臥床療法

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1.家庭内臥床療法が奏効した神経性食欲不振症の1例(一般演題,第45回日本心身医学会九州地方会演題抄録(1),地方会抄録,学会報告)
  • 高齢者骨粗鬆症性脊椎圧迫骨折の治療選択 静臥床療法と早期ギプス療法の比較

関連リンク

研究 被験者 治療法 経過観察期間 結果 Coomes,1961 坐骨神経痛を有する外来患者40例(疼痛持続期間の中央値34日) 自宅での臥床安静と硬膜外麻酔薬50~60m1の注射の比較 回復するまで 臥床安静群の患者は回復が遅かった。(臥床 ...
A:安静は、筋肉に負担がかからない状態をいい、新陳代謝を最小限にすることができます。 安静時には次のような体の変化があります。 1)安静臥床時の呼吸 臥床により、横隔膜は2cm上昇(空気500mlの差)。

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事」「療法」「臥床

法」

  [★]

methodlaw
測定法測定方法訴訟方法法律学手法方式法律


療法」

  [★]

therapyregimencureremedytherapeutic


臥床」

  [★]

がしょう
[[]]
[[]]




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡