膿性軟化

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

軟化したのち自潰,排膿して瘢痕を残す.他のアポクリン腺部 位(外陰部,肛囲,乳房など)にも生じうる. ②ケロイド性毛包炎(keloidal folliculitis) 中年男性の後頭〜項部に毛包炎が次々と多発し,次第にその 部位の浸潤が強くなり ...
毛孔一致性の紅色小丘疹や膿疱(すなわち毛包炎)が,硬結 を伴うようになり,発赤,圧痛,自発痛,局所熱感が著明とな る.膿疱は壊死化して膿栓を形成し,やがて硬結は軟化して膿 瘍となる.排膿されると炎症症状は急速に改善 ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
関連記事膿性

膿性」

  [★]

purulentsuppurative
化膿化膿性




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡