腸管外アメーバ症

出典: meddic

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

アメーバ症は,赤痢アメーバ による感染症である。一般的には無症候性であるが,軽度の下痢から重度の赤痢まで生じうる。腸外感染症には肝膿瘍などがある。診断は糞便検体中の 赤痢アメーバ の同定または血清学的検査による。
(1) 定義 赤痢アメーバ(Entamoeba histolytica)の感染に起因する疾患で、消化器症状を主症状とするが、それ以外の臓器にも病変を形成する。 (2) 臨床的特徴 病型は腸管アメーバ症と腸管外アメーバ症に大別される。

関連画像

IASR 28-4 赤痢アメーバ,肝膿瘍,HIV 腸管アメーバ症治療薬 ファイザーが腸管アメーバ症  アメーバ症と腸管外アメーバ症


★リンクテーブル★
関連記事腸管」「」「アメーバ症」「アメーバ」「

腸管」

  [★]

intestinal tractenteric canalintestinalenteric
消化器系腸管内腸内


外」

  [★]

externalexternallyextraexo
エキソエクソ外側外部余分


アメーバ症」

  [★]

amebiasisamoebiasisentamebiasis
アメーバ腫アメーバ性膿瘍



アメーバ」

  [★]

amebaamebae、(古)amoeba、(古)amoebae
アメーバ目


症」

  [★]

sis, pathy
  • 検査や徴候に加えて症状が出ている状態




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡