膜融合

出典: meddic

membrane fusionfusogenic
融合性

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 再構成プロテオリポソームとオルガネラ膜融合(バイオミディア)
  • 三間 穣治
  • 生物工学会誌 : seibutsu-kogaku kaishi 91(4), 211, 2013-04-25
  • NAID 110009597652
  • オートファゴソームSNAREの特殊な局在機構 (特集 テイルアンカー型タンパク質の細胞内輸送と膜挿入機構 : 現代生物学に残された謎の一つがいま解かれる)
  • 20aAB-13 生体膜融合における融合細孔の形成過程のシミュレーション(20aAB 生物物理,領域12(ソフトマター物理,化学物理,生物物理))
  • 川本 周平,篠田 渉
  • 日本物理学会講演概要集 67(2-2), 334, 2012-08-24
  • NAID 110009602515

関連リンク

に明らかになり,これらに基づいて(HA の構造変化で媒介される)膜融合のモデルが 提示されてい. る. クラス II に属するフラビウイルスの E やアルファウイルスの E1 も 酸性 pH で膜融合を媒介する. 膜融合蛋白である. その prefusion 構造は HA とは かなり ...

関連画像

膜融合蛋白フォーミーウイルス(foamy virus  fusion(シナプスの膜融合 embryo(胚の上皮細胞の膜融合Munc-13sは、C. elegans unc-13遺伝子 virological synapse」というのは


★リンクテーブル★
先読みfusogenic
リンク元融合性」「membrane fusion
拡張検索膜融合タンパク質
関連記事融合

fusogenic」

  [★]

膜融合の、融合性の

fusiogenicmembrane fusion

融合性」

  [★]

fusogenicfusiogenic
膜融合

membrane fusion」

  [★]

  • 膜融合
fusogenic

膜融合タンパク質」

  [★]

membrane fusion protein

融合」

  [★]

amalgamationassimilationblendingfusionintegrationmarriagemergerunionwedding





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡