舌下神経顔面神経交叉法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

舌下神経‐顔面神経側端吻合術のための外科解剖 (浅岡克行,澤村 豊) はじめに 顔面神経麻痺は閉眼・発語・飲水などに際して機能障害を起こすだけでなく著しい顔貌の非対称をきたすため、患者の精神的苦痛は計り知れず、その ...
【ベストアンサー】脳梗塞の場合の話ですね。 まず血管が錘体で交差しているわけではなく、運動神経が錘体路を通りますので、脳梗塞の場合は、運動神経の通り道が梗塞すると、反対側が麻痺 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事顔面神経」「神経」「舌下神経」「」「舌下

顔面神経」

  [★]

facial nerve
nervus facialis
第VII脳神経, 第七脳神経, 第7脳神経, CN VII, cranial nerve VII, seventh cranial nerve
中間神経脳神経
  • 図:N.117(全体) N.108,111,112(脳幹から出るところ)
  • 特殊感覚性と臓性運動性の線維は中間神経として顔面神経から分かれて脳幹から出ている (KL.648)
一般感覚性 臓性感覚性 特殊感覚性 体性運動性 臓性運動性 鰓弓運動性 神経細胞 ○-< 節後ニューロン 分布と機能
中枢神経外 中脳 延髄 脊髄
          膝神経節           外耳道皮膚の感覚
          膝神経節           の2/3,口腔底、口蓋味覚
                  翼口神経節、顎下神経節 副交感神経顎下腺舌下腺涙腺、鼻と口蓋の腺
                    支配筋:顔の表情筋中耳アブミ骨茎突舌骨筋、顎二腹筋の後腹、広頚筋

由来

支配

走行

枝 (KL.649, N.117)

頭蓋からの出口

臨床関連



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.






神経」

  [★]

nerve
nervus
ニューロン


解剖で分類

情報で分類

機能で分類


舌下神経」

  [★]

hypoglossal nerve (B)
nervus hypoglossus
第12脳神経 twelfth cranial nerve, cranial nerve XII CNXII CN XII
舌下神経管 hypoglossal canal脳神経

由来

支配

走行






法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


舌下」

  [★]

hypoglottishypoglossalsublingualsublingually




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡