腫瘍塞栓

出典: meddic

tumor embolism, tumor embolus
腫瘍細胞塞栓 tumor cell embolus

UpToDate Contents

全文を閲覧するには購読必要です。 To read the full text you will need to subscribe.

和文文献

  • sorafenibの立場から (診療controversy : medical decision makingのために 門脈腫瘍塞栓のある肝細胞癌の治療)
  • 金井 文彦,小笠原 定久,大岡 美彦 [他]
  • 内科 110(2), 311-315, 2012-08
  • NAID 40019390956
  • 動注化学療法の立場から (診療controversy : medical decision makingのために 門脈腫瘍塞栓のある肝細胞癌の治療)
  • 小尾 俊太郎,佐藤 新平
  • 内科 110(2), 307-311, 2012-08
  • NAID 40019390952

関連リンク

アテローマ塞栓症: 動脈硬化病巣の破片(アテローマなど)が原因となる。頸動脈や脳 動脈でしばしばみられる。 腫瘍塞栓症: がん細胞が血管内へ侵入し、血管破壊をして、 多くは静脈系で塞栓を形成する。 脂肪塞栓症: 多くは骨折により起こる。骨髄の脂肪 組織 ...

関連画像

2013-05-08_215820.jpg 腫瘍塞栓は右房を占拠するまで下大静脈腫瘍塞栓腫瘍の塞栓術と抗腫瘍剤注入術腫瘍の塞栓術と抗腫瘍剤注入術門脈腫瘍塞栓を伴った多発性肝


★リンクテーブル★
国試過去問106B019」「101F035
リンク元急性動脈閉塞症」「循環性腫瘍細胞」「tumor embolism
関連記事腫瘍」「」「塞栓

106B019」

  [★]


[正答]


※国試ナビ4※ 106B018]←[国試_106]→[106B020

101F035」

  [★]

  • a. 破裂した腫瘍
  • b. 径8cm大の腫瘍
  • c. 両葉に存在する腫瘍
  • d. 肝表面に突出する腫瘍
  • e. 門脈本幹が腫瘍塞栓で閉塞した腫瘍
[正答]


※国試ナビ4※ 101F034]←[国試_101]→[101F036

急性動脈閉塞症」

  [★]

acute arterial occlusion
急性動脈閉塞
動脈閉塞症

病因

ガイドライン1改変
  塞栓症 血栓症
心原性 心房細動  
不整脈
僧帽弁狭窄症
心筋梗塞後壁在血栓
左室瘤
心筋症
人工弁置換術後
心臓腫瘍左房粘液腫
卵円孔開存
血管性 大動脈瘤 閉塞性動脈硬化症
末梢動脈瘤 バージャー病
shaggy aorta syndrome 大動脈解離
動静脈瘻 膝窩動脈瘤
  グラフト閉塞
血管炎(大動脈炎症候群など、膠原病)
膝窩動脈外膜嚢腫
膝窩動脈捕捉症候群
胸郭出口症候群
外傷
医原性
その他 空気塞栓 多血症
腫瘍塞栓 血小板増多症
カテーテル検査 悪性腫瘍

臨床的分類

  予後 臨書所見 ドプラ聴診器所見  
知覚消失 筋力低下 動脈 静脈
I viable
(下肢循環が維持されている状態)
ただちに下肢生命が脅かされることはない   なし 聞こえる 聞こえる
IIa threatened viability
(下肢生命が脅かされる状態)/marginally(境界型)
早急な治療により救肢が可能 軽度(足趾)/なし なし (しばしば)
聞き取れない
聞き取れる
IIb threatened viability
(下肢生命が脅かされる状態)/immediately(緊急型)
ただちに血行再建することにより救肢が可能 足趾以外にも
安静時痛を伴う
軽度~中等度 聞き取れない 聞き取れる
III irreversible
(不可逆的な状態)
組織大量喪失または、恒久的な神経障害が避けられない 重度
知覚消失
重度
麻痺(筋硬直)
聞き取れない 聞き取れない

治療

ガイドライン1 SSUR.421 YN.C-152
  • 急性動脈閉塞症の診断がつけばすぐに血栓形成の進展、およびこれによる再閉塞を予防するためにヘパリンを投与。
  • 急性下肢虚血の臨床的分類(TASC区分?)I, IIaでは経カテーテル直接血栓溶解療法(catheter directed thrombolysis, CDT)を考慮
  • TASC区分IIbでは外科的血行再建の適応(フォガティカテーテルによる血栓除去など)
  • TASC区分IIIやTASC区分IIb以上で血栓塞栓除去術が奏効しない例において、肢切断が行われる。

合併症

予後

ガイドライン1
  • 動脈閉塞から6時間以内であれば高率に救肢可能であり、血栓塞栓除去術の良い適応。
  • 24時間を経過すると約20%の症例で肢切断を要する。
  • 死亡率は15-20%

ガイドライン

  • 1. 末梢閉塞性動脈疾患の治療ガイドライン
[display]http://www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2010_shigematsu_h.pdf
  • 2. INTER-SOCIETY CONSENSUS FOR THE MANAGEMENT OF PERIPHERAL ARTERIAL DISEASE (TASC II)
http://www.tasc-2-pad.org/upload/SSRubriqueProduit/Fichier2/597.pdf

循環性腫瘍細胞」

  [★]

neoplasm circulating cell
腫瘍塞栓


tumor embolism」

  [★]

腫瘍塞栓

neoplasm circulating cell

腫瘍」

  [★]

tumor
新生物 neoplasm new growth NG


分類(EPT.65)

悪性度

細胞と間質の割合

発生学的由来

  • 上皮性腫瘍
  • 外胚葉性、中胚葉性、内胚葉性
  • 非上皮性腫瘍
  • 間質由来(中胚葉性)

組織学的分類

上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

非上皮性腫瘍

良性腫瘍
悪性腫瘍

臓器別分類

外陰部(女性)

子宮

卵巣

  • 表層上皮性・間質性腫瘍 Surface epithelial-stromal tumors
  • 性索間質性腫瘍 Sex cord/stromal tumors
  • 胚細胞腫瘍 Germ cell tumors

腫瘍と関連する疾患 first aid step1 2006 p.294

栓」

  [★]

plugcockstopper
コックストッパー栓子共栓塞ぐプラグ雄鳥


塞栓」

  [★]

embolus, (pl.)emboli
塞栓症




★コメント★

[メモ入力エリア]
※コメント5000文字まで
ニックネーム:
コメント:




表示
個人用ツール


  meddic.jp

リンク
連絡