腹診

出典: meddic

Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2016/06/11 05:28:38」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 臨床に活かす古典(No.26)腹診
  • 篠原 孝市
  • 医道の日本 = The Japanese journal of acupuncture & manual therapies 73(6), 175-177, 2014-06
  • NAID 40020114124
  • 漢方対談 山田光胤先生から腹診の教えを受けて
  • 石川 友章,高木 嘉子
  • 漢方療法 18(1), 16-24, 2014-04
  • NAID 40020055218

関連リンク

文化や国情の違いだろうか、中国では腹診の発達は見られなかった。日本でも当初あまり重視しなかったが、江戸時代中期に古方派が台頭するに及んで初めて腹診が注目されるようになった。古方派の祖、吉益東洞は「腹ハ生アルノ本 ...
切診の切は接で現代医学の触診に相当するが、診断するのはあくまで証が主で、現代医学のように各臓器の異常を外側から診察するのとは意味を異にする。 切診には脈診と腹診とが含まれ、いずれも針灸、漢方において最も重要と ...

関連画像

腹診図 002-15%.JPG腹診 | ゆっくり堂 漢方薬と 腹診図.jpg腹診 | ゆっくり堂 漢方薬と



★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡