膵ポリペプチド

出典: meddic

pancreatic polypeptide PP


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 内分泌生理学的調節機構 膵内分泌腺 (内分泌腺腫瘍--基礎・臨床研究のアップデート) -- (内分泌腺の解剖学と生理学)
  • 飯降 直男,泉山 肇,平田 結喜緒
  • 日本臨床 69(-) (995), 95-99, 2011-03
  • NAID 40018749345
  • 多中心性発生が疑われた悪性グルカゴノーマの1例
  • 塩澤 邦久,北川 裕久,中村 慶史,西村 元一,藤村 隆,萱原 正都,清水 康一,太田 哲生,三輪 晃一,野々村 昭孝
  • 日本消化器外科学会雑誌 35(12), 1788-1792, 2002-11-25
  • … 値を認め,CT検査にて膵体尾部に複数個の腫瘍を,血管造影では同部位に腫瘍濃染像を認めた.以上より,グルカゴノーマを疑い膵体尾部切除を行った.腫瘍は膵体尾部に3個((1)?(3))存在した.病理所見では,腫瘍周囲に脈管浸潤を認め悪性と診断した.免疫染色では(1)はグルカゴン陽性,膵ポリペプチド陽性,ほかの膵ホルモン陰性,(2)はグルカゴン弱陽性,他の膵ホルモン陰性,(3)はグルカゴン強陽性,他の膵ホルモン陰性であった。 …
  • NAID 110001292616

関連リンク

膵ポリペプチド(pancreatic polypeptide,PP)は膵ラ氏島第3のホルモンであり、ペプチドYY(peptide YY、PYY)及び神経ペブチドY(neuropeptide Y、NPY)とともにPPファミリーペプチドと総称されている。PPは、膵外分泌抑制作用・や胆嚢収縮 ...
栄養・生化学辞典 - 膵臓ポリペプチドの用語解説 - 36個のアミノ酸残基でできた分子量4300のポリペプチドで,膵臓のランゲルハンス島で作られるほか,消化管などでも作られる.生理的意義は不明.
Principal Investigator:INUI Akio, Project Fiscal Year:1997 – 1998, Research Category:Grant-in-Aid for Scientific Research (C), Section:一般, Research Field:内分泌・代謝学 ... Project/Area Number 09671057 Research Category

関連画像

 ペプチドの量を測ることも重要 膵 ポリ ペプチド について は の 膵 ポリ ペプチド 分泌 細胞


★リンクテーブル★
リンク元消化管ホルモン」「ニューロペプチドY」「PP
関連記事」「ポリペプチド

消化管ホルモン」

  [★]

gastrointestinal hormone
胃腸ホルモン gut hormone
  • SP.680-


資料によって書いてあることがバラバラ

種類

名称 分泌粘膜部位 主な作用 分泌刺激 分泌細胞
十二指腸 小腸
  幽門部 上部  
ガストリン         塩酸・ペプシン分泌↑
膵酵素分泌↑
タンパク質、アルコール、カフェイン G細胞
コレシストキニン         膵液分泌(酵素多)↑ 小腸内タンパク質分解産物、酸、脂肪酸、アルコール I細胞
セクレチン       膵液分泌(HCO3-多)↑
胃酸分泌↓
小腸内ペプチド、酸、アルコール S細胞
胃酸分泌抑制ポリペプチド
胃抑制ペプチド GIP
        インスリン分泌↓ 小腸内の糖質、酸、機械的刺激 K細胞
胃運動・分泌↓
ソマトスタチン 消化管運動↓ ガストリン、セクレチン、コレシストキニン D細胞
ガストリン、セクレチン、胃酸分泌↓
モチリン         胃腸運動↑ 十二指腸内アルカリ性内容物 MO細胞

胃腸内分泌細胞と消化管ホルモン (HIS.332)

細胞 産生ホルモン ホルモンの作用 局在 分泌果粒の
大きさ(nm)
小腸 大腸
A細胞   グルカゴン エンテログルカゴン 肝細胞でのグリコーゲン分解を促進し、血糖値を上昇   250
D細胞   ソマトスタチン 近くの内分泌細胞のホルモン分泌を抑制 350
EC細胞 腸クロム親和性細胞 セロトニンサブスタンスP 蠕動運動を促進 300
ECL細胞 腸クロム親和性細胞様細胞 ヒスタミン 塩酸分泌を促進.     450
G細胞 ガストリン産生細胞 ガストリン 塩酸分泌、胃の運動(特に幽門部の収縮と幽門括約筋の弛緩による胃内容の排出を調整)、および胃体部の幹細胞の増殖   300
GL細胞 グリセンチン産生細胞 グリセンチン 肝細胞でのグリコーゲン分解を促進し、血糖値を上昇 400
I細胞   コレシストキニン 膵臓の消化酵素分泌と胆嚢の収縮を促進     250
K細胞   胃抑制ペプチド GIP 塩酸分泌を抑制     350
MO細胞 モチリン産生細胞 モチリン 腸の蠕動を促進      
N細胞 ニューロテンシン産生細胞 ニユーロテンシン 回腸ヘの血流を増加させ、小腸と大腸の蠕動運動を抑制     300
PP細胞 膵ポリペプチド産生細胞 膵ポリペプチド 不明   180
S細胞   セクレチン 膵臓からの重炭酸含有液の分泌を促進     200
VIP細胞 血管作動性腸ペプチド産生細胞 血管作動性腸ペプチド 小腸と大腸の蠕動運動を促進し、消化管による水とイオンの排出を促進  


ニューロペプチドY」

  [★]

neuropeptide Y NPY


  • 中枢作用
血圧下降、呼吸抑制
  • 末梢作用
血管収縮(冠血管含む)、血圧上昇

構造

  • 36アミノ酸
  • 配列は腸ホルモンの膵ポリペプチドペプチドYYに類似する。

局在

  • 細胞体
  • 神経終末


PP」

  [★]


膵」

  [★]

pancreaspancreatic
膵性膵臓


ポリペプチド」

  [★]

polypeptide
[[]]





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡