臭素ガス中毒

出典: meddic

bromomania gas poisoning
臭素化合物中毒

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

症例 臭素による中毒・化学損傷の集団発生例 中永士師明 秋田大学医学部統合医学講座救急・集中治療医学分野 (平成19年4月23日受付) 要旨:約1mLの臭素によって,6例が中毒や化学損傷をきたした.その内訳は呼吸器症状を訴え
2.危険有害性の要約 GHS分類 物理化学的危険性 火薬類 分類対象外 可燃性・引火性ガス 分類対象外 可燃性・引火性エアゾール 分類対象外 支燃性・酸化性ガス 分類対象外 高圧ガス 分類対象外 引火性液体 区分外 可燃性固体
臭素は、ハロンガスの熱分解によって生成される腐食性の有毒ガスであり、塩素ガスよりも低い濃度で中毒症状を呈する。毒作用は塩素と同様であるが、蒸気比重が5.6と塩素より大きい。 フッ化水素は ...

関連画像

 中に発生したシアン化水素中毒


★リンクテーブル★
関連記事中毒」「」「臭素

中毒」

  [★]

poisoning, intoxication

中毒治療薬一覧

中毒の早期発見のための検査

SUB.403

重金属

有機溶剤

中毒一覧




毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン

臭素」

  [★]

bromineBrBr2
ブロム




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡