臭化メチル

出典: meddic

methylbromide
メチルブロミド


Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/03/11 23:23:40」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

和文文献

  • 鹿児島県の促成栽培ピーマン産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル (特集 臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発)
  • 西 八束,田布尾 尚子,竹牟禮 穣 [他]
  • 植物防疫 66(12), 675-680, 2012-12
  • NAID 40019501267
  • 宮崎県のキュウリ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアルの開発 (特集 臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発)
  • 熊本県の露地ショウガ産地のための脱臭化メチル栽培マニュアル : これからのショウガは,四つの「C」で安定生産 (特集 臭化メチル剤から完全に脱却した産地適合型栽培マニュアルの開発)

関連リンク

臭化メチルは殺虫殺菌剤として輸出入植物・木材の検疫くん蒸に使用され、また化学工業のメチル化剤などに用いられています。くん蒸剤としては、各種くん蒸剤の中で最も理想に近い性質を持ち、あらゆる物品の殺虫・殺菌 に卓越 ...
a Matheson Gas Data Book(1980) b Atochem(1988) 1.2 ヒトおよび環境の暴露源 海洋は臭化メチルの主要な発生源と考えられている。臭化メチルの主要な人為的発生源は、土壌および室内空間の燻蒸消毒剤である。少量の臭化メチル ...

関連画像

 内で臭化メチル中毒臭化メチル剤による土壌消毒の くん蒸作業中、臭化メチルを 臭化メチル用吸収缶臭化ヘキサデシルトリメチル 臭化メチル剤による土壌消毒の

添付文書

薬効分類名

  • デキサメタゾン含有喘息吸入治療剤

販売名

ストメリンDエアロゾル

組成

有効成分(1mL中)

  • 硫酸イソプロテレノール 1.667mg
    日局 デキサメタゾン 0.556mg
    臭化メチルアトロピン 0.111mg

添加物

  • 中鎖脂肪酸トリグリセリド、1,1,1,2,3,3,3-ヘプタフルオロプロパン(HFA-227)

禁忌

  • カテコールアミン製剤(アドレナリン等)、エフェドリン塩酸塩、メチルエフェドリン塩酸塩を投与中の患者(「相互作用」の項参照)
  • 頻脈性不整脈のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 有効な抗菌剤の存在しない感染症、全身の真菌症の患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 本剤に対して過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 下記疾患に基づく気管支痙攣の緩解
  • 気管支喘息、慢性気管支炎、肺気腫
  • 上記疾患の治療に使用される副腎皮質ホルモンの減量及び離脱

気管支痙攣の緩解の場合

  • 本剤は喘息発作に対する対症療法剤であるので、本剤の使用は発作発現時に限ること。
  • 通常1回1吸入(硫酸イソプロテレノールとして0.1mg)する。2〜5分間たって効果が不十分な場合でも、2吸入を限度とする。続けて用いる必要がある場合でも、少なくとも4〜6時間の間隔をおくこと。
    副腎皮質ホルモンの減量及び離脱にあたっては次のように用いる。
  • 副腎皮質ホルモンの経口投与を漸減すると同時に、併行して症状の緩解を維持しうるよう症状に応じて1日数回、1回1〜2吸入する。副腎皮質ホルモンの経口投与中止後は本剤の吸入回数を慎重に漸減する。
  • 本剤の投与によって副腎皮質ホルモンの経口投与の中止が可能と考えられる場合には、副腎皮質ホルモンの経口投与を中止し、本剤に切り換え1日数回、1回1〜2吸入する。ついで症状の緩解を維持しつつ1回1〜2吸入し、その後吸入回数を漸減する。
  • 患者又は保護者に対し、本剤の過度の使用により、不整脈、心停止等の重篤な副作用が発現する危険性があることを理解させ、次の事項及びその他必要と考えられる注意を与えること。

気管支痙攣の緩解の場合

  • 成人の場合、1回1吸入の用法・用量を守ること。なお、吸入後2〜5分を待っても十分な効果がみられない場合には、1回1吸入を限度として追加吸入できるが、それ以上の追加投与は行わないこと。続けて用いる必要がある場合でも、少なくとも4〜6時間の間隔をおき、1日4回(8吸入)までとすること。
  • 小児の場合、投与しないことが望ましいが、やむを得ず使用する場合には、1回1吸入を限度とし、次の発作に使用する場合、少なくとも4〜6時間の間隔をおき、1日4回(4吸入)までとすること。

副腎皮質ホルモンの減量及び離脱の場合

  • 副腎皮質ホルモンの減量及び離脱の場合には定められた1日数回、1回1〜2吸入の用法・用量を守ること。

慎重投与

  • 甲状腺機能亢進症の患者[動悸、頻脈を助長させるおそれがある。]
  • 高血圧のある患者[血圧を上昇させるおそれがある。]
  • 心疾患のある患者[症状を悪化させるおそれがある。]
  • 糖尿病の患者[血糖値を上昇させるおそれがある。]
  • 呼吸器以外の感染症を有する患者[症状を悪化させるおそれがあるので抗生物質を投与するなど適切な処置を行うこと。]

重大な副作用

血清カリウム値の低下

  • β2刺激薬による重篤な血清カリウム値の低下が報告されている。また、この作用はキサンチン誘導体、ステロイド剤及び利尿剤の併用により増強することがあるので、重症喘息患者では特に注意すること。さらに、低酸素血症では血清カリウム値の低下により心リズムに及ぼす作用が増強されることがある。このような場合には血清カリウム値をモニターすることが望ましい。

薬効薬理

  • 本剤は硫酸イソプロテレノール、デキサメタゾン、臭化メチルアトロピンが15:5:1の比率で配合されており、次のような作用が確認されている。
  • モルモットを用いた実験で硫酸イソプロテレノールの吸入によるヒスタミン喘息抑制作用が、臭化メチルアトロピンの併用により持続性となることが認められている。また、硫酸イソプロテレノール、臭化メチルアトロピンの両者に更にデキサメタゾンを加えると、より強い喘息抑制作用が得られることが判明している15)
  • 気管支喘息患者の1秒肺活量を指標としたcross-over法で、イソプロテレノールの吸入による気管支拡張作用が硝酸メチルアトロピンの併用により持続性となり、かつ作用が増強することが示されている16)

有効成分に関する理化学的知見

分子式

  • C22H29FO5

分子量

  • 392.46

融点

  • 約245℃(分解)

性状

  • デキサメタゾンは白色〜微黄色の結晶又は結晶性の粉末である。メタノール、エタノール(95)又はアセトンにやや溶けにくく、アセトニトリルに溶けにくく、水にほとんど溶けない。


★リンクテーブル★
リンク元メチルブロミド
拡張検索臭化メチルアトロピン」「臭化メチルオクタトロピン」「臭化メチルベナクチジウム」「臭化メチルヒヨスチアミン」「臭化メチルジフェンヒドラミン
関連記事臭化

メチルブロミド」

  [★]

methylbromide
臭化メチル


臭化メチルアトロピン」

  [★]

atropine methylbromide
アトロピンメチルアトロピン硝酸メチルアトロピン


臭化メチルオクタトロピン」

  [★]

methyloctatropine bromide
メチルオクタトロピン


臭化メチルベナクチジウム」

  [★]

methylbenactyzium bromide
メチルベナクチジウム


臭化メチルヒヨスチアミン」

  [★]

hyoscyamine methylbromide
ヒヨスチアミン


臭化メチルジフェンヒドラミン」

  [★]

diphenhydramine methylbromide


臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡