膵液検査

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 消化液検査法 胃液膵液検査法 (臨床検査のすすめ方とその解釈(特集))

関連リンク

通常、膵液はさらさらした液体ですが、IPMNでは、細い分枝膵管内にできる腫瘍が多量 の粘液を産生するために、分枝膵管がふくらんで袋状に見えるようになります。 膵管内 に存在する腫瘍そのものは初期のうちは非常に小さく(1mm以下)、各種の画像検査 ...

関連画像

骨髄検査の画像 p1_15髄液検査の画像ですに失敗しないための 一般検査 髄液検査のポイント


★リンクテーブル★
関連記事膵液」「検査

膵液」

  [★]

pancreatic juice
膵臓

概念

  • 消化酵素を含むアルカリ性の分泌液である。

分泌量

  • 1.2-1.5 L/day

構造

  • 1. 腺房
腺房細胞
消化酵素分泌、チモーゲン顆粒(+)
腺房細胞は隣接する細胞とGap junctionを形成
→cAMP,Ca2+などは隣接細胞に拡散
→腺房が分泌の機能単位
  • 2. 導管系
介在導管intercalated duct
一部は中心腺房細胞として腺房内に入り込んでいる。チモーゲン顆粒(-)
小葉内導管intralobular duct
小葉外導管extralobular duct

成分

  • 1. 電解質
陽イオン:Na+,K+(ほぼ血漿濃度)、Ca2+,Mg2+(濃度低い)
陰イオン:HCO3-(血漿濃度の4倍),
Cl-,SO42-,HPO42-(濃度低い)
なお、HCO3-とCl-は分泌速度依存的
膵液の分泌速度が速いとき、HCO3-↑、Cl-↓
膵液の分泌速度が遅いとき、HCO3-↓、Cl-↑
  • 2. 消化酵素
  • アミラーゼ
膵αアミラーゼ
  • ペプチダーゼ:不活性化状態で分泌
トリプシノーゲン
キモトリプシノーゲン
プロカルポキシペプチダーゼA,B
プロエラスターゼ
  • リパーゼ
膵リパーゼ(ステアプシン)
コレステロールエステルヒドロラーゼ
プロホスホリパーゼA2
  • 核酸分解酵素(RNA,DNA→ヌクレオチド)
リボヌクレアーゼ
デオキシリボヌクレアーゼ

生理的分泌調節機構

  • 1. 頭相
全食事中の約20%分泌
味覚・嗅覚(無条件性)、聴覚・視覚(条件性)→迷走神経(ACh作動性)→膵腺房→膵液分泌↑→胃G細胞→ガストリン↑
  • 2. 胃相
  • 2-1. 胃壁伸展→迷走神経局所反射(Ach作動性)
→膵腺房→膵液分泌↑ →胃G細胞→ガストリン↑
  • 2-2. 食物ペプチド,アミノ酸→胃G細胞→ガストリン↑→膵液分泌↑
  • 3. 腸相
全食事中の約80%分泌
  • 3-1. フェニールアラニン・脂肪酸,モノグリセリド→小腸I細胞→CCK↑→膵腺房→膵液分泌↑
  • 3-2. 腸pH<4.5→小腸S細胞→セクレチン↑→導管→Na+,HCO3-分泌↑
  • 3-3. アミノ酸,脂肪酸,→十二指腸粘膜→迷走神経反射→ACh↑→膵腺房→膵液分泌↑

電解質の分泌調節

  • 1. 腺房細胞
  • ACh(迷走神経),CCK→[Ca2+]i↑→K+,Cl-チャンネル活性化→血漿成分に近い電解質および酵素を分泌。すなわちCl-のみ分泌されるため、細胞間隙からNa+,H2Oが移動する結果等張となる。
  • 2. 導管細胞
  • セクレチン→cAMP↑→Cl-チャンネル活性化→HCO3-/Cl-交換輸送→HCO3-分泌→電気的勾配に従ってNaが分泌される。

消化器ホルモンによる分泌調節



検査」

  [★]

検定試験視察視診調べる調査テスト点検検討監査診察




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡