腹腔内液体貯留

出典: meddic

腹水

直接徴候

間接徴候

  • 1. びまん性腹部X線透過性低下
  • 2. 立位骨盤部X線透過性低下
  • 3. 腸係蹄の分離、浮遊像
  • 4. 肝角徴候、脾角徴候



UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 遅発性に発症した外傷性脾破裂に対しtranscatheter arterial embolizationを施行し良好な経過を得た2例
  • 松井 琢哉,北上 英彦,渡部 かをり,藤幡 士郎,中村 謙一,渡邊 貴洋,安田 顕,山本 稔,田中 守嗣
  • 日本消化器外科学会雑誌 48(8), 715-722, 2015
  • … 歳の女性で,左季肋部を蹴られ当院を受診した.CTでIIIb型脾損傷を認め,transcatheter arterial embolization(以下,TAEと略記)を施行し入院となった.入院6日目に突然腹痛が出現し,再検したCTで脾臓の腫大と腹腔内液体貯留の増加を認め,遅発性脾破裂と診断した.脾動脈造影で仮性動脈瘤を認め,コイルによる選択的TAEを施行した.その後の経過に問題はなく,入院21日目に退院となった.症例2は34歳の男性で,自転車で …
  • NAID 130005094155
  • 抗凝固療法中に急激な凝固能低下をきたし小腸壁内血腫を発症した1例
  • 山田 秀久
  • 日本腹部救急医学会雑誌 = Journal of abdominal emergency medicine 33(4), 767-771, 2013-05-31
  • … 腹部CTでは小腸壁と腸間膜の肥厚,腹腔内液体貯留を認め,急激な凝固能低下によって発症した小腸壁内および腸間膜内血腫と診断した。 …
  • NAID 10031177776
  • 3本の脳室腹腔シャントによる成人腹腔内合併症の1例
  • 古元 克好,小島 秀信,森 友彦,伊東 大輔,小切 匡史
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 74(5), 1178-1182, 2013-05-25
  • … 留置された.10カ月後排尿時に右下腹部痛を自覚,腹部CTでシャントチューブの先端が回盲部に位置し,周囲に膿瘍を疑われた.保存的加療を行い軽快したが,約6週間後水頭症症状と他のチューブ周囲の腹腔内液体貯留のため開腹手術を依頼された.仮性嚢胞を解放しチューブの位置変更を行ったが嚢胞が再燃,再度位置変更を行っても再燃したため,脳室外ドレナージを経て脳室心房シャントに至った.複数のシャン …
  • NAID 10031177917

関連リンク

腹腔内の液体貯留の鑑別診断・腹腔内への体液が貯留し、正常ならば吸収されるが、不均衡が生じて腹腔内に貯留する液体を腹水という。・性状により漏出性、滲出性に分類される。漏出性腹水・肝硬変・ネフローゼ・心不全・収縮性 ...
遊離した腹水あるいは血液などは腹腔内で骨盤腔,傍結腸溝,右側の横隔膜下腔などに貯留する傾向がある.腹腔内臓器の後腹膜への付着部位すなわち腹膜の折れ返り(peritoneal reflection)の概略は図1のごとくであり,背臥位では ...

関連画像

下写真にあるようにかなり腹囲 ペットの「がん」 ―レオ 腹腔内に溜まっているものが  腹腔内に非生理的に貯留した 腹腔内の液体貯留の所見が病勢腹水症と診断はできましたが


★リンクテーブル★
先読み腹水
リンク元側腹線条徴候」「肝側縁徴候
関連記事貯留」「液体」「腔内」「腹腔内」「腹腔

腹水」

  [★]

ascites, abdominal dropsy, hydroperitonia
腹腔内貯留液 intraperitoneal fluid
波動


概念

  • 腹腔内液体貯留

分類

  滲出性 漏出性
外観 混濁 清明
蛋白質濃度(g/dl) >4.0 >2.5
Rivalta反応
比重 >1.018 <1.015 
疾患 癌性腹膜炎 肝硬変
化膿性腹膜炎 心疾患
結核性腹膜炎 ネフローゼ
  Budd-Chiari症候群
血清蛋白質濃度は6.5-8.0g/dLが正常範囲

腹水の性状

比重、蛋白濃度による分類

  • 漏出性腹水
  • 滲出性腹水

病因

  • 1. 門脈圧・静脈圧亢進
  • 2. 膠質浸透圧の低下
  • 3. リンパ液のうっ滞
  • 4. 血管透過性の亢進

病態生理

肝硬変における腹水 HIM.1978

  • 肝硬変→門脈高血圧→内臓の血管拡張→
  • 1. →内臓の血管内圧の上昇→腹水
  • 2. →動脈血の減少→血管収縮機構と抗ナトリウム利尿機構の亢進→ナトリウム保持→血漿量の増加→腹水

貯留しやすい部位(QB.Q-205)

検査

  • 500ml以上の貯留があれば、腹部超音波検査、腹部CT、腹部MRIで検出できる。

腹部単純X線写真

治療

HIM.1978

  • 軽度の腹水:食事療法でナトリウム制限を行う。
  • 中等度の腹水:利尿薬で治療を行う。スピロノラクトン、さらに必要があればフロセミドを重ねる。
  • refractory ascites:利尿薬と食事療法でコントロールできない腹水。この場合、LPV(large volume paracentesis)やTIPS(transjugular intrahepatic portosystemic shunt)を考慮する。



側腹線条徴候」

  [★]

flank stripe sign
腹水腹腔内液体貯留側腹線条


参考

  • 1. adbominal XP
[display]http://www.mypacs.net/repos/mpv3_repo/viz/full/0/6/789/7099531.jpg
  • 2. abdominal XP
[display]http://www.ceessentials.net/images/critiqueChest/image0095.jpg


肝側縁徴候」

  [★]

  • 腹腔内液体貯留の徴候
  • 肝右側部と腹膜の間に腹水がたまり、その隙間が大きく写る。

貯留」

  [★]

accumulationretentionpoolingaccumulate
維持蓄積貯蔵保持率保定保持集積累積

液体」

  [★]

liquidfluidliquid
液状体液流体流動性

腔内」

  [★]

intraluminalendoluminalintracavitaryintraluminally


腹腔内」

  [★]

intraperitonealintraabdominalintraperitoneallyi.p.


腹腔」

  [★]

abdominal cavity (Z)
cavum abdominis
腹膜腔




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡