腸骨稜

出典: meddic

iliac crest
crista iliaca
腸骨ヤコビー線





UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 20歳代女性のローライズウエストベルト位置と下半身体型特徴との関係
  • 金 紅淑,丸田 直美,廣川 妙子
  • 繊維製品消費科学 51(12), 922-929, 2010-12
  • NAID 40017440337
  • 症例報告 手術的に治療した腸骨稜裂離骨折の1例
  • 宇都宮 啓,岡村 良久
  • 臨床整形外科 45(1), 87-91, 2010-01
  • NAID 40016965206

関連リンク

[編集] 血液との関係. 腸骨には人体でもっとも大量の骨髄が存在し、成人では血液の およそ半分は腸骨で作られる。骨髄を採取する場合は腸骨稜の後側、上後腸骨棘を 中心とした場所から採取する。
皮下に触知できる骨隆起部 前方 → 上前腸骨棘、腸骨稜、恥骨結合 側方 → 大腿骨大 転子 後方 → 上後腸骨棘、尾骨、坐骨結節. 2.股関節を囲む軟部組織 鼡径靭帯、長内 転筋、縫工筋に囲まれた部位をスカルパ三角といい、この中に大腿骨頭が存在します ...

関連画像

1.腸骨稜周辺を指圧し身体の 腸骨 稜 ちょうこつりょう 英 腸骨 稜 の チェック腸骨 稜 の 上縁 で 背 側 投影 腸骨 稜 より 下 から 殿 溝  第 5 腰椎 の 肋骨 突起 腸骨 稜


★リンクテーブル★
リンク元下肢の筋」「大腿筋膜張筋」「腹横筋」「上前腸骨棘」「ヤコビー線
拡張検索腸骨稜徴候
関連記事腸骨

下肢の筋」

  [★]

下肢の筋

関節で分類

下肢の筋の起始停止

下肢の筋

肉単P 筋名   起始 停止 支配神経 機能
R-2 大腰筋   T12(椎体)、L1-L5(椎体横突起) 大腿骨(小転子) 腰神経叢 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-4 小腰筋   T12、L1(椎体椎間円板) 腸恥隆起 腰神経叢 脊柱屈曲の補助
R-3 腸骨筋   腸骨(腸骨窩) 大腿骨(小転子) 腰神経叢大腿神経 股関節屈曲(わずかに外旋)、脊柱屈曲
R-7 大殿筋   腸骨(後殿筋線)、仙骨尾骨(後面)、仙結節靭帯 大腿筋膜(腸脛靭帯)、大腿骨(殿筋粗面) 下殿神経 股関節伸展(特に屈曲位からの伸展)、外旋
R-8 中殿筋   腸骨(前殿筋線後殿筋線の間) 大腿骨(大転子外側面) 上殿神経 股関節外転内旋
R-9 小殿筋   腸骨(前・後殿筋線下殿筋線の間) 大腿骨(大転子) 上殿神経 股関節外転内旋
R-6 大腿筋膜張筋   腸骨(上前腸骨棘腸骨稜脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して) 上殿神経 大腿筋膜の緊張、大腿屈曲外転内旋
R-10 梨状筋   仙骨(前面)、腸骨(大坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 坐骨神経層(K) 股関節外旋
R-16 上双子筋   坐骨(坐骨棘小坐骨切痕) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-17 下双子筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(大転子) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-19 大腿方形筋   坐骨(坐骨結節) 大腿骨(転子間稜) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-15 内閉鎖筋   坐骨恥骨(閉鎖孔縁)、閉鎖膜(内面) 大腿骨(大転子転子窩) 仙骨神経叢 股関節外旋
R-14 外閉鎖筋   恥骨(閉鎖孔下部)、閉鎖膜(外面) 大腿骨(転子窩) 閉鎖神経 股関節外旋内転(弱)
S-1 長内転筋   恥骨結合および恥骨(恥骨稜) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-2 短内転筋   恥骨(恥骨結合恥骨結合の間) 大腿骨(粗線内側唇) 閉鎖神経 股関節内転
S-3 大内転筋   坐骨(坐骨結節)、恥骨(恥骨下枝) 大腿骨(粗線内転筋結節) 閉鎖神経脛骨神経 股関節内転伸展
S-6 恥骨筋   恥骨(恥骨櫛) 大腿骨(恥骨筋線) 閉鎖神経大腿神経 股関節内転屈曲の補助
S-7 薄筋   恥骨(恥骨結合外側縁) 脛骨(上部の内側面) 閉鎖神経 股関節内転膝関節屈曲、下肢の内旋
S-9 大腿直筋   腸骨(下前腸骨棘寛骨臼の上縁) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展股関節屈曲
S-11 中間広筋   大腿骨(上部3/4) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-12 外側広筋   大腿骨(大転子粗線外側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-13 内側広筋   大腿骨(粗線内側唇) 脛骨(脛骨粗面) 大腿神経 膝関節伸展
S-14 縫工筋   腸骨(上前腸骨棘) 脛骨(上部の内側面) 大腿神経 股関節屈曲外旋外転膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 短頭 大腿骨(粗線外側唇) 脛骨(腓骨頭) 腓骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-2 大腿二頭筋 長頭 坐骨(坐骨結節) 脛骨(腓骨頭) 脛骨神経 股関節伸展外旋膝関節屈曲
T-3 半膜様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(内側顆)、大腿骨(外側顆) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
T-4 半腱様筋   坐骨(坐骨結節) 脛骨(上部の内側面) 脛骨神経 股関節伸展内旋膝関節屈曲内旋
U-2 腓腹筋 外側頭 外側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-2 腓腹筋 内側頭 内側顆 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈膝関節屈曲
U-3 ヒラメ筋   脛骨(ヒラメ筋線)、腓骨(頭、骨幹上部) 踵骨(踵骨突起) 脛骨神経 足関節底屈
U-5 足底筋   大腿骨(外側顆の上部) アキレス腱内側縁 脛骨神経 足関節底屈
U-6 膝窩筋   大腿骨(外側顆) 脛骨(上部の後面) 脛骨神経 膝関節屈曲下の下床を形成する
V-7 後脛骨筋   脛骨(後面)、腓骨(後面) 舟状骨、3個の楔状骨立方骨、第2-4中足骨 脛骨神経 足関節内反底屈
V-1 前脛骨筋   脛骨(外側面)、骨間膜 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節の背屈内反足底のアーチ維持
V-2 長腓骨筋   腓骨(上部の外側面・腓骨頭)、脛骨(外側顆) 内側楔状骨、第1中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-3 短腓骨筋   腓骨(下部の外側面) 第5中足骨(基底部) 浅腓骨神経 足関節外反底屈
V-4 第三腓骨筋   腓骨下部の前面) 第5中足骨(基底部) 深腓骨神経 足関節外反背屈


大腿筋膜張筋」

  [★]

tensor fasciae latae muscle (N,KA,KH)
tensor fasciae latae (K,KL)
tensor of fascia lata (M)
股関節の筋>股関節の運動に関与する筋、下肢の筋大殿筋中殿筋小殿筋
tensor fascia latae muscles

-臀部の外側部

  • 大腿筋膜に包まれている

起始

停止

  • 脛骨(外側)(腸脛靭帯を介して)

神経

機能

  • 大腿筋膜の緊張、大腿の屈曲・外転・内旋
  • 大腿の屈筋であり、腸腰筋と一緒に作用
    • 股関節の屈筋群は大腿後面に終止しているので、股関節で外旋してしまう。そこで、大腿筋膜張筋が働くことでこの外旋を防ぐ。
  • 大腿筋膜張筋は大腿筋膜腸脛靭帯を緊張させ、立位で大腿骨を脛骨の上に支持するのを助ける

カテゴリ

下肢帯の筋>:下肢帯の筋

tensor muscle of fascialata
tensor fascia latae muscles


腹横筋」

  [★]

transversus adbominis (K), transversus adbominis muscle (N), transvere adbominal (KL)
musculus transversus abdominis
外腹斜筋, 内腹斜筋

起始

停止

神経

機能

  • 腹腔内圧を高める

カテゴリ

上前腸骨棘」

  [★]

anterior superior iliac spine ASIS
spina iliaca anterior superior
腸骨棘、spina malleolar distance


  • 腸骨稜の前端にある突起

筋の付着

靭帯の付着



Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.
Henry Gray (1825-1861). Anatomy of the Human Body. 1918.


ヤコビー線」

  [★]

Jacoby line (KH)
Jacoby線、ヤコビ線

概念

  • 左右の腸骨稜の最高点を結ぶ線
  • L4の棘突起の位置に相当することが多い (KH.87)

参考

  • シェーマ
[display]http://www.nikinin.com/mem/3904/niki/484578333234a.jpg
[display]http://harikyu-massage.com/yakobi.gif


腸骨稜徴候」

  [★]

  • 水が溜まった重みで腸骨稜付近の腹膜が下がって見える


腸骨」

  [★]

iliac bone
os ilium
寛骨







★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡