出典: meddic

gland
glandula
腺細胞分泌



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2013/08/30 09:36:25」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 特集 「雅子妃」義弟が懸念する福島県「甲状がん」の過剰診断
  • 2014年5月19日福島県「県民健康調査」検討委員会発表分データによる甲状検診分のまとめ
  • 子宮筋症に対する手術療法 (AYUMI 子宮内膜症・子宮筋症治療の新展開)
  • 長田 尚夫
  • 医学のあゆみ 249(13), 1316-1324, 2014-06-28
  • NAID 40020099961

関連リンク

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 腺の用語解説 - 分泌を営む臓器で,おもに腺上皮細胞で構成されている。独自の化学的物質を分泌して,血液やリンパ内に直接送り出す内分泌腺と,体表や体腔内に導管を通じて分泌物を出す ...
腺で始まる言葉の辞書すべての検索結果。せん【腺】,せん【腺】[漢字項目],せんがん【腺癌】,せんさいぼう【腺細胞】,せんしゅ【腺腫】,せん【腺】,せんじょうの【腺状の】,せんびょうしつ【腺病質】,せんびょうしつの【腺病質の ...

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。

添付文書

薬効分類名

  • 無排卵性不妊症治療剤

販売名

HMG「TYK」100注用

組成

成分・含量(1アンプル中)

  • ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン
  • 卵胞刺激ホルモン(FSH)として100単位
  • ヒト(閉経婦人)尿由来

添加物(1アンプル中)

  • パラオキシ安息香酸エチル 0.33mg
    D-マンニトール 6.67mg
    リン酸水素ナトリウム水和物 0.87mg
    リン酸二水素ナトリウム 0.433mg
    水酸化ナトリウム 適量

禁忌

  • エストロゲン依存性悪性腫瘍(例えば、乳癌、子宮内膜癌)及びその疑いのある患者〔腫瘍の悪化あるいは顕性化を促すことがある。〕
  • 卵巣腫瘍の患者及び多のう胞性卵巣症候群を原因としない卵巣腫大のある患者〔卵胞刺激ホルモン作用によりその症状を悪化させることがある。〕
  • 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人〔「妊婦、産婦、授乳婦等への投与」の項参照〕

効能または効果

間脳性(視床下部性)無月経、下垂体性無月経の排卵誘発

  • 〔本剤は女性不妊症のうち視床下部−下垂体系の不全に基因するもので、無月経、稀発月経または他の周期不順を伴うもの、すなわち尿中ゴナドトロピン分泌が正常かそれより低い症例で他の内分泌器官(副腎、甲状腺など)に異常のないものに用いられる。〕
  • 本剤1アンプルを添付の溶解液1.33mLで溶解したのち、1日FSHとして75〜150単位を連続筋肉内投与し、頸管粘液量が約300mm3以上、羊歯状形成(結晶化)が第3度の所見を呈する時期を指標として(4〜20日間、通常5〜10日間)、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモンに切り換える。
    本剤の用法・用量は非常に複雑であり、使用に際しては医師の厳密な臨床検査が必要である。特に用量については症例ごとに医師により決められねばならない。

慎重投与

  • 子宮筋腫のある患者〔子宮筋腫の発育を促進するおそれがある。〕
  • 子宮内膜症のある患者〔症状が増悪するおそれがある。〕
  • 乳癌の既往歴のある患者〔乳癌が再発するおそれがある。〕
  • 乳癌家族素因が強い患者、乳房結節のある患者、乳腺症の患者又は乳房レントゲン像に異常がみられた患者〔症状が増悪するおそれがある。〕

重大な副作用

  • 本剤の投与に引き続き、ヒト絨毛性性腺刺激ホルモン製剤を用いた場合又は併用した場合、卵巣腫大、下腹部痛、下腹部緊迫感、腹水・胸水を伴う卵巣過剰刺激症候群があらわれることがある。これに伴い、血液濃縮、血液凝固能の亢進、呼吸困難等を併発することがあるので、直ちに投与を中止し、循環血液量の改善につとめるなど適切な処置を行うこと。
  • 卵巣過剰刺激症候群に伴い、血栓症、脳梗塞を引き起こすことがある。
  • 卵巣過剰刺激症候群に伴い、呼吸困難、肺水腫を引き起こすことがある。
  • 卵巣過剰刺激症候群に伴い、卵巣破裂、卵巣茎捻転を引き起こすことがある。

薬効薬理

  • ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン(hMG)は卵胞刺激ホルモン(FSH)活性を有し、卵巣に作用して原始卵胞から発育卵胞を形成する。次いで黄体形成ホルモン(LH)との協力により卵胞を成熟させ、卵胞ホルモンを分泌させて排卵を誘発する(Wistarラット)。

有効成分に関する理化学的知見

一般名

  • ヒト下垂体性性腺刺激ホルモン
    (Human Menopausal Gonadotrophin)

性状

  • 白色〜微黄色の粉末である。水にやや溶けやすい。


★リンクテーブル★
先読み腺細胞」「分泌
国試過去問108I022
リンク元gland」「腺性
拡張検索胸腺腫」「性腺刺激ホルモン」「生殖腺静脈」「胸腺外

腺細胞」

  [★]

adenocyte, glandular cell



分泌」

  [★]

secretion




108I022」

  [★]

  • 潰瘍性大腸炎患者の直腸粘膜生検組織の H-E染色標本 (別冊 No. 5)を別に示す。
  • 矢印で示す所見はどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 108I021]←[国試_108]→[108I023

gland」

  [★]

WordNet   license wordnet

「any of various organs that synthesize substances needed by the body and release it through ducts or directly into the bloodstream」
secretory organ, secretor, secreter

PrepTutorEJDIC   license prepejdic

「(生物体内の)腺(せん)」


腺性」

  [★]

glandular


胸腺腫」

  [★]

thymoma, thymomas
胸腺縦隔腫瘍

概念

  • 上縦隔の前部、前縦隔の前部に発生
  • 胸腺固有の上皮細胞が腫瘍化したもの。precursor T cell(thymocytes)も存在することがあるが、悪性ではない。

分類

  • begign or encapsulated thymoma
  • malignant thymoma
  • type I: cytologically benign but biologically aggressive and capable of local invasion and, rarely, distant spread
  • type II: also called thymic carcinoma: cytologically malignant with all of the features of cancer and comparable behavior
HIM. e89
組織型 割合,% 予後(10-year
disease-free survival), %
A medullary thymoma 8 100
AB mixed thymoma 17 100
B1 predominantly cortical thymoma 27 83
B2 cortical thymoma 8 83
B3 well-differentiated thymic carcinoma 12 36
C thymic carcinoma 28 28

病因

  • 不明なことが多い。EBウイルスが関わっているかもしれない

疫学

  • 胸腺腫は希であって、悪性のものはさらに希
  • 全縦隔腫瘍の20-30%を占める。
  • どの年齢にも起こりうるが、とりわけ中年に後発する。平均50歳代。

症状

  • 30%:無症状。
  • 30-40%:CTでとらえられ、咳嗽、胸痛、呼吸困難、上大静脈症候群などの周胸臓器圧迫症状
  • 残り:全身病の合併
  • 左反回神経を圧迫して嗄声もありうる、と思う

合併症

症例

  • 40歳の女性。夕方になると、ものが二重に見える(複視)ことを主訴に来院した。眼瞼下垂を認める。血液検査では網赤血球の減少を認める。

参考

  • 1. 15-year-old boy with noninvasive cystic thymoma
http://www.ajronline.org/cgi/content-nw/full/186/4/1176/FIG5
  • 2.
http://telomelysin.com/article/52766550.html
  • 3. Imaging of Cystic Masses of the Mediastinum1
http://radiographics.rsna.org/content/22/suppl_1/S79.full



性腺刺激ホルモン」

  [★]

gonadotropin, gonadotropins (Z), gonadotropic hormone GTH
ゴナドトロピン
FSHLH性腺刺激ホルモン放出ホルモン GnRH

男性

SP.904 SURO.294


生殖腺静脈」

  [★]

gonadal vein
[[]]


胸腺外」

  [★]

extrathymicextrathymically




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1マーフィー徴候 18
2narrow segment 16
3" wounds are made"  15
4グレイ症候群 15
5"phenoxypolyethoxylethanol" 15
6ロイシンエンケファリン 13
7硝酸ミコナゾール 11
8Common Laboratory Equipment 11
9content 10
10だいすいたいしんけい 9
11粟粒結核と肉下種 9
12全身性ヒマン細胞小 9
13細胞内寄生菌 9
14kligler培地 原理 9
15不整脈  9
16角膜反射 中枢 9
17膜性骨化 8
18ソルデム 8
19ハプロ不全 疾患 8
20日本多毛 8

昨日の人気記事
 タイトル表示
1" wounds are made"  15
2kligler培地 原理 9
3kligler培地 硫化鉄 4
4ǸCαꥦ륹ΤǤ뤳ȤŦƤ֤Ƥ 4
5歳の女性。右目の疼痛、充血および霧視を主訴に来院した。眼底に異常を認めない。視力は右 0.9 (矯正不能)、左 1.2 (矯正不能)。眼圧は右 11 mmHg、左 12 mmHg。フルオレセイン染色後の前眼部写真 (別冊No. 5) を別に示す。 治療薬として適切なのはどれか。 4
6胃癌 borrmann分類 3
7回復過程 3
8ジェンドラシック法 メカニズム 3
9しょうすいたいしんけい 3
10ラリンゲルマスク ゼリー 3
11ハッセルバッハ三角 3
12白内障 grade 3
13フォンギールケ病 3
14マッコーネルサイン 3
15小児骨折 好発部位 3
16咽頭神経叢 3
17低アルドステロン症 3
18フロマン徴候 3
19オーグメンチン 販売中止 3
20クスマウル徴候 3