膀胱憩室

出典: meddic

bladder diverticulum



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 放射線治療と動注化学療法で局所制御が可能であった膀胱原発未分化癌の1例
  • 有地 直子,三井 要造,井上 圭太,小原 千明,平岡 毅郎,和気 功治,井上 省吾,洲村 正裕,安本 博晃,本田 聡,椎名 浩昭,井川 幹夫,丸山 理留敬
  • 西日本泌尿器科 73(3), 114-117, 2011-03-20
  • NAID 10029069915
  • 成人になって尿閉をきたした先天性膀胱憩室の1例
  • 藤田 直之,多武保 光宏,宍戸 俊英,桶川 隆嗣,奴田原 紀久雄,東原 英二
  • 日本泌尿器科學會雜誌 101(4), 619-621, 2010-05-20
  • … 症例は24歳,男性.小児期に膀胱憩室を指摘されていたが治療は行われていなかった.24歳になり,尿閉と尿路感染症になり,近医から紹介され受診した.CT,MRIで膀胱後面に10×8cm大の膀胱憩室を認めた.尿閉をきたした膀胱憩室症に対して,膀胱憩室切除術と左尿管膀胱新吻合術を施行した.切除標本の組織学的所見は菲薄化した筋層を有する膀胱壁であった.術後自排尿は …
  • NAID 110007619532
  • 膀胱憩室内に発生した扁平上皮癌
  • 山口 唯一郎,上阪 裕香,古賀 実 [他]
  • 臨床泌尿器科 64(1), 71-74, 2010-01
  • NAID 40016885393
  • 巨大膀胱憩室内に発生した平滑筋肉腫の1例
  • 辻田 裕二郎,住友 誠,田崎 新資 [他]
  • 泌尿器科紀要 55(12), 761-764, 2009-12
  • A 68-year-old man was admitted to our hospital for investigation of dysuria and palpable lower abdominal mass. Computed tomography and magnetic resonance imaging demonstrated a huge bladder diverticul …
  • NAID 120001788531

関連リンク

膀胱憩室。どんな病気か・原因は何か 膀胱の一部が膀胱外に突出したものです。 膀胱 から尿道口までに、何らかの通過障害があって膀胱内の圧力が高まった時に、膀胱壁 の一部に圧力に弱い部位があると、その部分が膀胱外に突出 gooヘルスケア 家庭の ...
膀胱憩室。どんな病気か・原因は何か 膀胱の一部が膀胱外に突出したものです。 膀胱 から尿道口までに、何らかの通過障害があって膀胱内の圧力が高まった時に、膀胱壁 の一部に圧力に弱い部位があると、その部分が膀胱外に突出 gooヘルスケア 家庭の ...
膀胱憩室では、膀胱にできた小部屋状の空間に尿が溜まることで、細菌が繁殖しやすく なります。 脊髄疾患で脳 ... 膀胱がしぼんでいるときは良いのですが、膀胱が膨らんで くると、膀胱壁の弱い部分が圧力で伸ばされ、憩室という小部屋になります。 原因は、 ...

関連画像

膀胱多发憩室膀胱憩室膀胱憩室得了膀胱憩室,怎么办膀胱憩室膀胱憩室的声象图特征:


★リンクテーブル★
国試過去問096A038」「097D039」「097H042
リンク元下部尿路症状
関連記事膀胱」「憩室」「

096A038」

  [★]

  • 77歳の男性。6年前から頻尿、残尿感および排尿困難があったが、最近、症状が悪化したため来院した。腹部は平坦で腸雑音は正常。尿所見に異常はない。血清生化学所見:尿素窒素28mg/dl、クレアチニン1.2mg/dl。PSAく前立腺特異抗原)2.3ng/ml(基準4.0以下),静脈性尿路造影30分の写真を以下に示す。みられる所見はどれか。
  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)


[正答]
※国試ナビ4※ 096A037]←[国試_096]→[096A039

097D039」

  [★]

  • 2歳の女児。繰り返す尿路感染の精査のため来院した。1歳5か月ころから時々高熱をきたし、近医で尿路感染症の診断で保存的治療を統けている。排尿時膀胱尿道造影写真を以下に示す。
  • 原因として考えられるのはどれか。


[正答]
※国試ナビ4※ 097D038]←[国試_097]→[097D040

097H042」

  [★]

  • a. (1)(2)(3)
  • b. (1)(2)(5)
  • c. (1)(4)(5)
  • d. (2)(3)(4)
  • e. (3)(4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 097H041]←[国試_097]→[097H043

下部尿路症状」

  [★]

lower urinary tract symptoms, LUTS
下部尿路機能障害 LUTD(蓄尿障害排尿障害の総称)
  • 症候 100105I

概念

下部尿路症状

SURO.37
  • 1. 蓄尿症状
  • 2. 排尿症状
  • 尿勢低下:BPHの典型的な症状
  • 尿線途絶
  • 排尿遷延(遷延性排尿、再延性排尿)
  • 腹圧排尿
  • 排尿時間の延長:苒延性排尿
  • 排尿終末滴下
  • 3. 排尿後症状
  • 残尿感
  • 排尿後尿滴:中高年男性では尿道内残尿で起こり、BPHによく見られる。
  • 二段尿:膀胱憩室膀胱尿管逆流症


参考

  • まとまっている
[display]http://www.luts.gr.jp/070_system/pdf/dl_first2.pdf



膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






憩室」

  [★]

diverticulum



室」

  [★]

ventricleventriculusventriculiventricular
心室心室性脳室




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡