腹腔内遊離ガス

出典: meddic

intraperitoneal freeair
腹腔内ガス


  • (SRA.383)消化管外の腹部の遊離ガスは
(1) 消化管の穿孔
(2) ガス発生菌による炎症
(3) 縦隔気腫のガスが、後腹膜腔へ下がってきて、さらに腹腔内へ穿孔して入った場合


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 腹腔内遊離ガスを伴う非穿孔性腹膜炎を呈した気腫性膀胱炎の1例
  • 竹林 克士,河合 泰博,田儀 知之,松村 雅方,清水 謙司,佐藤 眞杉
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 72(3), 782-785, 2011-03-25
  • NAID 10028122282
  • P1-7-6 気腹法による腹腔鏡手術後の腹腔内遊離ガスについての検討(Group7 女性医学・感染症・他,一般演題,第63回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 神尊 貴裕,中澤 明里,中村 泰昭,落合 尚美,中川 圭介,矢部 慎一郎,五十嵐 敏雄,梁 善光
  • 日本産科婦人科學會雜誌 63(2), 483, 2011-02-01
  • NAID 110008508875
  • 症例 腸管嚢胞様気腫症を合併した全身性強皮症の1例
  • 土松 純子,山中 新也,神谷 秀喜 [他]
  • 皮膚科の臨床 53(5), 739-742, 2011-05
  • NAID 40018827747

関連リンク

腸管嚢胞様気腫はまれな疾患であるが,腹腔内遊離ガス像を呈し緊急手術の対象となる ことがある。 われわれは_L部消化管穿孔の ... 科受診し,腹 部膨満と腹部 X線 上腹腔 内遊離ガス像を認め,消 化管穿孔の診断で手術となった。手術. 時,腹腔内遊離ガスと ...
緒. 言. 気腫性膀胱炎は比較的稀な疾患であるが,そのほと. んどは保存的に軽快する 疾患である .しかし,膀胱穿. 孔や敗血症を発症し,重篤な転帰をたどる症例も報告. されている .今回われわれは,腹腔内遊離ガスを伴. う非穿孔性腹膜炎を呈し,稀な 病態・ ...

関連画像

74-3 ) 50 歳代、男性。急性腹症Portalvenousgas好酸球-----50.5 %画像の説明Necperforatecone図1 PEG後の気腹症例


★リンクテーブル★
関連記事遊離」「腔内」「腹腔内」「腹腔

遊離」

  [★]

releaseliberationreleaseliberatedisengagefree
解放、自由取り除く放出無料遊離型離脱含まない自由にするフリーリリース


腔内」

  [★]

intraluminalendoluminalintracavitaryintraluminally


腹腔内」

  [★]

intraperitonealintraabdominalintraperitoneallyi.p.

腹腔」

  [★]

abdominal cavity (Z)
cavum abdominis
腹膜腔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡