自己と非自己

出典: meddic

和文文献

  • 自己免疫寛容を誘導する胸腺内シグナル制御機構 : "自己と非自己の識別"を制御する胸腺髄質上皮細胞分化の分子機構に迫る
  • 秋山 泰身,新澤 未穂
  • 化学と生物 49(1), 2-4, 2011-01-01
  • NAID 10027729097

関連リンク

自己と非自己の認識. 抗原決定基、抗原受容体リンパ球が自己と非自己を認識できるの は抗原決定基が存在するからである。リンパ球はこの抗原決定基を認識するのである。 抗原決定基は抗原性の最小単位であり、エピトープともいう。抗原決定基=エピトープ ...
自己と非自己の認識. 1)自己の体細胞には MHCⅠが発現している。この MHCⅠを 認識するのが細胞障害性Tリンパ. 球(CD8)である。細胞膜上の正常な MHCⅠと正常 ペプチドは自己と認識され攻撃されない。 (自己寛容). 2)体細胞から発生する癌細胞 では ...

関連画像

免疫は『自己』と『非自己』を 白血球)は体内で「非自己  非自己 から自身を守ることが自己:非自己


★リンクテーブル★
関連記事自己

自己」

  [★]

self, oneself, ego




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡