臭化ドミフェン

出典: meddic

ドミフェン

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • Streptococcus sobrinus 6715株接種ラットにおける塩化デカリニウムおよび臭化ドミフェンのう蝕抑制効果
  • 中村 康則,桑島 治博,木村 智彦,青木 茂治
  • 歯科基礎医学会雑誌 42(6), 601-608, 2000-12-20
  • NAID 110003166760
  • O-75 臭化ドミフェン含嗽液調製時の白濁に関する考察
  • 清水 博子,鈴木 優司,佐藤 幸一郎,荒井 美治,長田 悟
  • 日本病院薬学会年会講演要旨集 10, 120, 2000-09-01
  • NAID 110001788406

関連リンク

化粧品の成分表示名称「臭化ドミフェン」の情報です。 ... 粧工連発行「化粧品の成分表示名称リスト」に収載されていることと化粧品への配合可否は無関係です。粧工連はリストへの収載と国内・国外規制との関係については関知 ...
臭化ドミフェン製剤で始まる薬の検索結果。オラドール,オラドールS - goo薬検索では、約7000の薬剤の成分や効能(効果)、正しい服用法・使用法、副作用などが調べられます。

関連画像

歯科医師国家試験過去問題よりイラスト 北海道大学病院医療 ラウロイルサルコシンナトリウ 使用して体に異常を感じたり イラスト 北海道大学病院医療 イラスト 北海道大学病院医療

添付文書

薬効分類名

  • 口内殺菌剤

販売名

オラドールトローチ0.5mg

組成

  • 1錠中:ドミフェン臭化物……0.5mg
    〈添加物〉
    ウイキョウ油、カラヤゴム末、ステアリン酸マグネシウム、トラガント末、白糖(1錠中約1g)、ハッカ油、ユーカリ油

効能または効果

  • 咽頭炎、扁桃炎、口内炎、抜歯創を含む口腔創傷の感染予防
  • ドミフェン臭化物として、通常1回0.5mg(本剤1錠)を1日3?6回投与し、口中で徐々に溶解させる。なお、症状により適宜増減する。

薬効薬理

  • 臨床分離株の最小発育阻止濃度(MIC)は、グラム陽性及びグラム陰性球菌に対して0.75?3.1μg/mL、Pseudomonas(0.37μg/mL)を除くグラム陰性桿菌に対して6.2?12.5μg/mL、Candidaに対して1.5?3.1μg/mLである(in vitro)。1)
  • 各種抗生物質耐性ブドウ球菌及びカンジダアルビカンスに対し低濃度でも強力な殺菌作用を示す(in vitro)。2)
  • ドミフェン臭化物は、陽イオン界面活性剤であり、脂肪を可溶化し蛋白を変性する性質を有するため、細菌の細胞壁外膜及び細胞質膜を急激に破壊することにより殺菌作用を示すと考えられている。

有効成分に関する理化学的知見

  •  


★リンクテーブル★
関連記事臭化」「ドミフェン

臭化」

  [★]

bromidebromo
臭化物ブロミドブロモブロマイド


ドミフェン」

  [★]

domiphen
臭化ドミフェン domiphen bromide
オラドール





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡