膀胱テネスムス

出典: meddic

vesical tenesmus
tenesmus vesicae
膀胱しぶり、膀胱性裏急後重、膀胱痙攣 bladder spasm
テネスムス
  • 排尿後に強い尿意をきたす状態。
  • 原因:細菌性疾患(急性膀胱炎、急性前立腺炎など)、非細菌性疾患(膀胱結石、下部尿道結石、前立腺肥大症、前立腺癌)


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 前立腺手術後の膀胱テネスムス症状に対する硬膜外ケタミン注入療法について : 第269回新潟地方会
  • 笹川 亨,西山 勉
  • 日本泌尿器科學會雜誌 80(11), 1682-1683, 1989-11-20
  • NAID 110003092745
  • 経尿道的前立腺切除術の術中・術後出血に関する検討 - Morphine又はBuprenophineの硬膜外腔注入による術後出血抑制効果 -
  • 加藤 弘彰,斉藤 雅昭,金藤 博行,入沢 千晶
  • 泌尿器科紀要 32(6), 827-833, 1986-06
  • … 各部を被膜近くまで切除してから隣りに移るようにすること,一葉の大半を切除したら対側に移り最後に残存する腺腫を根治的に切除するなどの手技の改良が必要と考えられた.2)前立腺手術の術後出血は,膀胱テネスムスにより誘発増悪しており,術後疼痛の出現を充分に抑えうれば再出血を防止しうると考えられた.硬膜外腔にmorphineあるいはbuprenophineを注入して,術後出血量を対照群の30%にまで減少せしめえた.3)術後の止 …
  • NAID 120002159305

関連リンク

膀胱テネスムスとは。意味や解説。膀胱 テネスムス は、排尿(はいにょう)してもすぐに強い尿意がおこってくる状態のことです。 実際に排尿回数が増える頻尿(ひんにょう)や、頻繁(ひんぱん)に尿意だけをもよおす場合が ...
膀胱しぶり(膀胱テネスムス、膀胱性裏急後重)はどんな病気か、原因は何か、何科を受診したらよいか、症状、検査と診断、治療方法について解説します。メディカルiタウンは、NTTタウンページ(株)が運営する医療総合サイトです。

関連画像

中膂兪 ちゅうりょゆ


★リンクテーブル★
リンク元尿意頻数
関連記事膀胱」「テネスムス

尿意頻数」

  [★]

urinary frequency, pollakisuria, pollakiuria
頻尿
膀胱テネスムス


膀胱」

  [★]

urinary bladder (M,N), bladder (Z)
vesica urinaria
膀胱容量
  • 図:N.353

組織

  • 粘膜には多くのヒダが存在し、膀胱が伸展すると消える (HIS.388)
  • 被蓋細胞+移行上皮細胞 (HIS.388)
女性 上部 移行上皮
下部 非角化重層扁平上皮
男性 前立腺部 移行上皮
隔膜部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
海綿体部 重層円柱上皮
多列円柱上皮
非角化重層扁平上皮

血管(M.210)

  • 図:N.327,328
  男性 女性
膀胱の前上部 上膀胱動脈 上膀胱動脈
膀胱底、膀胱頚 下膀胱動脈 膣動脈






テネスムス」

  [★]

  • 直腸テネスムス
  • 尿テネスムス
  • 膀胱テネスムス




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡