自由エネルギー

出典: meddic

free energy
エネルギー



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/04/19 17:15:02」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 誰でもわかる化学熱力学(7)エントロピーと自由エネルギ
  • QM/MM法と溶液の理論の融合による凝縮系の化学過程の自由エネルギー計算(13)凝縮系の第一原理計算の方法論について
  • 高橋 英明
  • アンサンブル : 分子シミュレーション研究会会誌 13(4), 157-160, 2011-10
  • NAID 40019066732

関連リンク

マピオン大百科へようこそ。このページは自由エネルギーに関する情報を掲載しています。気になる人物、知りたい事件があったらすぐに検索! ... 自由エネルギー(じゆうエネルギー、英: free energy )とは、熱力学における状態量の1つで ...
自由エネルギー(じゆうエネルギー、free energy)とは、熱力学における状態量の1つである。熱力学第一法則から導いた式によりエネルギーの収支を、第二法則から得た式によりある過程の進行の自発性を扱えるので、十分な物理量を得ると ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元ピロリン酸
拡張検索部分モル自由エネルギー」「Gibbs自由エネルギー」「ギブズ自由エネルギー
関連記事エネルギー」「自由

ピロリン酸」

  [★]

pyrophosphate, PPi, pyrophosphoric acid
二リン酸 diphosphoric acid焦性リン酸 pyrophosphoric acid無機ピロリン酸 inorganic pyrophosphate
自由エネルギー



部分モル自由エネルギー」

  [★]

[[]]
partial molar free energy
[[]]
partial molar free energy


Gibbs自由エネルギー」

  [★]

Gibbs free energy
ギブズ自由エネルギー


ギブズ自由エネルギー」

  [★]

Gibbs free energy
Gibbs自由エネルギー


エネルギー」

  [★]

energy
エネルギー代謝


  • 食事のカロリー熱量の意味で使われることがある。ちなみに肝硬変の代償期の食事は30-35cal/kgが推奨される。



自由」

  [★]

freedomfreefreelyad libitum、(adv,abrv)ad lib
適宜取り除く無料遊離遊離型含まないフリー




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡