腺腫症

出典: meddic

adenomatosis

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 甲状腺髄様癌の肝転移巣からの異所性副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)産生か疑われた多発性内分泌腺腫症2B型(MEN2B)の1例
  • 黒住 旭,岡田 洋右,新生 忠司 [他],中本 裕士,富樫 かおり,田中 良哉
  • 産業医科大学雑誌 35(3), 193-199, 2013-09-01
  • 症例は31歳女性で,10歳時に多発性内分泌腺腫2B型(MEN 2B)と診断された.徐々に皮膚の黒色色素沈着が広がり,副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)高値を認め,異所性ACTH症候群の合併が疑われた.副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)負荷試験ではクッシング病は否定的で,異所性ACTH症候群に矛盾しない結果であった.腹部CTで肝の多発する低吸収域を認め,ACTH産生部位として甲状腺髄様癌の肝転 …
  • NAID 110009657657
  • 種々のポリポーシスの癌化と臨床 (特集 大腸癌の組織発生・発育進展を再考する)
  • 前畠 裕司,平橋 美奈子,松本 主之
  • 大腸癌frontier 5(4), 354-357, 2012-12
  • NAID 40019553787
  • 5. 膵神経内分泌腫瘍の外科(<特集>内分泌外科の現状と将来)
  • 柴田 近,江川 新一,元井 冬彦 [他],森川 孝則,内藤 剛,海野 倫明,佐々木 巖
  • 日本外科学会雑誌 113(6), 502-506, 2012-11-01
  • NAID 110009554103

関連リンク

線維腺腫・乳腺症の見極めはどこか! 超音波・病理画像720枚の供覧 線維腺腫・乳腺症を極める 乳腺良性疾患クラブに集まれ 聖路加国際病院放射線科医長 角田博子 癌研究会癌研究所病理部部長 秋山太 編著
まっきーと申します。平成22年に家族性大腸腺腫症と判明しました。平成22年から現在までの手術、闘病を振り返ったブログです。日常記はリンク欄から『ポリポーシス&BT日記』があります。よろしくお願いします

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
拡張検索多発性内分泌腺腫症II型」「ヒツジ肺腺腫症」「皮膚良性リンパ腺腫症」「肺腺腫症」「多発性内分泌腺腫症候群
関連記事腺腫」「

多発性内分泌腺腫症II型」

  [★]

multiple endocrine neoplasia type II
多発性内分泌腺腫症2型、多発性内分泌腫瘍症2型多発性内分泌腫瘍症II型

ヒツジ肺腺腫症」

  [★]

ovine pulmonary adenomatosis
ヒツジ肺腺腫ヤーグジークテ

皮膚良性リンパ腺腫症」

  [★]

lymphadenosis benigna cutis, LABC


肺腺腫症」

  [★]

pulmonary adenomatosis


多発性内分泌腺腫症候群」

  [★] 多発性内分泌腫瘍症


腺腫」

  [★]

adenoma
アデノーマ
腫瘍癌腫 carcinoma



症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡