膠質浸透圧

出典: meddic

colloid osmotic pressure COP, colloid oncotic pressure
コロイド浸透圧
浸透圧



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/08/26 01:15:49」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 利尿薬による体液コンパートメントの変化 (特集 高血圧と体液管理)
  • 河原 克雅,下浜 孝郎,長沼 英明
  • Fluid management renaissance 2(4), 362-369, 2012-10
  • NAID 40019470033
  • 浮腫の鑑別診断 (特集 浮腫の鑑別・対処法・メカニズム)
  • 山本 啓二
  • Fluid management renaissance 2(3), 226-232, 2012-07
  • NAID 40019393698

関連リンク

膠質浸透圧による組織中水分の回収 血漿浸透圧と膠質浸透圧の違い 1)血漿浸透圧とは溶解している電解質が通過を制限する半透膜(細胞膜など)で隔てられた状態 で水分子が電解質側に引き込まれる圧力を浸透圧という。
血漿蛋白質(アルブミンとグロブリン) による浸透圧で水を血管内に保とうとする力のことです。 約28mmHg。 これを維持しないと循環血漿量が確保できません。 低アルブミン血症を呈する疾患ですと、膠質浸透圧が下がり
1. 毛細血管壁 皮膚 正解! は、半透膜である。 2. 毛細血管内外の水の動きに対して浸透圧を呈する物質は、毛細血管内外の移動は できる できない 正解!。 3. 塩分の方が、タンパク質より、浸透圧は 低い 高い 正解!

関連画像

 にとっての浸透圧(膠質浸透圧日々是闘日~ナースマンたかと * 、膠質浸透圧が低下します図2. 体液と浸透圧(図を  にとっての浸透圧(膠質浸透圧


★リンクテーブル★
リンク元COP
関連記事浸透圧」「膠質」「浸透」「

COP」

  [★]


浸透圧」

  [★]

osmotic pressure
圧力オスモル
  • 単位はmOsmが使われる。
  静水圧 膠質浸透圧
細動脈 細静脈
血漿 30mmHg 10mmHg 25mmHg
間質 ≒0mmHg 5mmHg



膠質」

  [★]

colloidal solution
コロイド
膠質溶液 コロイド溶液


浸透」

  [★]

osmosis
浸透圧



圧」

  [★]

pressure
圧力




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡