致死突然変異遺伝子

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

3-1 突然変異の種類 DNAの優れた複製機構のために遺伝子は高い安定性を保っている。DNAの複製に伴うエラーの率は1/10 9-10 程度であり、物理・化学的にはとうてい説明不可能なほど低い。これは全ての生物がエラー修復機構を ...
致死遺伝子に関して質問です。 参考書には致死遺伝子について A突然変異によって生じた遺伝子が個体に死をもたらす場合、これを致死遺伝子という。 B致死遺伝子はふつう劣性で、同型接合体になったとき致死作用を表す。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事遺伝」「遺伝子」「変異」「突然」「致死

遺伝」

  [★]

heredity, inheritance
氏か育ちか
遺伝子遺伝性疾患遺伝形式
  • 親のもつ遺伝情報が遺伝子によって子孫に伝達され、その作用によって形質が発現すること。


遺伝子」

  [★]

gene
遺伝因子 genetic factor
ゲノム genome
  • 生物の遺伝情報を担う主要因子
  • 全ての生物の情報は、DNAからなる塩基配列にコードされている



変異」

  [★]

variation (KH.250)
破格
  • 平均値から±2-3σの範囲の値を示すもの (KH.250)

---

mutation
突然変異


突然」

  [★]

突発性急激不意


致死」

  [★]

lethal, mortal
致死的致命的致死性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡