘍 莢膜細胞腫 顆粒膜細胞腫 線維肉腫
線維腫 Sertoli-間質細胞腫瘍(中分化型) Sertoli-間質細胞腫瘍(低分化型)
硬化性間質性腫瘍 ステロイド[脂質]細胞腫瘍(分類不能型)  
Sertoli-間質細胞腫瘍(高分化型) ギナンドロブラス卜ーマ
Leydig細胞腫 [門細胞腫]  
輪状細管を伴う性索腫瘍
胚細胞腫瘍 成熟嚢胞性奇形腫(皮様嚢胞腫) 未熟奇形腫(G1,G2) 未分化胚細胞腫
成熟充実性奇形腫 力ルチノイド 卵黄嚢腫瘍(内胚葉洞腫瘍)
卵巣甲状腺腫 甲状腺腫性力ルチノイド 胎芽性癌(胎児性癌)
    多胎芽腫
悪性転化を伴う成熟嚢胞性奇形腫
未熟奇形腫(G3)
その他 非特異的軟部腫瘍 性腺芽腫(純粋型) 癌腫
腺腫様腫瘍   肉腫
  悪性リンパ腫(原発性)
二次性[転移性]腫瘍
(日本産科婦人科学会・日本病理学会編‥卵巣腫瘍取扱い規約.全原出版,1990より)

妊娠に合併した卵巣腫瘍

G10M.154
  • 発生率:全妊娠中の0.5%
  • 病理組織:悪性腫瘍は5%未満で成熟嚢胞性奇形腫が最も多い。
  • 管理:
  • 妊娠10-12週までは胎児の器官形成期であるため手術を施行しない
  • 妊娠14週まで経過観察し消退するようであれば、ルテイン嚢胞であり手術の必要はない。
  • 妊娠14週以降には卵巣を摘出を行う。
  • 以下の場合には、週数によらず手術の適応となる:茎捻転、腫瘍破裂。悪性が疑われる場合。

参考

  • 1. C.産婦人科検査法 9.婦人科疾患のMRI 診断 - 日産婦誌59巻5号
http://www.jsog.or.jp/PDF/59/5905-113.pdf
  • 2. E.婦人科疾患の診断・治療・管理 8.腫瘍と類腫瘍 - 日産婦誌61巻5号
http://www.jsog.or.jp/PDF/61/6105-165.pdf


腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

卵巣」

  [★]

ovary
ovarium
子宮


解剖

卵巣の固定

  • 卵巣提索:卵巣の上端と骨盤側壁を結ぶ。卵巣動脈、卵巣静脈、リンパ管、腹大動脈自律神経叢からの自律神経が通る
  • 固有卵巣索

卵巣の上皮

  • 腹膜には覆われず、胚上皮(表層上皮)に覆われている。

血管

重量

  • 閉経前後に卵巣重量が低下する

疾患 (NGY.201)

発生 L.307

卵巣腫」

  [★]

ovarian tumorovarian mass
卵巣腫瘍卵巣腫瘤


良性卵巣腫」

  [★]

benign ovarian tumor
良性卵巣腫瘍卵巣良性腫瘍




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡