臭化ブチルスコポラミン

出典: meddic

ブチルスコポラミン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • O8-05 塩酸イリノテカン投与時における臭化ブチルスコポラミン予防的投与による早発型下痢への影響(一般演題 口頭発表,がん薬物療法(副作用対策),臨床から学び臨床へと還元する医療薬学)
  • 田口 伸,吹谷 和子,向井 想一,武藤 理
  • 日本医療薬学会年会講演要旨集 20, 274, 2010-10-25
  • NAID 110008108315
  • ドンペリドンと臭化ブチルスコポラミンの同時経口投与が低カロリー飲料の胃排出に与える影響について
  • 白崎 由佳子
  • 日本臨床生理学会雑誌 = Japanese journal of applied physiology 38(6), 299-302, 2008-12-01
  • NAID 10025635565

関連リンク

ブスコパンとは?ブチルスコポラミンの効能,副作用等を説明,ジェネリックや薬価も調べられる(おくすり110番:薬事典版) ... 概説 胃腸など内臓のけいれん性の痛みをとるお薬です。 作用 【働き】 内臓の平滑筋のけいれんを抑えたり ...
販売名 欧文商標名 製造会社 YJコード 薬価 規制区分 ブチルスコポラミン臭化物錠10mg「YD」 (後発品) SCOPOLAMINE BUTYLBROMIDE ... 出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者で ...

関連画像

徴:臭化ブチルスコポラミン ブチスコミンは、食べ過ぎや  臭化ブチルスコポラミン)の 、臭化ブチルスコポラミン20mg 、臭化ブチルスコポラミン10mg 臭化 ブチルスコポラミン 10mg

添付文書

薬効分類名

  • 鎮痙剤

販売名

ブスポン注射液20mg

組成

成分・分量(1管1mL中)有効成分

  • ブチルスコポラミン臭化物 20mg

添加物

  • 生理食塩液

禁忌

出血性大腸炎の患者[腸管出血性大腸菌(O157等)や赤痢菌等の重篤な細菌性下痢患者では、症状の悪化、治療期間の延長をきたすおそれがある。]

緑内障の患者[眼内圧を高め、症状を悪化させることがある。]

前立腺肥大による排尿障害のある患者[更に尿を出にくくすることがある。]

重篤な心疾患のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]

麻痺性イレウスの患者[消化管運動を抑制し、症状を悪化させるおそれがある。]

本剤に対し過敏症の既往歴のある患者

効能または効果

下記疾患における痙攣並びに運動機能亢進
 胃・十二指腸潰瘍、食道痙攣、幽門痙攣、胃炎、腸炎、腸疝 痛、痙攣性便秘、機能性下痢、胆のう・胆管炎、胆石症、胆 道ジスキネジー、胃・胆のう切除後の後遺症、尿路結石症、 膀胱炎、器具挿入による尿道・膀胱痙攣、月経困難症、分娩 時の子宮下部痙攣
消化管のX線及び内視鏡検査の前処置


====ブチルスコポラミン臭化物として、通常成人1回10〜20mgを静脈内または皮下、筋肉内注射する。
なお、年齢、症状により適宜増減する。====

慎重投与

前立腺肥大のある患者[尿を出にくくすることがある。]

うっ血性心不全のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]

不整脈のある患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]

潰瘍性大腸炎の患者[中毒性巨大結腸を起こすおそれがある。]

甲状腺機能亢進症の患者[心拍数を増加させ、症状を悪化させるおそれがある。]

高温環境にある患者[汗腺分泌を抑制し、体温調節を障害するおそれがある。]

重大な副作用

ショック、アナフィラキシー様症状(頻度不明):ショック、アナフィラキシー様症状(悪心・嘔吐、悪寒、皮膚蒼白、血圧低下、呼吸困難、気管支攣縮、浮腫、血管浮腫等)があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、適切な処置を行うこと。

薬効薬理

  • ブチルスコポラミン臭化物の作用部位は副交感神経系であるが、主としてその神経節に作用し、末梢作用は極めて少ない。即ち本剤は自律神経節遮断剤であり、胃腸管、胆管、尿路並びに子宮に対して著明な鎮痙作用を発揮するが、交感神経節に対しては殆ど作用しない。
    アトロピンよりは強いクラーレ様作用があるが、動物実験においてアトロピン大量使用時に見受けられる中枢作用はない。従って、アトロピンの場合と異なり、治療量では瞳孔、唾液腺、心臓脈管系に対して殆ど影響がない。

有効成分に関する理化学的知見

一般名:

  • ブチルスコポラミン臭化物(Scopolamine Butylbromide)

化学名:

  • (1S、2S、4R、5R、7s)-9-Butyl-7-[(2S)-3-hydroxy-2-phenylpropanoyloxy]-9-methyl-3-oxa-9-azoniatricyclo[3.3.1.02、4]nonane bromide
  • 約140℃(分解)


★リンクテーブル★
リンク元ムスカリン受容体拮抗薬」「スコポラミン」「butylscopolammonium bromide」「scopolamine butylbromide
関連記事ブチルスコポラミン」「臭化」「ブチル」「ラミン」「スコポラ

ムスカリン受容体拮抗薬」

  [★]

muscarinic receptor antagonist
ムスカリン受容体遮断薬抗ムスカリン様作用薬、antimuscarinic drug
ムスカリン受容体アセチルコリン受容体
  • 気道閉塞性障害
臭化ブチルスコポラミン scopolamine butylbromide
製品名:ブスコパン Buscopan
チキジウム tiquizium


スコポラミン」

  [★]

scopolamine
scopolaminum
Transderm Scop
臭化水素酸スコポラミン scopolamine methylbromidum臭化ブチルスコポラミン
オピスコスコルパンスパスモパンスポラミンダイピンハイスコパンスコブスコパンブスコムブスフォリロンブスポンブチブロンブチルミンリラダンロートエキス弱オピスコ弱パンスコ
メチル硫酸N-メチルスコポラミン



butylscopolammonium bromide」

  [★] ブチルスコポラミン臭化ブチルスコポラミンブチルスコポラミン臭化物butylscopolaminescopolamine butylbromide


scopolamine butylbromide」

  [★]

butylscopolaminebutylscopolammonium bromide


ブチルスコポラミン」

  [★]

butylscopolaminescopolamine butylbromidebutylscopolammonium bromide
ブチルスコポラミン臭化物 scopolamine butylbromide臭化ブチルスコポラミン butylscopolamine bromideヒヨスチン-N-ブチルブロミド hyoscine-N-butylbromide
スコルパンスパスモパンスポラミンブスコパンブスコムブスフォリロンブスポンブチブロンブチルミンリラダン
ムスカリン性受容体



臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド


ブチル」

  [★]

butylBu
  • ブチル基
-CH2CH2CH2CH3


ラミン」

  [★]

lamin
核ラミン


スコポラ」

  [★] ブチルスコポラミン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡