腹腔鏡手術

出典: meddic

laparoscopic surgery, laparoscopy assisted surgery
腹腔鏡下手術



Wikipedia preview

出典(authority):フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』「2015/10/03 23:29:16」(JST)

wiki ja

[Wiki ja表示]

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 胃原発GIST (gastrointestinal stromal tumor)に対する単孔式腹腔鏡下手術の1例
  • 小川 博臣,吉成 大介,須納瀬 豊,戸塚 統,戸谷 裕之,塚越 浩志,平井 圭太郎,高橋 憲史,宮前 洋平,田中 和美,高橋 研吾,竹吉 泉,Ogawa Hiroomi,Yoshinari Daisuke,Sunose Yutaka,Totsuka Osamu,Toya Hiroyuki,Tsukagoshi Hiroshi,Hirai Keitaro,Takahashi Norifumi,Miyamae Yohei,Tanaka Kazumi,Takahashi Kengo,Takeyoshi Izumi
  • The Kitakanto medical journal 62(2), 169-173, 2012-05-01
  • … 病理結果は胃原発GIST で低リスク群であり, 切除断端は陰性であった.一般的に単孔式腹腔鏡手術は通常の腹腔鏡手術より手技が煩雑になるが, 通常とほとんど同様に手術が施行できた. …
  • NAID 120004079290
  • 腹腔鏡下生検で診断した悪性腹膜中皮腫の1例
  • 新井 正明,落合 亮,増田 淳,宮前 洋平,須納瀬 豊,鈴木 忍,吉竹 泉,Arai Masaaki,Ochiai Ryo,Masuda Jun,Miyamae Yohei,Sunose Yutaka,Suzuki Shinobu,Tekeyoshi Izumi
  • The Kitakanto medical journal 62(1), 65-70, 2012-02-01
  • … られた.腹腔穿刺細胞診では,出血炎症性の背景に中皮細胞が孤立性~集塊状に多数出現していて,中皮由来の細胞集塊と考えられたが,確定診断にはいたらなかった.生検を目的に,内科から外科に転科し,腹腔鏡手術を施行した.腹腔鏡で観察すると,腹腔内には多量の腹水が貯留しており,PET-CTで集積を認めた右側腹部腹壁に白色調のうずら卵大の腫瘤があったが,下行結腸付近にははっきりした腫瘤はなかった.うずら卵 …
  • NAID 120003850425

関連リンク

腹腔とはいわゆる「おなかのなか」であり、胃や腸などの臓器が納まっている空間です。腹腔鏡はおなかの中を観察する「カメラ」で、原理は胃カメラと同じです。腹腔鏡手術は、腹部に5-12mm程の穴を4-5箇所あけて、そこからカメラや専用の ...
腹腔鏡手術とは体内に鏡を入れ、モニターに映し出された術野(手術する部分)の映像を観察しながら、複数の術者が細い筒から鉗子類を入れ共同で手術を行うものです。元々、体にある穴を利用した胃カメラ、気管支鏡、膀胱鏡などは ...
腹腔鏡手術とは 腹腔鏡手術とは? 腹腔鏡とは、お腹の中(腹腔)を直接観察する直径1 程の内視鏡です。おへその下を3 前後切開してお腹を炭酸ガスでふくらませてから腹腔鏡を挿入して腹腔内の様子をテレビモニターに映して観察し ...

関連画像

腹腔鏡手術腹腔鏡手術腹腔鏡手術腹腔鏡手術図5 腹腔鏡手術IMG_0261111.jpg


★リンクテーブル★
国試過去問103C031」「104I042」「104D021
リンク元高炭酸ガス血症」「腹腔鏡下手術
拡張検索単孔式腹腔鏡手術
関連記事手術」「腹腔鏡」「」「鏡手」「腹腔

103C031」

  [★]

  • 次の文を読み、30、31の問いに答えよ。
  • 21歳の女性。下腹部痛を主訴に来院した。
  • 現病歴 : 5日前に発熱を認めた。3日前から下腹部痛と帯下の増加とが出現した。
  • 既往歴 :16歳時に膀胱炎。
  • 家族歴 :母親と兄が尿管結石。
  • 生活歴 :6歳から10歳まで海外で過ごした。
  • 月経歴 :初経13歳。18歳までは周期27日型、持続5日間、中等量、月経痛は認めない。
  • 服薬歴 :避妊を目的に18歳から低用量ピルを服用している。
  • 性交歴 :16歳から不特定多数の男性と性交渉がある。
  • 現 症 :身長155cm、体重48kg。体温36.8℃。呼吸数22/分。脈拍108/分、整。血圧120/70mmHg。心音と呼吸音とに異常を認めない。下腹部正中に圧痛を認める。
  • 血液検査で以下の結果が得られた。
  • 赤沈 46mm/1時間。血液所見:赤血球412万、Hb 12.9 g/dl、Ht 41%、白血球 12,200、血小板 18万。血液生化学所見:尿素窒素 19 mg/dl、クレアチニン 0.8 mg/dl、総ビリルビン 1.1 mg/dl、直接ビリルビン 0.6 mg/dl、AST 73 IU/l、ALT 86 IU/l、LD <LDH>380 IU/l(基準176~353)、ALP 222 IU/l(基準115~359)、Na 137 mEq/l、K 4.5 mEq/l、Cl 107 mEq/l。CRP 6.4 mg/dl。
  • まず行うのはどれか。
  • a. 浣腸
  • b. 腹腔鏡手術
  • c. 抗菌薬投与
  • d. 胃粘膜保護薬投与
  • e. 非ステロイド性抗炎症薬投与
[正答]


※国試ナビ4※ 103C030]←[国試_103]→[103D001

104I042」

  [★]

  • 37歳の5回経産婦。分娩後の大量出血のため搬入された。妊娠37週時に自然破水後陣痛が発来し、自宅近くの診療所で1時間後に体重3,200gの男児を娩出した Apgarスコア 8点(1分)、9点(5分)であった。児娩出直後から中等量の性器出血が始まり、胎盤娩出後プロスタグランディンF2αオキシトシンとが投与されたが出血が持続し外出血の総量が1,500gとなったため、救急車が要請された。脈拍112/分、整。血圧90/46mmHg。血液所見: 赤血球 180万、Hb 5.6g/dl、Ht 17%、白血球 6,000、血小板 6.2万。経腟超音波検査で子宮の形状は正常で内腔に異常を認めないが、Douglas窩に大量の液体貯留像を認める。
  • 対応として適切なのはどれか。3つ選べ。


[正答]


※国試ナビ4※ 104I041]←[国試_104]→[104I043

104D021」

  [★]

  • 65歳の女性。下腹部痛下血とを主訴に来院した。今朝、突然の強い左下腹部痛があり、その後、4回の下血を認めた。体温37.2℃。血圧150/84mmHg。左下腹部に圧痛を認める。筋性防御を認めない。下行結腸の内視鏡写真(別冊No.3)を別に示す。
  • 対応として適切なのはどれか。



[正答]


※国試ナビ4※ 104D020]←[国試_104]→[104D022

高炭酸ガス血症」

  [★]

hypercapnia
高炭酸ガス血症(IMD)、(国)高二酸化炭素症(ICU)、高炭酸ガス症、炭酸ガス血症、高炭酸血症
腹腔鏡手術
[show details]

定義

  • 1. 体内に炭酸ガスが貯留した状態。
  • 2. 代謝性アルカローシスの代償以外の原因によりPaCO2が46mmHgを肥えた状態

医学辞書

  • 動脈血ガスにおける炭酸ガス分圧が45Torrの時

高炭酸ガス血症を決定づけるパラメタ

  • VCO2:増加 → CO2産生量の増加
  • VE:減少 → 低換気
  • Vd/Vt:増加 → 死腔換気増加

病態生理

  • 血中のPaCO2上昇は中枢性化学感受領域を刺激するなどする。これにより血管拡張、交感神経の興奮が起こる。

症状

  • 頭痛、めまい、発汗、錯乱、高血圧
  • ぼーっとする、眠い
  • 血管拡張:皮膚・強膜・結膜の充血
  • 交感神経の反応:高血圧、頻脈、発汗
  • 代謝性脳症
  • 昏睡は正常範囲より30Torr以上高くなったとき(出典不明)。脳内pCO2が70Torrを超えると炭酸ガス麻酔効果出現、200Torrで完全に麻酔状態。



腹腔鏡下手術」

  [★]

laparoscopic surgery
腹腔鏡検査腹腔鏡手術



単孔式腹腔鏡手術」

  [★] 単孔式腹腔鏡下手術


手術」

  [★]

operationsurgeryoperate
機能外科外科学作動操作オペ外科術運用操縦外科手術施行


脳外科


心臓外科

  • ロス手術 Ross手術:小児、若年者の大動脈弁疾患。肺動脈弁で大動脈弁を置換する。


  • ブラロック・タウシグ手術 Blalock-Taussig手術:肺動脈弁閉鎖症など肺動脈流が少なくチアノーゼをきたす疾患において施行される。鎖骨下動脈と肺動脈を吻合して肺動脈血流を確保する手術。動脈血酸素飽和度の改善が期待できる。

消化器

食道


直腸

  • 直腸癌
  • 直腸切断術

耳鼻科

  • 蝶形骨洞鼻内手術

婦人科

子宮奇形

産科

  • 頚管縫縮術:頚管無力症に対して


腹腔鏡」

  [★]

laparoscope
ラパロスコープ

概念

  • 腹腔内に挿入して腹腔内臓器を観察するための内視鏡を指して言う。腹腔鏡下での臓器の直視的診断のみならず、腹腔鏡下での手術も行われる。

腹部外科

  • 胆嚢摘出術

産婦人科

  • 子宮内膜症の確定診断
  • 不妊症に対する診断的腹腔鏡:

泌尿器科

術」

  [★]

surgery
外科外科学手術外科術外科手術


鏡手」

  [★]

mirror hand
尺側重複肢症 ulnar dimelia
重複肢症



腹腔」

  [★]

abdominal cavity (Z)
cavum abdominis
腹膜腔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡