腰仙部挫傷

出典: meddic

lumbosacral strain
急性腰痛症 acute low back pain腰仙部捻挫 lumbosacral sprain
ぎっくり腰


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

関連リンク

代表的なのは、ぎっくり腰と呼ばれる腰仙部挫傷(ようせんぶざしょう)、椎間板の一部が神経を圧迫して起こす椎間板ヘルニアです。他にも、過度な運動が原因となる脊椎分離症や、骨の変性などが原因となるすべり症、腰部変形性 ...
挫傷と捻挫 足首の捻挫 水疱(まめ) 鍼・灸 歯が抜けたとき、どうする? ... 腰仙関節捻挫には、第5腰神経への刺激によっておこる腰部の広範囲にわたる鈍痛が伴います。そのほか、スパズム(筋痙攣)、腰仙接合部での圧痛、体幹 ...
腰痛:腰仙・仙腸関節捻挫 トレーナーって何? 国際武道大学編1 国際武道大学編2 中京大学編 かさぶたを作らない新しい常識。傷の治癒を促進するモイストヒーリング用のパッドです ...

関連画像

冷やす温めるイメージ画像高橋成夫氏


★リンクテーブル★
先読みacute low back pain
リンク元急性腰痛症」「ぎっくり腰」「腰仙部捻挫
関連記事挫傷」「腰仙部」「」「腰仙

acute low back pain」

  [★]

急性腰痛症」

  [★]

acute low back pain
腰痛急性腰痛腰仙部挫傷

治療

参考1より抜粋改変
  • 生活指導:安静臥床は有効ではなく、段階的な日常活動への復帰が回復を促進する
  • 肢痛の有無に関わらず、急性または再発性腰痛に対して、2-7日の安静臥床は、プラセボあるいは通常活動よりも悪化させる。安静臥床は、代替治療よりも有効ではない。
  • 長期安静臥床は、衰弱、腰痛の慢性化、リハビリの支障につながることがある。
  • 通常の活動を継続するようにという助言は、従来の通常活動は痛みによって判断するという助言よりも、症状回復を早くすることができ、慢性化は少なく、休業期間は短くなる。
  • 短期間(数日または数週間)の段階的再活動化と腰痛の行動的管理を組み合わせると、痛みの程度と機能障害の回復速度にはほとんど差がないが、慢性化は少なく、休業期間は短くなる。
  • 薬物療法
  • 疼痛の除去:パラセタモール、パラセタモール・弱オピオイド化合物、NSAID
  • その他の治療
  • マッサージや超音波は、治療効果がない
  • 牽引は効果がない

参考

  • 1. 厚生科学研究班編/医療・GL(01年)/ガイドライン 第1章 急性腰痛の診療 研究1:欧米のガイドラインからみた急性腰痛の診療 急性腰痛の治療
[display]http://minds.jcqhc.or.jp/stc/0021/1/0021_G0000052_0015.html


ぎっくり腰」

  [★]

lumbosacral strain
腰仙部挫傷


腰仙部捻挫」

  [★]

lumbosacral sprain
腰仙部挫傷


挫傷」

  [★]

contusion, bruise
contusio
打撲傷打撲


腰仙部」

  [★]

lumbosacral regionlumbosacral
腰仙腰部


傷」

  [★]

wound
創傷傷つける



腰仙」

  [★]

lumbosacral
腰仙部




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡