自発放電

出典: meddic

spontaneous discharge
自発性興奮




UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • サリチル酸によるモルモット聴皮質自発放電活動の変化
  • 釼持 睦,越智 健太郎,木下 裕継,大橋 徹,肥塚 泉
  • Audiology Japan 52(5), 371-372, 2009-09-15
  • NAID 10025596137
  • 根性疼痛モデルラットにおける仙骨硬膜外ブロックの効果
  • 山本 靖紀
  • 杏林医学会雑誌 40(1), 8-15, 2009
  • … これらラットのすべてで,感覚受容器との連続を離断した腓腹神経から自発放電が記録された。 … さらに単離できた21個の神経での自発放電は,硬膜外腔へのlidocaine 1500μgの投与により,すべてが抑制された。 …
  • NAID 130000135266

関連リンク

末梢神経の脱髄 demyelination 後の変化 ←→脱髄性疾患 →抑制性の変化---伝導の遅延、不揃い、ブロック →興奮性の変化---自発発射---脱髄部のNa + チャネルや機械刺激受容タンパク質の増加、エファプス
トリガーポイントから自発放電活動が記録される機序について、「トリガーポイントとポリモーダル説」でいくつかの説を解説しましたが、ポリモーダル説の場合、何故電気活動が記録されるのかについて解説しませんでした。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事放電

放電」

  [★]

dischargedischarge
退院排泄物発射分泌放出流出漏出眼脂活動電位





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡