臭化プリフィニウム

出典: meddic

プリフィニウム

和文文献

  • 閉塞性黄疸に対して胆汁酸製剤と臭化プリフィニウム剤が奏功した黒毛和種肥育牛の一例
  • 松雪 暁子,渡辺 大作,岩崎 梢 [他]
  • 産業動物臨床医学雑誌 1(1), 19-24, 2010-07
  • NAID 40017378337
  • 有機リン系殺虫剤空中散布による健康被害(その2) : 臨床例とその治療(グルタチオン点滴と臭化プリフィニウム内服)
  • 青山 美子,青山 正洋,藤岡 一俊
  • 臨床環境医学 : 日本臨床環境医学会会誌 = Japanese journal of clinical ecology 11(1), 13-22, 2002-07-10
  • NAID 10029422994

関連リンク

臭化プリフィニウム. 適応症. 胃炎、腸炎、胃・十二指腸潰瘍、胆石症、胆のう症、尿路 結石、膵炎などによる痙攣性の痛み. 用法・用量. 1日3~4回服用. ※用法用量は症状 により異なります。 医師の指示を必ずお守りください。 使用上の注意-使用しては いけない ...
パドリン注射液 7.5mg. 臭化プリフィニウム注射液. Padrin Injection. 剤 .... 格:1管( 1mL 中) 臭化プリフィニウム 7.5mg. 性. 状:無色澄明の液. pH. 浸透圧比* .... 臭化 プリフィニウムはモルモット、ウサギ等の摘出した胃や. 腸管の自動運動と、 アセチルコリン ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 合成鎮痙剤

販売名

  • パドリン注射液7.5mg

組成

成分・分量[1管(1mL)中]

  • 臭化プリフィニウム 7.5mg

添加物

  • 等張化剤,pH調節剤

禁忌

  • 緑内障のある患者[眼圧亢進を助長し,症状を悪化させるおそれがある.]
  • 前立腺肥大による排尿障害のある患者[排尿筋の弛緩と膀胱括約筋の収縮を起こし,排尿障害を悪化させるおそれがある.]
  • 重篤な心疾患のある患者[心臓の運動を促進させ,症状を悪化させるおそれがある.]
  • 麻痺性イレウスのある患者[消化管運動を低下させるため,症状を悪化させるおそれがある.]
  • 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

  • 胃腸管の痙攣および運動機能亢進:胃炎,胃・十二指腸潰瘍,腸炎
  • 胆管の痙攣および運動障害:胆のう症(胆のう炎,胆道ジスキネジーを含む),胆石症
  • 尿路の痙攣:尿路結石
  • 膵炎に起因する疼痛:膵炎
  • 消化管検査時の前処置:胃内視鏡検査,胃腸X線検査
  • 通常,成人は1管を1日1回皮下,筋肉,又は静脈内に注射する.

慎重投与

  • 前立腺肥大のある患者[排尿障害を起こすおそれがある.]
  • 甲状腺機能亢進症のある患者[甲状腺機能亢進症の患者では心悸亢進や頻脈がみられるが,本剤は心臓の運動を促進させ,これらの症状を悪化させるおそれがある.]
  • うっ血性心不全又は不整脈のある患者[心臓の運動を促進させ,症状を悪化させるおそれがある.]
  • 潰瘍性大腸炎のある患者[中毒性巨大結腸があらわれるおそれがある.]
  • 高温環境にある患者[汗腺等の分泌機能を抑制するので,体温調節が障害され高熱になるおそれがある.]
  • 高齢者(「高齢者への投与」の項参照)

重大な副作用

ショック

  • ショック症状(0.1%未満)があらわれることがあるので観察を十分に行い,血圧降下,顔面蒼白,脈拍の異常,呼吸抑制等があらわれた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと.

薬効薬理

  • 臭化プリフィニウムはアトロピン様の副交感神経遮断剤で,消化器や尿路系の鎮痙作用等,末梢での副交感神経抑制作用を示すが,パパベリン様作用や中枢神経作用は示さない.

消化器系の鎮痙作用25)

  • 臭化プリフィニウムはモルモット,ウサギ等の摘出した胃や腸管の自動運動と,アセチルコリンによる攣縮を抑制し,また,攣縮を緩解する作用が強い.麻酔したイヌの胃,腸管の自動運動やアセチルコリン,ベタネコール,ネオスチグミン等による運動亢進も臭化プリフィニウムにより強く抑制される.これらの作用はアトロピンと同等か更に強い.また,臭化プリフィニウムは,麻酔したイヌのネオスチグミンによるオッジ筋の攣縮,及びコレシストキニンの投与又は電気刺激による胆のうの攣縮に対して抑制作用を示す.

胃液分泌抑制作用2)

  • 臭化プリフィニウムはShayラットでアトロピンと同等の胃液分泌抑制作用を示す.

抗潰瘍作用2)

  • 臭化プリフィニウムはラットの拘束潰瘍の形成に対してアトロピンよりやや強い抑制作用を有する.

尿路系に対する効果6)

  • イヌの下腸間膜動脈内にアセチルコリンを投与したとき,あるいは骨盤神経の膀胱枝を電気刺激したときにみられる膀胱収縮に対し,臭化プリフィニウムは,アトロピンとほぼ同等の抑制効果を示す.また,イヌに臭化プリフィニウムを静注すると,尿管筋電図において波数の減少と伝播速度の促進がみられる.

その他の作用2)

  • イヌの鼓索神経刺激による唾液分泌及びウサギのピロカルピン投与による唾液分泌に対し,臭化プリフィニウムはアトロピンより強くそれらを抑制するが,作用持続時間は短い.
    マウス及びイヌでの実験で,臭化プリフィニウムの散瞳作用は,アトロピンに比較して約1/5で,その作用持続時間も短い.

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • 臭化プリフィニウム Prifinium bromide

化学名

  • 1,1-Diethyl-3-(diphenylmethylene)-2-methylpyrrolidinium bromide


分子式

  • C22H28BrN

分子量

  • 386.37

融点

  • 約218℃(分解)

性状

  • 臭化プリフィニウムは白色の結晶又は結晶性の粉末で,においはない.水又はメタノールに極めて溶けやすく,酢酸(100),エタノール(95)又はクロロホルムに溶けやすく,無水酢酸又はアセトンに溶けにくく,ジエチルエーテルにほとんど溶けない.希硫酸に溶ける.


★リンクテーブル★
リンク元臭化ピロジフェニウム」「prifinium bromide
関連記事プリフィニウム」「臭化

臭化ピロジフェニウム」

  [★] プリフィニウム臭化プリフィニウム pyrodifenium bromide


prifinium bromide」

  [★]

  • 臭化プリフィニウム
prifinium

プリフィニウム」

  [★]

prifinium
臭化プリフィニウム prifinium bromide = 臭化ピロジフェニウム pyrodifenium bromide
パドリン


臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡