腫瘍浸潤リンパ球

出典: meddic

tumor-infiltrating lymphocyte


UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • P1-169 子宮頸癌における腫瘍浸潤リンパ球と免疫抑制および予後との検討(Group21 子宮頸部悪性腫瘍2,一般演題,第62回日本産科婦人科学会学術講演会)
  • 河野 光一郎,竹本 周二,駒井 幹,藤吉 啓造,牛嶋 公生,嘉村 敏治
  • 日本産科婦人科學會雜誌 62(2), 405, 2010-02-01
  • NAID 110007685517
  • HP-089-8 宿主免疫応答から見た胃癌腫瘍浸潤リンパ球の評価と臨床的意義(胃(基礎研究2),ハイブリッドポスター,第109回日本外科学会定期学術集会)
  • 石神 純也,中条 哲浩,上之園 芳一,有上 貴明,内門 泰斗,瀬戸山 徹郎,有馬 豪男,佐々木 健,奥村 浩,帆北 修一,夏越 祥次
  • 日本外科学会雑誌 110(臨時増刊号_2), 547, 2009-02-25
  • NAID 110007165797

関連リンク

胸水、腹水、腫瘍存在臓器の所属リンパ節、手術摘出材料からはより腫瘍に特異的な 活性化リンパ球が取り出される可能性があります。手術摘出材料から分離されたリンパ 球は腫瘍浸潤リンパ球(tumor infiltrating lymphocyte; TIL)とも呼ばれ、このリンパ球を ...

関連画像

ジャーミノーマ(胚腫)の病理 後(右)、腫瘍内浸潤リンパ球 Follicular dendritic cell sarcoma--Cases 概要 上段 腫瘍 浸潤 リンパ球 ジャーミノーマの病理 pathology 左がHE染色,右が PLAP 染色での


★リンクテーブル★
リンク元tumor-infiltrating lymphocyte
関連記事リンパ球」「腫瘍」「リン」「浸潤」「

tumor-infiltrating lymphocyte」

  [★]

腫瘍浸潤リンパ球


リンパ球」

  [★]

lymphocyte (Z)
リンパ細胞免疫細胞 immunocytes


  • 白血球の一種で、無顆粒球に分類される。
  • 末梢血に白血球が4000-9000 /μl存在するとすれば、リンパ球の存在比は26-46.6 %といわれているので、リンパ球は1040-4194 /μl存在。(IMD)

種類

細胞膜上に発現しているリガンド? (2007前期生理学授業プリント)

    αβTCR TCR Ig CD3 CD4 CD8 CD16 CD56
T細胞 ○             
 Tc細胞          
 Th細胞          
B細胞               
NK細胞            

成長とリンパ球・好中球数(PED.703)

  • リンパ球数は生後1ヶ月以降に増加して6ヶ月~1年でピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • これに対して好中球は生下時にピークとなり、以降減少して成人と同程度となる。
  • 生後一ヶ月までは好中球優位であり、1ヶ月~2-6歳まではリンパ球優位となり、以降好中球優位となる。



腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

リン」

  [★]

phosphorus P
serum phosphorus level

分子量

  • 30.973762 u (wikipedia)

基準値

血清中のリンおよびリン化合物(リン酸イオンなどとして存在)を無機リン(P)として定量した値。
  • (serum)phosphorus, inorganic 2.5–4.3 mg/dL(HIM.Appendix)
  • 2.5-4.5 mg/dL (QB)

尿細管での分泌・再吸収

近位尿細管 70%
遠位尿細管 20%
排泄:10%

尿細管における再吸収の調節要素

臨床関連

参考

  • 1. wikiepdia
[display]http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AA%E3%83%B3






浸潤」

  [★]

invasioninfiltrationinvadeinfiltrateinvasivepermeation
観血観血式観血的侵襲侵襲性浸潤性侵入侵入型侵襲的



球」

  [★]

bulbus (KH)
bulbus cerebri
延髄


  • 延髄はその膨らんだ感じから「球」とも呼ばれる




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡