自然破水

出典: meddic

spontaneous rupture of membranes

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 分娩期における人工破膜の効果
  • 宮本 雅子,佐々木 百合子
  • 母性衛生 50(2), 406-412, 2009-07
  • … その結果,自然破水群と人工破膜実施群の比較において,分娩所要時間に有意差がみられなかった(P>0.05)。 …
  • NAID 110007334178
  • 母子垂直感染による新生児 early-onset sepsis 予防に対するcefazolinの有効性に関する薬物動態学的評価
  • 山下 英俊,玉井 和典,後山 尚久,植木 實
  • 産婦人科の進歩 55(2), 184-190, 2003
  • … 明らかな感染徴候を認めない自然破水症例41症例を対象とした.妊娠中・後期に行った腟分泌物培養検査では,GBS 陽性例を4例(10.3%)認め,経口抗生剤投与およびポピドンヨード腟消毒による GBS 除菌を試みた.破水入院時,GBS 陽性は4例(9.8%)認め,その4例中3例は妊婦健診時にはGBSは検出されていなかった.また,1例はGBSが再検出された. …
  • NAID 130001223578

関連リンク

この状態を「破水」といいます。 普通は子宮頚管が全開するころに、自然に破水しますが、これを「適時破水」といいます。 前期破水とは? 羊水が流出する時期が早すぎるといろいろと問題が起こってきます。 分娩が 開始する前 ...
自然破水のお悩みや相談は、先輩ママからのアドバイス満載なウィメンズパークで解決!ベネッセコーポレーションが運営する、全国170万人以上の女性が集まるサイトです。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
国試過去問105G060」「104I042」「095A046
関連記事自然」「破水

105G060」

  [★]

  • 次の文を読み、59-61の問いに答えよ。
  • 39歳の初産婦。妊娠41月2週 陣痛発来のため入院した。
  • 現病歴   妊娠初期から定期的に妊婦健康診査を受けている。これまでの超音波検査で子宮体部右側に直径5cm大の漿膜下筋腫を指摘されている。その他には妊娠経過に特記すべきことはない。本日午前1時から10分周期の規則的な陣痛が発来したが自宅で待機していた。午前9時に来院した。
  • 既往歴  15歳で虫垂炎手術。
  • 家族歴   母親が2型糖尿病。
  • 月経歴   初経12歳。周期28日、整。
  • 現症   意識は清明。身長162cm、体重71kg(非妊時63kg)。体温36.5℃。脈拍80/分、整。血圧124/76mmHg。子宮底長37cm、腹囲96cm。下腿に浮腫を認めない。Leopold触診法で児背を母体の左側に触れる。陣痛周期は3分。内診所見:先進部は小泉門で母体の左後方に触れる。子宮口5cm開大、展退度60%、児頭下降度SP+1cm。子宮口の位置は中央、硬さは軟である。未破水である。
  • 検査所見   尿所見:蛋白(-)、糖(-)。超音波検査では羊水ポケット1cm、胎児推定体重3,500 g。胎児心拍数陣痛図胎児心拍数パターンに異常を認めない。
  • 出生直後の新生児の異常として注意すべきなのはどれか。2つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 105G059]←[国試_105]→[105G061

104I042」

  [★]

  • 37歳の5回経産婦。分娩後の大量出血のため搬入された。妊娠37週時に自然破水後陣痛が発来し、自宅近くの診療所で1時間後に体重3,200gの男児を娩出した Apgarスコア 8点(1分)、9点(5分)であった。児娩出直後から中等量の性器出血が始まり、胎盤娩出後プロスタグランディンF2αオキシトシンとが投与されたが出血が持続し外出血の総量が1,500gとなったため、救急車が要請された。脈拍112/分、整。血圧90/46mmHg。血液所見: 赤血球 180万、Hb 5.6g/dl、Ht 17%、白血球 6,000、血小板 6.2万。経腟超音波検査で子宮の形状は正常で内腔に異常を認めないが、Douglas窩に大量の液体貯留像を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I041]←[国試_104]→[104I043

095A046」

  [★]

  • 妊娠20週で自然破水し、羊水流出が持続しながら妊娠36週まで妊娠が継続した。胎児に起こりうる障害はどれか。
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095A045]←[国試_095]→[095A047

自然」

  [★]

原住民自然発症自然発症的自発性自発的性質当然ネイチャー本質未変性もっとも天然ネイティブ


破水」

  [★]

rupture of membrane, amniorrhexis, rupture of bag of waters
ruptura bursae aquarum
胎胞破裂 rupture of bag





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡