自己免疫

出典: meddic

autoimmunity
免疫



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2014/07/09 08:13:10」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P2-06-6 寒冷刺激による発熱と凍瘡を認めたAicardi-Goutieres syndromeの1例(P2-06 自己免疫疾患4,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 井澤 和司,西小森 隆太,阿部 純也,酒井 秀政,谷風 尚子,村田 佑樹,河合 朋樹,八角 高裕,平家 俊男,平城 徹,平城 直子,大嶋 勇成
  • アレルギー 60(3・4), 484, 2011-04-10
  • NAID 110008594621
  • P2-06-5 再発性多発軟骨炎による気道狭窄に気管支喘息発作を頻回に合併する1例(P2-06 自己免疫疾患4,ポスターセッション,第23回日本アレルギー学会春季臨床大会)
  • 西出 真之,前田 恵治,林 宇,細川 貴司,濱野 芳匡,中原 英子,比嘉 慎二,栗谷 太郎,五十嵐 敢
  • アレルギー 60(3・4), 484, 2011-04-10
  • NAID 110008594620

関連リンク

自己免疫疾患(じこめんえきしっかん、英Autoimmune disease)とは、異物を認識し 排除するための役割を持つ免疫系が、自分自身の正常な細胞や組織に対してまで過剰 に反応し攻撃を加えてしまうことで症状を来す疾患の総称。 自己免疫疾患は、全身 ...

関連画像

逆に自己免疫抑制(免疫寛容 図1:免疫系と様々な疾患の 図1 胸腺内で働く免疫寛容  自己免疫・神経免疫研究室自己免疫機能を整え、正常化  自己免疫標的抗原の拡大


★リンクテーブル★
国試過去問097A056」「102E010」「100G112
リンク元autoimmunity」「自己免疫性応答」「自己免疫反応
拡張検索温式自己免疫性溶血性貧血」「自己免疫性多腺性内分泌不全症」「自己免疫性心筋炎
関連記事免疫」「自己

097A056」

  [★]

  • 34歳の女性。発熱、全身倦怠感および前頚部痛を主訴に来院した。3週前に発熱と咽頭痛とが出現し、1週間持続した。その後いったん軽快したかにみえたが、2週後に再び微熱が現れ、体重が3kg減少した。身長158cm、体重49kg。体温37.2℃。脈拍96/分、整。血圧138/66mmHg。甲状腺は左葉が硬く結節性に腫大し、自発痛と圧痛とを認める。眼球突出はないが、手指振戦を認める。血液所見:赤沈110mm/1時間、白血球4,100。血清TSH0.01μU/ml未満(基準0.2~4.0)、freeT4 3.3ng/dl(基準0.8~2.2)。甲状腺123I摂取率(24時間値)3.4%(基準10~40)。
  • 病因として考えられているのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097A055]←[国試_097]→[097A057

102E010」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 102E009]←[国試_102]→[102E011

100G112」

  [★]

  • 劇症肝炎の原因として最も多いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100G111]←[国試_100]→[100G113

autoimmunity」

  [★] 自己免疫

WordNet   license wordnet

「production of antibodies against the tissues of your own body; produces autoimmune disease or hypersensitivity reactions」


自己免疫性応答」

  [★]

autoimmune response
自己免疫自己免疫応答


自己免疫反応」

  [★]

autoimmune reaction
自己免疫


温式自己免疫性溶血性貧血」

  [★]

autoimmune hemolytic anemia warm type
自己免疫性溶血性貧血 AIHA

参考

uptodate

  • 1. [charged] 自己免疫性溶血性貧血の病因:温暖凝集素と薬剤 - uptodate [1]
  • 2. [charged] 自己免疫性溶血性貧血の臨床的特徴および診断:温暖凝集素 - uptodate [2]
  • 3. [charged] 自己免疫性溶血性貧血の治療:温暖凝集素 - uptodate [3]

国試



自己免疫性多腺性内分泌不全症」

  [★]

autoimmune polyendocrinopathy
シュミット症候群多腺性自己免疫症候群2型多腺性自己免疫症候群1型


自己免疫性心筋炎」

  [★]

autoimmune myocarditis


免疫」

  [★]

immunity, immune
免疫系

免疫の種類 (PT.246-251)

  主に関与するリンパ球 働き リンパ節での局在
細胞免疫 T細胞 (1)免疫の活性化 傍皮質
(2)抗原を有する細胞への攻撃
液性免疫 B細胞 抗体産生 皮質

T細胞の種類

細胞の種類 補レセプター 抗原を提示する細胞 MHC抗原
キラーT細胞(Tc) CD8 抗原提示細胞 MHCクラスI
ヘルパーT細胞(Th) CD4 全ての細胞 MHCクラスII

ヘルパーT細胞の種類

T細胞 関連する因子 産生する物質 機能
Th1 IL-12

 増殖

IL-2,IFN-γなど 細胞性免疫を促進'

 (1)キラーT細胞NK細胞マクロファージを活性化  (2)遅延型過敏反応により自己免疫疾患に関与

Th2 IL-4

 Th→Th2

IL-4,IL-5,IL-6,IL-10など 液性免疫を促進'

 (1)B細胞好酸球肥満細胞に作用。  (2)即時型アレルギーに関与




自己」

  [★]

self, oneself, ego




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡