臓器梅毒

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

(Vol.23 p 87-88) 臨床症状:梅毒はTreponema pallidum (Tp)が血行性に全身に散布されて、 様々な症状を引き起こす全身性の慢性感染症である。皮膚、 粘膜の発疹や臓器梅毒の症状を呈する顕症梅毒と、 症状は認められないが梅毒血清反応 ...
第1期梅毒: 3〜4週間(1〜13週間の範囲)の潜伏期間後,第1期病変(下疳)が接種部位に生じる。最初の赤い丘疹が急速にびらん状になり,硬結した基部を伴う最小限の微痛性潰瘍を形成し,擦過により多数のスピロヘータを含む透明 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事梅毒」「臓器」「

梅毒」

  [★]

syphilis
ワッセルマン反応
  • first aid step1 2006 p.145,163,173

定義


症状

検査




臓器」

  [★]

organ
viscera

臓器、部位別の血流量比較

安静時の血流 (PT.296)

消化器 0.3
腎臓 0.2
0.15
骨格筋 0.15
皮膚 0.1
心臓 0.05
気道 0.05
  • その他 SP.569 表9-11も参考になるかも。



毒」

  [★]

toxinpoisonpoison
毒素毒物毒を入れるトキシン




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡