膀胱損傷

出典: meddic

bladder injury
膀胱破裂膀胱


分類

出典不明
  • 腹膜外膀胱損傷:膀胱は損傷を受けているが、腹腔内と交通していないもの。
  • 腹膜内膀胱損傷:膀胱、腹膜が損傷を受け腹腔内と交通しているもの。

病因

  • 外傷性
  • 医原性:手術など

症状

検査

  • KUB
  • 骨盤骨折の有無、麻痺性イレウスの検出
  • 逆行性尿道膀胱造影
  • 尿道損傷、腹膜外膀胱損傷、腹膜内膀胱損傷の検出
  • 腹膜外膀胱損傷:涙滴状陰影(涙滴状像)
  • 腹膜内膀胱損傷:火焔状陰影 → 造影剤が腹腔を上行する様が火焔状らしい
  • 造影CT
  • 多臓器損傷、腎損傷の検出

治療

  • 腹膜外膀胱損傷:軽度であれな保存的治療(尿道カテーテル留置、抗菌薬投与)し、治癒しないあるいは感染が生じれば経皮的ドレナージ、あるいは外科的処置を行う。重症であれば、腹膜内膀胱損傷に従う。
  • 腹膜内膀胱損傷:開腹手術とする。損傷部位の縫合、腹腔内と膀胱の洗浄・ドレナージ、抗菌薬投与。

参考

  • 1. [charged] Blunt genitourinary trauma - uptodate [1]


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 尿道外傷,膀胱破裂 (特集 泌尿器科救急疾患 : あなたの対処は間違っていませんか?)
  • 野村 威雄,三股 浩光
  • 臨床泌尿器科 67(10), 785-791, 2013-09
  • NAID 40019804359
  • 膀胱,尿道損傷 (特集 泌尿器科救急の実際) -- (外傷)
  • 加藤 晴朗
  • 救急医学 = The Japanese journal of acute medicine 36(13), 1812-1816, 2012-12
  • NAID 40019528167
  • 症例 児童虐待が疑われたネイルガンによる膀胱損傷
  • 杉山 和隆,濱野 敦,河村 秀樹
  • 臨床泌尿器科 66(13), 1051-1054, 2012-12
  • NAID 40019507302
  • 帝王切開術後の膀胱損傷に Mycoplasma hominis 感染による膿瘍を併発した症例
  • 八木橋 祐亮,加藤 敬司,長濱 寛二 [他],山本 雅一,金丸 洋史,西澤 明未,上田 創平,永野 忠義,飯藤 豪一
  • 日本泌尿器科學會雜誌 102(5), 705-708, 2011-09-20
  • … 認め,膀胱損傷の修復術を施行した.術後3日目より38度以上の発熱を認め,数種類の抗生物質の治療にても改善せず,創が離開した.創部培養からMycoplasma hominisが検出され,CTにて膀胱子宮周囲に膿瘍形成を認め,再度開腹術を施行した.膀胱損傷の修復部位と帝王切開術部の子宮筋層は完全に壊死しており再度修復術を行った.初産婦における帝王切開術による膀胱損傷は比較 …
  • NAID 10030041908

関連リンク

膀胱損傷。どんな外傷か・原因は何か 膀胱の損傷は、交通事故、労働災害、スポーツ、 手術時によって引き起こされます。 解剖からみると膀胱は恥骨(ちこつ)後面の骨盤内に 存在するため、通常は外力を受けにくい状態にありま gooヘルスケア 家庭の医学。
家庭医学館 膀胱損傷の用語解説 - [どんな病気か] 膀胱は空(から)の状態では、恥骨( ちこつ)の裏側にあるため、外力を受けにくいのですが、尿が充満しているときに、下腹部 に強い外力が加わると、破裂して尿が膀胱の外にもれだします。このような状態を膀胱 ...

関連画像

生きていると、いつ事故や怪我 少ないですが、膀胱粘膜を損傷 写真5(No.769)朱朗軒醫師表示,膀胱脫垂  。これが膀胱損傷です開腹手術脊髓損傷


★リンクテーブル★
国試過去問104G004
リンク元膀胱破裂
関連記事膀胱」「損傷」「

104G004」

  [★]

  • 産科手術と合併症の組合せで正しいのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 104G003]←[国試_104]→[104G005

膀胱破裂」

  [★]

bladder rupture, vesical rupture
膀胱損傷 bladder injury
膀胱外傷



膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






損傷」

  [★]

injury, lesion
傷害
  • 損傷 injury:組織の生理的な連絡が絶たれる、または機能が傷害された状態 → 機能障害が含まれる。
  • 機械的なエネルギーにより生じた損傷。
  • 外力によって生じた組織損傷を総括して創傷と言うが、皮膚や粘膜の連続性が離断した開放性損傷を<創>、連続性が保持された閉鎖性損傷を<傷>と区別して用いることがある(SLE.12)

分類(SLE.106)

  • 鈍体損傷
  • 鋭器損傷
  • 刺器・尖器によるもの
  • 銃器・火薬による損傷

参考

  • 1.
[display]http://www.jaam.jp/html/dictionary/dictionary/word/0906.htm
  • 2.
[display]http://www.med.nagoya-cu.ac.jp/legal.dir/lectures/newest/node4.html



傷」

  [★]

wound
創傷傷つける





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡