腹部膨隆

出典: meddic

abdominal swelling
腹部膨満


原因

5つのF(Five Fs)

IMD.529

  • 消化管内ガスの異常集積
  • 腹腔内の液体・気体貯留
  • 腹腔内蔵機・後腹膜臓器の異常腫大:腫瘍、妊娠至急、腹部大動脈瘤
  • 腹膜の異常:腹壁内腫瘍、皮下脂肪、腸間膜脂肪沈着
  • 精神的疾患:発作性腹部膨満症神経性腹部緊満症など

和文文献

関連リンク

関連画像

腹部膨隆腹部膨隆腹部膨隆2大量肝腹水时腹部膨隆腹部膨隆肥満による腹部膨隆

添付文書


薬剤と関係ないページで押した場合何も表示されません。混雑の程度によりますが、表示までに1分くらいかかります。
Nothing is displayed when pushing on an unrelated page to the drug. It takes display about one minute though it depends on the level of congestion.


★リンクテーブル★
国試過去問109E062」「109E060」「109E061」「097C010」「097F039」「101E001」「100D012」「098D040」「095G030」「102F019」「099B034
リンク元腹部膨満
関連記事腹部」「膨隆

109E062」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • 3か月後に発熱と腰背部痛とに加えて尿量が減少したため再度来院した。左腰背部に叩打痛を認め腎嚢胞の感染を疑った。
  • 正しいのはどれか。
  • a 尿培養検査が高率に陽性となる。
  • b Gram陰性菌が原因である可能性が高い。
  • c MRIは嚢胞感染の診断に特異度が高い。
  • d 感染嚢胞ドレナージは有用性が低い。
  • e 腎摘出術は禁忌である。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E061]←[国試_109]→[109E063

109E060」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • 今後経過中に出現すると考えられる症候として可能性が最も高いのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E059]←[国試_109]→[109E061

109E061」

  [★]

  • 次の文を読み、60~62の問いに答えよ。
  • 63歳の女性。腹部膨隆尿失禁とを主訴に来院した。
  • 現病歴:2年前から腹部膨満感を認めるようになった。次第に腹部膨隆が目立つようになり、食欲はあるが食事をとるのがつらく、時々尿失禁を認めるようになったため受診した。
  • 既往歴:30歳時に子宮内膜症
  • 生活歴:幼少期に両親が離婚して母親と2人で暮らしていたが、母親が死亡したため3年前からは一人暮らし。
  • 家族歴:父親は詳細不明。母親が肺炎のため85歳で死亡。
  • 現症:意識は清明。身長 157cm、体重 55kg。体温 36.5℃。脈拍 84/分、整。血圧 166/90mmHg。呼吸数 18/分。SpO2 98%(room air)。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。頸静脈の怒張を認めない。甲状腺腫と頸部リンパ節とを触知しない。心音と呼吸音とに異常を認めない。腹部は著明に膨隆し、腫大した肝と腫瘤とを腹部全体に触知する。腸雑音に異常を認めない。四肢に異常を認めない。
  • 検査所見:尿所見:蛋白(-)、糖(-)、ケトン体1+、潜血1+、沈渣に白血球を認めない。血液所見:赤血球 406万、Hb 12.3g/dL、Ht 41%、白血球 6,130、血小板 22万。血液生化学所見:総蛋白 7.8g/dL、アルブミン 4.5g/dL、総ビリルビン 0.4mg/dL、AST 18IU/L、ALT 9IU/L、LD 157IU/L(基準 176~353)、ALP 288IU/L(基準 115~359)、γ-GTP 44IU/L(基準 8~50)、アミラーゼ 95IU/L(基準 37~160)、尿素窒素 24mg/dL、クレアチニン 1.2mg/dL、尿酸 6.3mg/dL、血糖 98mg/dL、総コレステロール 195mg/dL、トリグリセリド 152mg/dL、Na 140mEq/L、K 3.9mEq/L、Cl 103mEq/L。腹部単純CTの冠状断像(別冊No. 12)を別に示す。
  • この時点での対応として適切でないのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 109E060]←[国試_109]→[109E062

097C010」

  [★]

  • 次の文を読み、10~12の問いに答えよ。
  • 68歳の男性。嚥下障害を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 6か月前から胸骨後部の不快感を自覚していた。1か月前、食事中に肉片がつかえたがお茶を飲んで通過した。その後、固形物が頻回につかえるようになった。最近1か月で5kgの体重減少がみられた。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 生活歴 : 飲酒:日本酒2合/日、40年間。喫煙:30本/日、40年間。
  • 現症 : 身長162cm、体重47kg。左側の頚部と鎖骨上窩とにリンパ節を触知する。
  • 検査所見 : 血液所見:赤血球280万、Hb9.5g/dl、白血球7,900。血清生化学所見:総蛋白5.8g/dl、アルブミン3.2g/dl、AST18単位(基準40以下)、ALT16単位(基準35以下)。入院後の食道造影写真(別冊No.4)を別に示す。
  • 入院時、嚥下障害のほかに予想される症候はどれか。


[正答]


※国試ナビ4※ 097C009]←[国試_097]→[097C011

097F039」

  [★]

  • 次の文を読み、39、40の問いに答えよ。
  • 72歳の男性。呼吸困難のため家族に付き添われて来院した。
  • 現病歴 : 5年前から肺気腫による慢性呼吸不全で治療中であった。3日前から感冒様症状が出現し、その後呼吸困難が増強し階段の昇降が困難になった。
  • 既往歴 : 特記すべきことはない。
  • 現症 : 意識は清明。体温37.8℃。呼吸数18/分。脈拍108/分、整。血圧110/80mmHg。下腿浮腫と頚静脈怒張とを認める。
  • 検査所見 : 尿所見:蛋白1+、糖(-)。血液所見:赤血球450万、Hb15.2g/dl、Ht43%、白血球10,200。血清生化学所見:総蛋白6.4g/dl、尿素窒素25mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、AF36単位(基準40以下)、ALT32単位(基準35以下)、LDH364単位(基準176~353)、Na140mEq/l、K4.0mEq/l、Cl 102mEq/l。動脈血ガス分析(自発呼吸、room air):pH7.32、PaO2 54Torr、PaCO2 48Torr。心電図で右室負荷所見を認める。
  • この患者にみられるのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 097F038]←[国試_097]→[097F040

101E001」

  [★]

  • 次の文を読み、1~3の問いに答えよ。
  • 34歳の男性。急速に強くなった腹痛のため搬入された。
  • 現病歴: 昨日、夕食を午後8時に摂取した。午後11時ころに臍部を中心とした腹痛があり、最初は普通便、続いて水様便が始まり、夜間にも3回排便があった。妻もその頃から下痢を認めていた。今朝は朝食を摂取せず出社した。出社後、腹痛が周期性となり、血液の混じった粘液便を2回認めた。痛みのためうずくまっていたため、同僚が救急隊を要請した。
  • 既往歴: 特記すべきことはない。
  • 生活歴: 飲酒はビール1本を週に1回。喫煙はない。最近1年の海外渡航歴はない。
  • 現症: 意識は清明。顔貌は苦悶様。身長165cm、体重64kg。体温38.3℃。脈拍96/分、整。血圧106/80mmHg。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない。心音と呼吸音とに異常を認めない。
  • この患者に予想される身体所見はどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 101D050]←[国試_101]→[101E002

100D012」

  [★]

  • 72歳の男性。体動時の息切れ動悸とを主訴に来院した。数年来、時々新鮮血が便に付着していたが、最近付着する頻度が増え残便感を自覚するようになった。10日前から下血を繰り返し、体動時の息切れと動悸とが出現した。意識は清明。体温36.8℃。脈拍108/分、整。仰臥位血圧110/80mmHg、坐位血圧92/60mmHg。眼瞼結膜は貧血様で眼球結膜に黄疸を認めない。心尖部に2/6度の収縮期雑音を聴取する。血液所見:赤血球392万、Hb9.6g/dl、Ht28%、白血球4,000、血小板40万。血清生化学所見:総蛋白6.6g/dl、アルブミン3.6g/dl、尿素窒素16mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、総コレステロール192mg/dl、総ビリルビン0.8mg/dl、AST40単位、ALT32単位、Na137mEq/l、K4.0mEq/l、Cl100mEq/l。
  • この患者で認められる可能性が最も高いのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 100D011]←[国試_100]→[100D013

098D040」

  [★]

  • 24歳の女性。下腹部痛腹部膨隆とを主訴に来院した。
  • 未婚、未経妊。12歳初経。月経周期28日型、整。1か月前から下腹部に鈍痛を感じていたが、2週前から下腹部全体が膨隆し、3日前から37.8℃の発熱が持続している。
  • 来院時、臍を頂点とする硬い腫瘤を触れる。尿中hCG検査陰性。血液検査と血清生化学検査とに異常を認めない。
  • 腫瘍マーカー:α-フェトプロテイン(AFP)28,000ng/(基準20以下)、CEA 2.0ng/ml(基準5以下)、CA19-9 28U/ml(基準37以下)、CA125 82U/ml(基準35以下)。
  • 腹部超音波検査で腫瘤はほとんど充実性である。骨盤部MRIのT2強調像を以下に示す。
  • まず行うべき治療はどれか。
  • a. 卵巣腫瘍核出術
  • b. 患側付属器摘出術
  • c. 単純子宮全摘出術および両側付属器摘出術
  • d. 癌化学療法
  • e. 放射線療法


[正答]
※国試ナビ4※ 098D039]←[国試_098]→[098D041

095G030」

  [★]

  • 35歳の男性。1週前から腹部膨満感が出現したため来院した。3か月前から時々黒色便があったが放置していた。2か月で3kgの体重減少がある。身長165cm、体重50kg。眼瞼結膜に貧血を認める。左鎖骨上窩に小指頭大の硬いリンパ節を触知るする。肺肝境界の上昇と波動のある腹部膨隆とを認める。腹腔穿刺をしたところ腹水が採取された。この腹水について予想されるのはどれか。
  • (1) 血性である
  • (2) 蛋白は少ない
  • (3) 糖は低値である
  • (4) 細胞成分は少ない
  • (5) 利尿薬に反応しにくい
  • a. (1)(2)
  • b. (1)(5)
  • c. (2)(3)
  • d. (3)(4)
  • e. (4)(5)
[正答]


※国試ナビ4※ 095G029]←[国試_095]→[095G031

102F019」

  [★]

  • 42歳の男性。腹痛を主訴に来院した。昨日から悪心とともに腹痛が上腹部に出現し、次第に増強しながら右下腹部に限局してきた。身長172cm、体重67kg。体温37.6℃。脈拍76/分、整。血圧136/72mmHg。血液所見:赤血球452万、白血球11,800。腹部所見で認めないのはどれか。
[正答]


※国試ナビ4※ 102F018]←[国試_102]→[102F020

099B034」

  [★]

[正答]


※国試ナビ4※ 099B033]←[国試_099]→[099B035

腹部膨満」

  [★]

abdominal distension, bloating, abdominal bloating, abdominal fullness
腹部膨隆 abdominal swelling膨隆腹



腹部」

  [★]

abdomen


腹部の9つの領域

M.111
RH right hypochondriac 右下肋部 E epigastric 上胃部 LH left hypochondriac 左下肋部
RL right lumbar 右側腹部 U umbilical 臍部 LL left lumbar 左側腹部
RI right inguinal 右鼡径部 P pubic 恥骨部 LI left inguinal 左鼡径部
  • 器官や痛みの位置を記載するため

腹腔を仕切る2つの面

腹部の4つの領域

(M.112)
右上腹部 右上腹部
右下腹部 右下腹部
  • 身体所見を記述するために、4つの領域で分ける
  • 水平面
  • 垂直面
    • 正中面で正中を通り、身体の左右両半に分ける


膨隆」

  [★]

prominence
腹部膨隆




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡
週間・日々の人気記事
最近7日間の人気記事
 タイトル表示
1CATTLE BLEEDING LINE mail25
2CATTLE SKIN DEHIDER mail14
3SHEEP BLEEDING PULLEY mail11
4SHEEP BLEEDING LINE mail10
5CATTLE BLEEDING PAN mail9
6MONOSODIUM GLUTAMAT mail9
7SHEEP BLEEDING PAN mail9
8+spian calcium fluoride manufactures Co. ltd mail6
9chilaicliti+s症候群4
10+Angola mesh white herbal body talcum powder manufactures Co. ltd mail4
11右室梗塞4
12クモ膜嚢胞4
13右PICA後閉塞 s/o4
14裂脳症close4
15虫垂いんかんさいぼうがん4
16ソーセージ様手指とは4
17CATTLE BLEEDING HOOK mail3
18user/password3
19海綿+飼育3
20Squilla mantis a species of mantis shrimp mail3

昨日の人気記事
 タイトル表示
1MONOSODIUM GLUTAMAT mail4
2補正カルシウム+意味2
3人の交接器2
422. AL BAHR AL ARABI MARINE ENGINEERING SERVICES UAE mail2
5マイトジェン2
6膜内骨化+軟骨内骨化+違い2
7Youngmi mail2
8プトロピウム2
9有痛性けいれん2
10高リン血症 アシドーシス1
11血行動態性肺水腫1
12チフス 好酸球1
13頸椎骨軟骨症1
14呼吸筋疲労1
15永山斑1
16乳頭上膜とは+眼1
17乳頭上膜とは1
18迷走神経+徐脈1
19筋ジストロフィー+仮性肥大1
20高Na血症 低張尿1