膜結合タンパク質

出典: meddic

membrane-associated protein
膜タンパク内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質細胞膜タンパク質膜結合タンパク膜結合性タンパク質膜蛋白質膜結合性タンパク

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 1P-217 リン脂質-コレステロール混合二分子膜におけるコレステロール依存性膜結合タンパク質の機能発現(生体膜/人工膜・構造物性,第46回日本生物物理学会年会)
  • Morimitsu Toru,Goto Masaki,Tamai Nobutake,Nagamune Hideaki,Matsuki Hitoshi
  • 生物物理 48(SUPPLEMENT_1), S55, 2008-10-25
  • NAID 110007013379
  • ホスファチジルイノシト-ルホスホリパ-ゼC(PI-specific PLase C)の作用による膜結合タンパク質の遊離--いわゆるPI-anchoring proteinの新しい登場

関連リンク

膜タンパク質(まくタンパクしつ、Membrane protein)とは、細胞または細胞小器官などの生体膜に付着しているタンパク質分子である。タンパク質全体の半分以上が膜と関係している。膜タンパク質は、膜との関係の強さによって2つに ...
溶媒のような小さな分子は通すが、溶質は通さない性質を持つ、このような膜を半透膜 (semipermeable membrane)という。しかしながら、この性質だけでは細胞は必要な物質を取り込むことができない。 そこで膜タンパク質の登場で ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
リンク元膜タンパク質」「membrane-associated protein」「表面タンパク質」「内在性膜タンパク質」「細胞膜タンパク質
関連記事結合」「膜結合タンパク」「膜結合」「

膜タンパク質」

  [★]

membrane protein
膜タンパク膜蛋白膜蛋白質
シグナルペプチドGPIアンカー
内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質
[show details]




membrane-associated protein」

  [★]

cell membrane proteincell surface proteinintegral membrane proteinmembrane proteinsurface protein


表面タンパク質」

  [★]

surface protein
膜タンパク内在性膜タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質表在性タンパク質膜蛋白質

内在性膜タンパク質」

  [★]

integral membrane protein
膜タンパク表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質細胞膜タンパク質膜蛋白質


細胞膜タンパク質」

  [★]

cell membrane protein
膜タンパク内在性膜タンパク質表面タンパク質細胞表面タンパク質膜結合タンパク質膜蛋白質


結合」

  [★]

bindingbondlinkageconnectionconjugationconjunctionunionbonding、engagement,
bindassociateconjugatecombineconnectcoupleengagejoindockligateconjoin
会合関係関与関連協同共役組み合わせ結合性結紮結線従事接合接合体同僚ドッキングバインディング複合物付随併用抱合抱合体結びつける約束癒合癒着連関連結連合連鎖連接、連絡、団結組合参加接続一対合併組み合わせるカップル組合せ


膜結合タンパク」

  [★]

membrane-associated protein
膜結合タンパク質膜結合性タンパク質膜結合性タンパク


膜結合」

  [★]

membrane-boundmembrane-attached
膜結合型膜結合性


質」

  [★]

quality
品質




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1user/password 20
2ミタゾラム 効果 16
3Jardine, A., Neville, P. J., Dent, C., Webster, C., & Lindsay, M. D. (2014). Ross River virus risk associated with dispersal of Aedes (Ochlerotatus) camptorhynchus (Thomson) from breeding habitat into surrounding residential areas: muddy lakes, Western Australia. American Journal of Tropical Medicineand Hygiene, 91(1), 101-108. doi:10.4269/ajtmh.13-0399 16
4化生 特徴 15
5多毛日本 12
61,1024,768,24 HTTP/1.1 8
7user/register 8
8ラクテック 8
9cefpodoxime proxetil BCS 8
10盲斑 7
111,320,568,24 HTTP/1.1 7
12日常生活自立度 6
13Salivary glands 5
14viraldeath解剖 5
15ルリッシュ症候群 5
16サイズの原理 筋電図 5
17メトロイリーゼ 4
18?mesterolon? Britain 4
19vitブラウザの1時間2.3時間を見る方法 4
20ハルトマン 4

昨日の人気記事
 タイトル表示
1user/password 9
2医の倫理 国際網領 4
3ハルトマン 3
4ソルデム 3
5顔面失行 3
6動脈血柱反射 3
7ワレンベルグ症候群 3
8monnro-kou 3
9扁平コンジローマ 3
10サーモグラフィー 末梢循環障害 2
11化学性腹膜炎 2
12高カルシウム血症 2
13シンプソン徴候 2
14自動性 2
15眼球圧迫法 2
16ポイツイエーガー症候群 2
17albright 症候群 2
18心窩部痛 2
19シドフォビル 2
20強皮症 下部食道蠕動運動 2