腸偽閉塞

出典: meddic

intestinal pseudo-obstructionintestinal pseudoobstruction
麻痺性イレウス腸管仮性閉塞症偽性腸閉塞特発性偽性腸閉塞症腹部ミオパチー偽性結腸閉塞

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • 急性大腸偽閉塞症の1例
  • 下地 克正,平良 勝己,平安 恒男 [他]
  • 消化器内科 53(2), 232-234, 2011-08-00
  • NAID 40018988942
  • 緊急減圧術を施行した急性結腸偽閉塞症(Ogilvie 症候群)の1例
  • 小川 久貴,池永 雅一,安井 昌義,宮崎 道彦,三嶋 秀行,中森 正二,辻仲 利政
  • 日本大腸肛門病学会雑誌 62(3), 190-193, 2009-03-01
  • 症例は55歳男性.5日前からの腹部膨満,腹痛を主訴として近医を受診した.腹部単純X線検査にて回盲部が内径約7cmと拡張し,右結腸から横行結腸,脾彎曲部にかけて著明な拡張が認められた.腹膜刺激症状をともなっていたため急性腹症の診断で,当院を紹介受診した.大腸癌による器質的腸閉塞との診断で入院当日に緊急手術を施行した.術中所見では腸管穿孔を認めず,また明らかな閉塞機転はなかったが,右側結腸の著明な拡張 …
  • NAID 10024925333
  • 緊急手術を行った急性大腸偽閉塞症の1例
  • 吉田 直,間遠 一成,間崎 武郎,石井 敬基,増田 英樹,高山 忠利
  • 日本臨床外科学会雑誌 = The journal of the Japan Surgical Association 70(2), 450-454, 2009-02-25
  • NAID 10024955193

関連リンク

急性に起こるものと慢性的に起こるものがあり、それぞれ急性結腸偽性閉塞症(ACSO)、慢性腸管偽閉塞症(CIPO)と分類され、両者は個別の疾患概念として考えられている。前者はOgilvie症候群に該当する。 (腸管偽閉塞症の分類) ...
第118回学術集会(平成21年11月7日(土),8日(日)) 【一般演題】 胎児異常1 胎児期に巨大膀胱を認めた慢性腸偽閉塞症候群(CIPO)の一例 西村 俊夫, 竹中 俊文, 高木 剛 群馬県立小児医療センター産婦人科

関連画像


押しても画像が表示されない場合はサーバが混雑しています。2週間ほどあけて、再度押下してください。


★リンクテーブル★
先読み麻痺性イレウス」「偽性結腸閉塞
リンク元特発性偽性腸閉塞症」「intestinal pseudoobstruction」「腹部ミオパチー」「偽性腸閉塞」「腸管仮性閉塞症
拡張検索結腸偽閉塞
関連記事閉塞

麻痺性イレウス」

  [★]

paralytic ileus adynamic ileus
腸麻痺 enteroplegia


病因

  • 急性腹膜炎が最多
  • 脊髄損傷、脊椎・骨盤骨折、後腹膜出血、開腹術後(2-3日までは生理的)、電解質異常、薬物、肺炎、尿毒症、全身感染症など
  • 汎発性化膿性腹膜炎、子宮外妊娠、腹腔内出血、術後腸麻痺、糖尿病性神経障害、腸間膜血管閉塞によるイレウス(YN.A-07)

症状

  • 腹部膨満、嘔吐、腹痛、鼓腸など

検査

腹部単純X線写真

  • 小腸・大腸全体にガス像を認める。

治療


偽性結腸閉塞」

  [★]

colonic pseudo-obstruction
結腸偽性閉塞症結腸偽閉塞


特発性偽性腸閉塞症」

  [★]

idiopathic intestinal pseudo-obstruction
麻痺性イレウス腸偽閉塞特発性偽性腸閉塞腹部ミオパチー


intestinal pseudoobstruction」

  [★]

  • (閉塞病変がないのに腸閉塞症状と似た所見を示す症候群)腸偽閉塞腸管仮性閉塞症


腹部ミオパチー」

  [★]

visceral myopathy
麻痺性イレウス腸偽閉塞特発性偽性腸閉塞症


偽性腸閉塞」

  [★]

intestinal pseudo-obstruction
腸偽閉塞


腸管仮性閉塞症」

  [★]

intestinal pseudoobstruction
腸偽閉塞


結腸偽閉塞」

  [★]

colonic pseudo-obstruction
結腸偽性閉塞症偽性結腸閉塞

閉塞」

  [★]

occlusion
促通
  • 詰まること、詰まっていること
  • (神経)2種の異なる興奮性のシナプス前性のニューロン群が1つのニューロン群へ収束と発散によりシナプス結合する回路において、2種のシナプス前線維群内の同期して興奮するニューロンの数が多い場合には、興奮するシナプス後ニューロンの数は、個々のシナプス前線維群だけの活動による場合の和よりも少なくなる。





★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡