自律複製配列

出典: meddic

[[]]
ARS
[[]]


ARS

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 酵母 Saccharomyces exiguus の自律複製配列 (ARS)
  • 久冨 泰資,壷井 基夫
  • 日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan 61, 313, 1997-09
  • NAID 10002800811
  • 酵母Saccharomyces exiguusの自律複製配列(ARS)の構造
  • 久冨 泰資,木村 岳彦,野杁 くるみ,松原 直樹,壷井 基夫
  • 日本植物学会大会研究発表記録 = Proceedings of the annual meeting of the Botanical Society of Japan 60, 153, 1996-10
  • NAID 10002799990

関連リンク

【発明の名称】 自律複製配列を有するDNA断片、その塩基配列、及びその利用 【発明者】 【氏名】畠山 和久 【氏名】小林 幹 【氏名】湯川 英明 【目的】 【構成】 コリネ型細菌、例えばブレビバクテリウム・フラバムMJ-233 ...
【発明の名称】 担子菌の自律複製配列およびその利用 【発明者】 【氏名】小嶋 靖 【氏名】喜多 幸雄 【目的】 自律複製機能を持ち、かつ担子菌の形質転換効率を上げる機能を持つDNA断片を提供する。 【構成】 白色腐朽菌 ...

関連画像

概要 ※この項目は機械的に この製品を見た人は、こんな 環状ヌクレオチドの細胞内濃度 DNAの半保存的複製に関する 制御・統合され、一つの自律 pAUR112, pAUR123, pAUR224, pAUR316 DNAを


★リンクテーブル★
先読みARS
関連記事配列」「

ARS」

  [★]


配列」

  [★]

sequencearrangementarrayconstellationarrangesequential
協定経時的系列結果シークエンスシーケンス順序準備筋道整列取り計らう配置配列決定連続連続的逐次結果としての時系列並べるアレイ順次整理


PHP関数

array_unique()

	for ( $i = 0 ; $i < 5 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 1;
	}
	for ( $i = 5 ; $i < 15 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 2;
	}
	for ( $i = 15 ; $i < 20 ; $i++ ) {
		$a['w'][$i] = $i+100;
		$a['m'][$i] = 3;
	}

	$a['w'][5]=100;
	$a['w'][15]=100;

var_dump($a);
	$b = array_unique($a['w']); #配列 重複キー 消去

var_dump($b);

-----
array(2) { 
	["w"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [5]=> int(100) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [15]=> int(100) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 
	["m"]=> array(20) 
		{
			[0]=> int(1) [1]=> int(1) [2]=> int(1) [3]=> int(1) [4]=> int(1) [5]=> int(2) [6]=> int(2) [7]=> int(2) [8]=> int(2) [9]=> int(2) [10]=> int(2) [11]=> int(2) [12]=> int(2) [13]=> int(2) [14]=> int(2) [15]=> int(3) [16]=> int(3) [17]=> int(3) [18]=> int(3) [19]=> int(3) } } 

array(18) {
			[0]=> int(100) [1]=> int(101) [2]=> int(102) [3]=> int(103) [4]=> int(104) [6]=> int(106) [7]=> int(107) [8]=> int(108) [9]=> int(109) [10]=> int(110) [11]=> int(111) [12]=> int(112) [13]=> int(113) [14]=> int(114) [16]=> int(116) [17]=> int(117) [18]=> int(118) [19]=> int(119) } 

配列の要素の除去

array_pop

  • 配列のインデックスから、末尾にあるインデックス1つを取り除く。指定した変数の配列が空だった場合には、null が帰される。

配列の結合

  • 1. +演算子。同じキーを上書きする。
  • 2. array_push(array, array)とすると、出力が array([0]->array, [1]->array)になる。
  • 3. array_match(out_array, add_array)これでokだが、add_array = array();だとエラーが起こるので、適当なトラップが必要。 ← array_mergeの間違えでしょ?

配列要素の結合

$str = implode('/',$array);

配列の要素表示

  • var_dump()
  • print_r();


列」

  [★]

rowtiertrain
作条訓練、層、




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡