膠質反応

出典: meddic


和文文献

関連リンク

膠質反応(コロイド反応)とは、血清中のたん白に異常が起こったとき、血清に試薬を 加えると、たん白が混濁したり、沈殿したりするのですが、その程度を見る検査です。 肝臓病のスクリーニング検査や経過観察に利用されます。

関連画像

膠質 反応 は 従来 急性 肝炎 と 肝臓の繊維化は、ちょうど ZTT・TTT(血清膠質反応)こちらの模式図が分かりやすい ⑪膠質反応( TTT 、 ZTT )代謝→タンパク質は血液の膠質


★リンクテーブル★
拡張検索血清膠質反応
関連記事反応」「膠質

血清膠質反応」

  [★]

serum colloid reaction


反応」

  [★]

(生物)response、(化学)reactionrespondreactresponsive
応答応答性反応性返答



膠質」

  [★]

colloidal solution
コロイド
膠質溶液 コロイド溶液




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡